【面接が怖いフリーター必見!】圧迫面接を回避出来るたった一つの就活方法

【面接が怖いフリーター必見!】圧迫面接を回避出来るたった一つの就活方法

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

フリーターから正社員への就職を考えている方の中には、「経歴が悪いし圧迫面接に遭遇するのでは…」、「圧迫面接が怖い」と不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

誰しもが、尋問のような圧迫面接は受けたく無いはずです。人格否定、自尊心を殺されるような発言の雨あられとなるので、今後の人生にも悪影響を及ぼしかねません。

ですので、是が非でも圧迫面接を回避したいのが本音だと思います。確かに、今の時代も圧迫面接を行う企業は存在します。

事実、某就職サイトが調査をしたところ、既卒者の10人中3人が圧迫面接を受けた経験があるという結果が出ています。

とはいえ、就活方法を工夫する事で、”怖い面接”を排除して就活が可能です。

その方法というのが、「既卒フリーター向けの就職支援への相談」です。

今記事では、

・就職支援=圧迫面接回避に最適な理由

 

上記について書いていきます。

「面接が怖い」、「圧迫面接は絶対に避けたい」という方は、一読してみてください。

スポンサードサーチ

◆就職支援=圧迫面接回避に最適な理由

求職者からのクレーム=求人掲載停止になる

就職支援=優良企業の紹介がモットーです。

離職率の高い企業や労働環境の悪い企業を紹介したところで、求職者が早期離職をしてしまい、企業側から”紹介手数料”を貰えないためです。

※紹介手数料=一定期間の就業が支払い条件

そして、圧迫面接を行う企業=総じて何かしらの問題を抱えた企業です。

つまり、そうした企業を紹介したところで、就職支援側は何のメリットもありません。

むしろ、求職者側から「ここは圧迫面接をするような企業を紹介してくる」とネット上に口コミを書かれて、信用を下げる事になります。

そのため、求職者からクレームが上げられた時点で、圧迫面接を行う企業の求人掲載を取りやめます。

つまり、就職支援が保有している求人=圧迫面接を行う企業はないのです。

事前にエージェントが紹介済み

企業側が圧迫面接を行う理由としては、「求職者への不信感」にあります。

求職者が既卒フリーターの場合、”採用する価値があるのか”、”理不尽な社会の中ですぐに逃げたりしないか”という点に疑問を感じます。

そして、そういった点を計るために圧迫面接を行うのです。

ただ、就職支援を介する事で、担当エージェントが事前にあなたの人となりを紹介してくれます。

二人三脚で就活をしてきた期間を見て、担当エージェントが「フリーターをしていた理由」、「アピールポイント」、「御社に合う人材と言える理由」などを企業に説明してくれます。

そのため、その話を聞いた企業側は、「採用する価値がある人材」、「前向きに採用を検討出来る人材」といったように、あなたにポジティブな印象を持って面接に臨みます。

上述の通り、圧迫面接が行われる最たる理由は、求職者への不信感です。

ウチに合う人材なのか、ウチでやっていけるのかを計るために圧迫面接は行われます。

ですが、就職支援を介する事で、その不信感を払拭した状態で面接に臨めるため、圧迫面接に遭遇しないのです。

面接同行のお願いも可

また、就職支援の中には、担当エージェントが面接に同行してくれるところもあります。

そして、面接が怖い…というのであれば、面接同行=もっともニーズに合ったサポートと言えます。

というのも、企業側としては、これまで、そしてこれからもお付き合いしていく就職支援の人間が面接に同席する訳ですので、下手な事は出来ません。

圧迫面接をしようものなら、即座に求人掲載の撤廃となります。

そうすれば、人材採用に大きな影響を及ぼす事となります。

そのため、確実に圧迫面接を回避出来るのです。

そのうえ、受け答えのフォロー、自己PRや志望動機の補足なども行ってくれるので、「面接でうまく自分を伝えられなかった…」という不完全燃焼がありません。

つまり、”良い”面接が実践出来るので、内定も取りやすいのです。

例えば、「エージェントNeo」は、希望した方に面接同行のサポートを行っています。

また、面接対策の内容に関しても、既卒フリーター向けの就職支援の中でNo1という評価を受けています。

ですので、「面接が怖い」、「どういう受け答えをして良いか分からない」、「志望動機や自己PRの”正解”が知りたい」という方は、相談してみる価値があるはずです。

サポートの詳細、内定までの流れは下記公式サイトにて確認出来ます。

一読してみてから、相談をするか判断してみるのが良いかと思います。

◆エージェントNeoの公式サイト↓

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

スポンサードサーチ

■まとめ

冒頭でも書いたように、既卒フリーターからの就活の場合、10人中3人の割合で圧迫面接に遭遇します。

「自分は大丈夫だろう」と感じている方もいる知れませんが、個人で就活をした場合、1〜3社の面接を受けて内定が出る可能性は低いです。

27歳を超えたフリーターの場合、確実に10社前後は面接を受けなくては内定獲得出来ません。

当然、面接を受ける数が増えれば、圧迫面接に遭遇する確率も上がります。

そのため、確実に圧迫面接を避けるためにも、就職支援を介して就職をするのがベストと言えます。

就職支援に相談をする事で、圧迫面接が回避出来ます。

なおかつ、面接で聞かれるであろう質問に対する模範解答も教えて貰えます。

そのうえ、希望に合った企業の紹介、随時エージェントに相談可能など、個人で就活をするよりも、良い環境で就活が出来ます。

”面接が怖い”、”就活に不安がある”と少しでも感じているのであれば、相談をするに越した事はないのです。

そして、上記で挙げたエージェントNeoであれば、随時無料相談を実施しています。

”早く就職しろ”と催促される事もありません。

不安点が無くなるまで面接練習および就活サポートを行ってくれます。

ですので、就職成功に確実に近づくと言えます。

下記公式サイトにて、無料相談の申込が可能です。

百聞は一見に如かず、まずは直接話を聞いてみたうえで、就活のお世話になるか決めてみるのもアリです。

◆エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【面接が怖いフリーター必見!】圧迫面接を回避出来るたった一つの就活方法
-, , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.