【正社員での就業を目指す方必見】週一休みの仕事は離職率が〇割以上!想像以上にしんどい事が判明...。

【正社員での就業を目指す方必見】週一休みの仕事は離職率が〇割以上!想像以上にしんどい事が判明...。

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

正社員としての就職を考えているフリーター・ニートの方であれば、「週一休みの職場は嫌だ」、「出来れば土日休みの職場が良い...といったように、プライベートと仕事の両立がしやすい職場に就職したいと考えているかと思います。

しかしながら、人よりも劣る経歴であるために、「労働環境が悪い企業の求人しかないのでは」と不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

確かに、フリーター・ニートからの就職の場合、人手不足の中小零細企業や、週一休みの企業の求人の中から、就職先を決めなければならないという事態に陥りやすく、就職失敗を招く可能性が高いのは事実です。そして、就活の苦労を早く終わらせたいという気持ちから、週一休みのしんどい職場に就職をしてしまう方も多いです。

ただ、言わずもがな、週一休みの仕事=心身ともにしんどいため、離職率が非常に高くなっています。

そのため、本当の意味での就職成功を望むのであれば、就活を早く終わらせたい・正社員に早くなりたいという気持ちで就活をするのではなく、”働きやすい企業に就職したい”という気持ちで就活をするべきなのです。

そして、就活の方法次第では、人手不足の中小零細企業や、週一休みの企業を回避して就活が可能です。

スポンサードサーチ

週一休みの仕事=想像以上にしんどいと言える訳

3年以内の離職率が8割越え

これまでのアルバイト生活の中で、常に週一休みで仕事をしてきたという方の中には、「週一休みの仕事に慣れてるし、問題ない」と感じる方もいるかも知れません。

しかしながら、アルバイトの頃とは違い、上司や同僚との人間関係に気を使いつつ、顧客から求められたものをスピーディーに提供する+なおかつ毎日のように残業を強いられるため、いくら週一休みの経験が豊富であっても、しんどいと感じるかと思います。

それでいて、手取り給料は20万行くか行かないかという環境を週6日もこなす事になりますので、「何のためにここまで働いているのだろう...」と精神的なストレスを抱える事になると言えます。

実際に、とある就職サイトがアンケート調査を行ったところ、週一休みの企業に就職した方の中で、8割以上の方が、入社3年以内に離職をしているというデータが出ており、週一休み=激務でしんどいという事が、如実に表れる結果となりました。

 

働き方の差によるストレス

同年代の方が、土日休みの完全週休二日制で、なおかつ手取りが自分の会社よりも上である場合、「何でウチの会社は週一休みで給料も低いんだ...と不満を感じてしまう事になります。

例えば、大抵のイベントやライブ等は、土日に開催をするため、平日・週一休みという場合、好きなアーティストのライブに行けない、友人とイベントに遊びに行けない、彼氏彼女と休みが合わないといったように、プライベートに悪影響を及ぼしてしまいます。結果的に、仕事のために全てを犠牲にしなければいけない状況になりかねません。

そのため、たとえ就活が思うように進んでいなかったとしても、妥協して、週一休みの職場に就職をするべきではないと言えます。

前述したように、 就活の方法次第では、人手不足の中小零細企業や、週一休みの企業を回避して就活が可能ですので、自分の希望する労働環境の条件は曲げずに就活を進めるべきです。

 

スポンサードサーチ

フリーター・ニートが実践するべき就活方法

就職支援の利用

週一休みの職場を避けたい”、”劣悪な労働環境の職場を避けたい”という気持ちがあるのであれば、迷わず既卒向けの就職支援に相談をするべきです。

20代の半ば~後半の方で、正社員としての就業経験がないという場合、まともな企業からしてみれば、「採用費用をかけても取るに値しない人材」と判断されるので、履歴書を送ったとしても見向きもされませんし、そもそも求人簿募集要項の段階で、「業界経験者のみ」といったように、求職者を絞る企業が多いです。

その結果、週一休みの職場、激務でしんどい職場しか残されていない状況に陥り、就職失敗を招いてしまうのですが、就職支援の場合は、「20代の若手人材を欲している企業」に絞って就活が出来るとともに、”完全週休二日制の職場が良い”と担当者に伝える事で、完全週休二日制の求人だけを紹介してくれるため、就職の失敗を回避する事が可能なのです。

私自身、就職支援を利用して苦い思いをした経験がありますが、”捨てる神あれば拾う神あり”という言葉通り、再就職の際に、別の就職支援を利用した事によって、就職成功を果たす事が出来ました。そのため、経験上、担当アドバイザーと密にやり取りの出来る一対一サポートの就職支援であれば、自分の希望している労働環境の職場に就職が出来るかと思います。

中でも、私も利用した「エージェントNeoは、自分の就職や就活に関する不安点が解消されるまで、とことんアドバイザーの方が相談に乗ってくれましたし、自分の伝えた内容に合った求人を6件紹介してくれたおかげで、無事に満足のいく企業(大手町のIT系企業)に就職を果たす事が出来ました。


【公式】第二新卒エージェントneo

そのため、「週一休みの職場は嫌だ」、「出来れば土日休みの職場が良い...」といったように、プライベートと仕事の両立がしやすい職場に就職したいと考えているフリーター・ニートの方であれば、相談をしてみる価値があるかと思います。

前述したように、20代の半ば~後半の方で、現在非正規社員(派遣社員やフリーター等)として働いている方の場合、独りでやみくもに求人を探していたとしても、求職者の事を”使い捨ての人材”としか考えていない企業の中から、就職先を選ばざる負えないような状況となってしまいます。

ただ、就職支援を利用する事で、20代の若手人材を必要としており、育成の意向のある企業に絞って就活が出来ますので、正社員としてのキャリアをスタートするのであれば、就職支援に相談するに越した事はないのです。

下記公式サイトにて、サポートの詳細&無料相談の申し込みが可能です。

エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【正社員での就業を目指す方必見】週一休みの仕事は離職率が〇割以上!想像以上にしんどい事が判明...。
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.