【面接が怖いフリーター必見!】圧迫面接を回避出来るたった一つの就活方法

【面接が怖いフリーター必見!】圧迫面接を回避出来るたった一つの就活方法

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

フリーターから正社員への就職を検討している方であれば、必ず面接に対して何かしらの不安を感じているはずです。

中でも、「圧迫面接が怖い…」、「フリーターからの就活ってやっぱり圧迫面接が多いの?」といったように、圧迫面接に対して不安を抱いているという方も多いのではないでしょうか。

圧迫面接に直面してしまうと、パワハラのような人格攻撃、否定的な発言の連続、自尊心を傷つけられる言葉を投げられます。

その結果、面接に対してトラウマを感じてしまい、その後の就活・就職に悪影響をもたらしてしまいます。

ですので、当然ながら圧迫面接は避けたいというのが本音なはずです。

そこで、今記事では

◆フリーター就活において圧迫面接は多いのか

◆圧迫面接を回避する就活法

上記の事を、自分のフリーター時の就活の経験を交えつつ、書いていきます。

スポンサードサーチ

■フリーター就活=圧迫面接は多い?

10人中○人の割合で圧迫面接経験あり

就職求人サイトの最大手であるマイナビが調査をしたところ、既卒者の求職者のうち圧迫面接を受けた事があると回答した方が30%という統計結果が出ています。

つまり、既卒者の就活においては10人中3人の割合で、圧迫面接を受けた経験があるという事です。

この数字を多いと捉えるか少ないと捉えるかは自分次第ですが、フリーターからの就活の場合、誰しもが圧迫面接に直面する可能性があるのです。

事実、ネット上での口コミを見てみても、「面接官がふんぞり返っており、質問に返答しても無反応だった」、「フリーターなんて自堕落なクソ野郎で採用する価値もないと言われた」、「この経歴でうちに志望するなんて、うちを舐めているのかと捲し立てられた」等々、実際に圧迫面接に直面して怖い体験をした既卒フリーターの方はいます。

やはり、フリーター=社会人経験がない・社会人経験が乏しい状態での就活となりますので、即戦力を求めている企業の多い既卒向けの就活においては、即戦力を求めている企業側と、社会人デビューをしたいと思っている求職者側とで、思惑に”ズレ”が生じやすく、それも既卒向けの就活において、圧迫面接が多い理由と言えます。

企業側からしてみれば、わざわざ面接の時間を作ったにも関わらず、”期待外れ”の人材が面接を受けにきたとなれば、時間の無駄です。結果的に、求職者への扱いがずさんとなってしまうのです。

企業側が圧迫面接を行う理由

企業側が圧迫面接を行う理由としては、

◆ストレス耐性を見る

◆臨機応変に対応できる能力を見る

◆求職者の”本性”を見る

上記のような理由から、”あえて”圧迫面接を行っているのです。

そして、フリーターや過去に早期退職をした経験があるなどの、経歴に傷のある方と面接をする場合、「採用してもすぐに辞めてしまうのでは」、「だらしない・根気のない人」といったイメージを企業側が持っているので、圧迫面接を行い、「何を言われても、口答えせずに飲み込めるのか」、「怒られても凹たれずに前を向けるのか」といった点を見極める、要するに『採用に値する人材なのか』を見極めようとします。

ですので、経歴に傷のある方ほど、圧迫面接を受けやすいのです。

スポンサードサーチ

■圧迫面接を回避する就活法

就職支援がベスト

上述したように、フリーターからの就活においては、圧迫面接に直面する可能性はあります。

ただ、就活の方法次第では、圧迫面接を回避する事は可能です。その方法というのが、『既卒者向けの就職支援への相談』です。

その理由としては、

◆求人を出している企業側=求職者がフリーターである事を把握したうえで求人を出している

◆求職者から”圧迫面接を受けた”とクレームがあった場合、求人掲載を停止される危険性がある

◆過去の面接者のフィードバックを元に、面接対策が受けられる

上記の理由から、既卒者向けの就職支援=圧迫面接を回避する事が出来ると言えます。

先ほども書きましたが、圧迫面接は、「求職者の経歴の悪さから来る信頼度の低さ」が起因となる事が多いです。

ただ、就職支援に求人を出している企業は、その就職支援が紹介してくる人材=”経歴の悪い”フリーターである事を把握しています。

そして、それを分かったうえで、求人を出しています。

そのため、 たとえフリーターからの就活であっても、圧迫面接になりにくいのです。

また、求職者から”圧迫面接を受けた”と就職支援側にクレームが入った場合、就職支援側がその企業に提携解除を通達→今後その就職支援を通じての人材確保が出来なくなるという事態にもなりかねません。

そうなってしまった場合、企業側からしてみれば、悪手でしかないです。そのため、圧迫面接をしない・圧迫面接だと思われない面接を行うのです。

面接対策満足度No1の就職支援

既卒フリーター向けの就職支援の利用=圧迫面接を回避できる方法と書きましたが、就職支援の数は多く、「どこに相談すればいいの」と感じてしまう方もいるかと思います。

ただ、既卒フリーター向けの就職支援の中でも、『エージェントNeo』は、面接対策満足度No1であり、これまでに1万5千名以上のフリーターの方の就職サポートを行っている実績があります。

【フリーターが利用するべき就職支援】エージェントNeoのメリット3選!

そのため、 どこに相談すればいいのと感じている方は、ひとまずエージェントNeoに相談をしておけば、就職成功に近づけると言えます。

また、各企業ごとの過去の面接データ(※面接を受けた方のフィードバックを元に、面接でされた質問、面接の雰囲気といった情報を把握している)を元に、面接対策をしてくれるため、具体的な面接の状況を事前に把握する事が可能です。

そのうえ、どういった質問をされるのかも分かるので、用意周到な状態で、面接に臨む事が出来ます。

つまり、紹介企業=過去に圧迫面接を行っていない事を理解出来て、なおかつ企業側からの印象が良くなる受け答えもアドバイスして貰える一石二鳥な就職支援なのです。

かくいう私も、の就職支援で就職失敗をした後に、エージェントNeoを通じて就活をしましたが、面接を受けた6社の中で、圧迫面接だと感じる面接をしてきた企業は1社もありませんでした。

むしろ、「エージェントNeoから入社した先輩も多数いるし、期待してますよ」 といった優しい言葉を投げてくれる企業ばかりでしたので、思っていた以上に面接がやりやすかったです。※結果的に、面接で怖い思いをする事無く、1ヵ月ほどで就職出来ました。

そのため、面接に対して不安を感じている方、就職成功したいという方であれば、相談してみる価値があると言えます。

下記公式サイトにて、サポートの詳細および無料相談の申し込みが可能となっています。

★エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

■まとめ

以前よりも数は減ってきたとはいえ、前述したように10人中3人の割合で、圧迫面接を経験した事のある既卒者がいます。

そのため、自分は大丈夫だと思って、個人で就活を進めるのではなく、圧迫面接を回避する事の出来る就職支援に相談をして、就活を進めるのが吉です。

そのうえ、就職支援に相談をする事で、面接対策はもちろん、フリーターという経歴に嫌悪感を抱いていない企業に絞って就活が出来る、就活の相談をいくらしても無料等々、就活をするうえで多くのメリットを享受出来ます。

”面接が怖い”、”就活に不安がある”と少しでも感じているのであれば、相談をするに越した事はないのです。

そして、エージェントNeoであれば、随時無料相談を実施していますし、早く就職しろと催促される事もなく、不安点が無くなるまで、面接練習および就活サポートを行ってくれますので、就職成功に確実に近づくと言えます。

記事下




記事下




-【面接が怖いフリーター必見!】圧迫面接を回避出来るたった一つの就活方法
-, , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.