【元の職場に戻りたくない...】休職経験からの再就職が20代であれば容易!”休職歴あり”が不利にならない就活方法!

【元の職場に戻りたくない】20代休職歴ありでも不利にならない再就職方法

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後に、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。※これまでに3度の就職&3社の就職支援の利用歴アリ。

メンタルの不調から、休職を余儀なくされた方の場合、休職期間明けに現職場に復帰するのが億劫だと感じているかと思います。「メンタルが悪化したらどうしよう...」、「周りの同僚、先輩からの目が気になる」、「腫れ物扱いされるのでは」といったように、職場復帰に関して、不安を抱えているはずです。

そのため、”元の職場に戻りたくない”という思いから、休職期間中の転職活動を検討している方もいるのではないでしょうか。

ただ、「休職期間中の転職活動は可能なのか」、「休職歴あり=転職に不利になるのでは?」といったように、休職期間中の転職活動に関しても、疑問点があるかと思いますので、今記事では、20代・休職歴ありの転職に関して説明していきます。

スポンサードサーチ

休職期間中の転職活動

休職期間中に転職活動はしてもいい?

休職期間中に転職活動をする場合に気になるのが、「今の職場と揉めないか」という点だと言えます。

ただ、休職期間中の生活を逐一報告させられる事はありませんし、転職活動をした所で、今の職場にバレる事はありません。また、法的にも、休職期間中の転職活動は、許されています。

病気療養のため、休職を許してくれた今の職場を裏切る形にはなりますが、元をたどれば、メンタルの不調の原因を作ったのは、今の職場の激務や人間関係だと思います。

そのため、”元の職場に戻りたくない”という意志があるのであれば、今の職場の事に関して、気に留める必要はありません。

それに加えて、休職期間中に転職先を決める事で、休職期間明けにすぐさま心機一転を図る事が出来るため、元の職場に戻って苦しむ事も無ければ、仕事が見つからずに生活が困窮する事もないので、頭の良い転職方法だと言えます。

 

休職歴あり=転職活動に不利?

休職期間中の転職活動に関しては、何ら問題ありませんが、一般的に”休職歴あり”という方の場合、「採用して大丈夫か」、「採用したとしてもコミュニケーションがとりづらいのでは...」といったように、企業側は、採用に懐疑的な印象を持ってしまいます。

そのため、休職歴あり=転職活動に不利になるのは、否めません。

ただ、転職に不利だからといって、絶対に転職が無理だという事はありません。文部科学省の調査では、休職者の16.9%が退職、転職を選択しているという結果が出ており、年々休職⇒元の職場に戻らずに退職/転職を選択している人は増加傾向にあります。

そのため、面接中に必ず聞かれるであろう、「なぜ休職したのか」、「休職期間明けに元の職場に戻らずに転職をしようと思ったのか」という質問に対して、懐疑的な印象を払拭する受け答えさえできれば、面接を突破⇒転職を果たす事は可能です。

※履歴書に休職期間を記載する必要があるため、必ずと言って良いほど、休職期間について聞かれます。

 

休職期間に関しての、適切な説明方法

しかしながら、「休職期間の説明方法が分からない」、「どう言っても評価が覆る事はないのでは」といったように感じている方もいるかも知れません。

ただ、「現在は回復しており、業務に差し支える事なく働ける」という事を強調して伝える事で、内定獲得率を上げる事が出来ます。

そして、たとえ「元の職場に戻りたくない」という理由で転職活動を始めたとしても、”元の職場への復帰は難しいと感じた”と説明をするのではなく、「心機一転、新しいチャレンジをしたくなった」といったように、あくまで前を向いている姿勢を伝えるのが大切です。そのため、

「現在は回復しており、業務に差し支える事なく働ける」という事を強調する

前向きな姿勢を伝える

休職理由を素直に伝える

 

上記の点を意識して、休職期間を説明する事で、休職歴が不利になる事なく、再就職が可能です。

また、「独りで考えた文章では不安...」という方の場合は、就職支援に相談をするのが吉です。

これまで、数万名以上の求職者を、内定に導いているプロの視点から、面接での受け答えの作成/添削を行ってくれますので、よりスムーズな転職成功が実現出来るかと思います。

 

スポンサードサーチ

休職期間中の転職活動=就職支援が最適

メリットが多い

前述したように、「なぜ休職したのか」、「休職期間明けに元の職場に戻らずに転職をしようと思ったのか」という、必ず聞かれるであろう質問に対する、適切な説明方法をアドバイスしてくれるだけでなく、多くのメリットを感じる事が出来るので、休職期間中の転職に不安を感じている方であれば、迷わず就職支援に相談をするべきです。

中でも、「エージェントNeoの場合、私も再就職の際にお世話になりましたが、自分が想像していた以上にとんとん拍子で再就職が決まった事に加えて、安心して就活が出来たため、相談する価値は大いにあるかと思います。


既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

1ヵ月もあれば、内定が取れる

20代の若手人材を確保したいという企業に絞って、転職活動が出来る+就職支援自体に実績があるため、”エージェントNeoさんの紹介なら、信頼出来る”と、自分の経歴がマイナスであろうとも、採用に前向きな企業と面接が可能なため。

労基法に抵触している企業は徹底除外

求職者が12ヵ月以内に退職をした場合、企業側から手数料を貰えないため、劣悪な職場は除外しているため。また、担当者が、事前に全ての紹介企業に赴いている。

就職支援の中でもサポートが手厚い

就職・転職相談満足度ナンバーワンなだけあり、丁寧にサポートをしてくれます。私自身、総サポート時間は10時間を超えていました。

 

上記のように、休職歴あり・休職期間中の転職であっても、不利になる事はないのです。

また、いつでもアドバイザーの方に相談が出来るため、不安に感じる事なく転職活動を進める事が可能です。

そのため、一人で就活をするよりも精神的不安・負担を感じずに再就職先を見つける事が出来るので、普段よりも”ネガティブに敏感”な時期である休職期間~休職期間明けの方であれば、就職支援を利用しての就活は最適な方法だと思います。

下記公式サイトにて、サポートの詳細および無料相談の申し込みが可能です。

エージェントNeo20代限定の就職支援となっています。

エージェントNeoのサポートの詳細&無料相談申し込みに関して↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【元の職場に戻りたくない...】休職経験からの再就職が20代であれば容易!”休職歴あり”が不利にならない就活方法!
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.