【転職成功させたい方必見】異業種転職に強い就労移行支援所は〇〇!【障害者雇用枠での転職】

【転職成功させたい方必見】異業種転職に強い就労移行支援所は〇〇!【障害者雇用枠での転職】

投稿日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

障害者雇用枠で異業種転職を目指している方の中には、異業種転職を成功させるために、就労移行支援所の利用を検討している方もいるのではないでしょうか。

それもそのはず、一般的には、異業種転職=同業種への転職以上に内定を取るのが難しいとされています。

企業側からしてみれば、新卒でもない方を採用する場合、何よりも経験を重視します。

即戦力か即戦力じゃないかが一番重要な採用基準となります。

そのため、未経験となれば、「即戦力になりえないのでは」という疑念から、採用を見送られる事が多々あるのです。

そのため、異業種転職の場合、転職活動のサポートをしてくれるエージェントのサポートが必須といっても過言ではないのです。

とはいえ気になるのが、「異業種転職に”強い”就労移行支援所はどこなのか」という点だと思います。

仮に、未経験OKの求人保有数が少ないとなれば、異業種転職がうまくいくはずがありません。

また、転職活動のサポートが希薄であれば、面接官の印象を覆す面接をする事は出来ません。

当然そうなってしまえば、内定獲得は無理です。

そのため、異業種転職に”強い”就労移行支援所に相談をしたいのが本音だと思います。

そこで今記事では、

◆異業種転職に強い就労移行支援所の特徴

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

■異業種転職に強い就労移行支援所の特徴

2つの点を満たしている所が強い!

異業種転職に強い就労移行支援の特徴としては、

◆未経験OKの求人保有数が多い

◆就労移行支援の実績があるか

 

上記点を満たしていれば、満足いく異業種転職を実現する事が出来るはずです。

当然ながら、異業種転職を目指して就労移行支援所を訪ねる場合、未経験OK求人の保有数は非常に大切です。

 

それが少ないとなれば、一気に転職先の選択肢が狭まりますし、希望する職種・条件の企業に転職出来ない可能性が高くなります。

そして、その就労移行支援所に実績があるのとないのとでは、内定の獲得しやすさが大きく変わっていきます。

というのも、先ほど書いた通り、企業側=新卒採用以外は即戦力を求めています。

それに該当しない異業種からの未経験者=採用の優先順位は低いのです。

ただ、利用する就労移行支援所に確固たる転職実績がある場合、そこから紹介される求人=過去にそこから採用した経験のある企業であったり、名前を聞いた事があり、良い人材を紹介しているという認識がある企業だったりするのです。

そのため、「〇〇からの紹介人材なら能力があるのは理解できる」、「前に〇〇から入社した子が今新規プロジェクトで活躍しているから、君も期待出来そうだね」といったように、企業側の印象が非常に良い状態で面接に臨めます。

つまり、未経験という欠点が不利にならないのです。

そのため、上記2点を満たした就労移行支援所に相談をするのがベストなのです。

利用する価値のある就労移行支援所

上述の通り、異業種転職に強い就労移行支援所には、共通した特徴が存在します。

そして、それを抑えた所を利用する事で、満足のいく異業種転職を実現する事が出来ます。

例えば、「dodaチャレンジ」、「アットジーピー」といった就労移行支援所は、上記点を満たした就労移行支援所となっています。

そのため、異業種への転職に役立つはずです。

 

◆dodaチャレンジ

・全国の求人を保有

・未経験OK求人73件+非公開求人

・障害者雇用枠での転職実績No. 1獲得※厚生労働省調べ

・誰もが一度は耳にした事のあるdodaの障害者雇用専門のバージョン

 

◆サポートの詳細・求人検索はこちら↓

dodaチャレンジ

◆ アットジーピー

・未経験OK求人54件+非公開求人

・運営実績15年以上

・利用満足度92%

 

◆サポートの詳細・求人検索はこちら↓

【atGPジョブトレ 発達障害コース】

上記の通り、就労移行支援所としての実績が豊富で、企業側からも”優良人材を紹介してくれる支援所”と認知されています。

そのうえ、転職活動に関してのあらゆるサポートをしてくれます。

異業種転職への悩み相談にも乗ってくれますし、志望動機や自己PR文章のアドバイスもしてくれます。

当然、希望条件に応じた求人紹介をしてくれますし、面接練習も納得いくまで付き合ってくれます。

また、「なぜ未経験からこの業界に飛び込もうとしたのか」、「前職を辞めた理由」などは、面接で100%聞かれます。

そして、それに良い返答が出来なければ、内定は貰えません。

ただ、そういった必ず言われる質問へのアンサーも伝授してくれるので、同業への転職よりも内定を取るのが難しいとされる異業種転職であっても、すんなりと転職活動を終わらせる事が出来るのです。

スポンサードサーチ

■まとめ

異業種転職に強い就労移行支援所の特徴について書いていきました。

障害者雇用枠での異業種転職の場合、「障害者雇用枠の求人自体少ない・レベルが低い」、「障害持ち+未経験という事で悪く見られる」といったように、何かと不都合ばかりの転職活動となってしまいます。

自分で自分を”良い人材”と思っていたとしても、企業側は良い人材とは思っていません。

面接での立ち振る舞い・受け答えによって、企業側も「この人は良い人材だ」と認識します。

ですので、今のまま異業種転職を目指したところで、うまくいかない可能性の方が高いのです。

ただ、上記で挙げたdodaチャレンジ、アットジーピーは、その問題を解消する事が出来ます。

障害者雇用枠での転職に特化しているだけあり、求人の職種の幅が広く、給与水準も満足いく物ばかりとなっています。

そのうえ、就労移行支援所自体にブランド力があり、手厚く面接対策をしてくれるため、企業側に良い人材と思わせるのは容易です。

そのため、障害者雇用枠で異業種転職を目指している方は、まずは無料相談を受けてみる価値があると言えます。



記事下




記事下




-【転職成功させたい方必見】異業種転職に強い就労移行支援所は〇〇!【障害者雇用枠での転職】
-, , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.