【何とかなります】新卒入社⇒3年以内の退職は甘えではない!合わないと思ったら即転職が最適な訳

【何とかなります】新卒入社⇒3年以内の退職は甘えではない!合わないと思ったら即転職が最適な訳

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

「思っていた仕事内容と違った」、「毎朝辛い…」といったように、新卒で入社したものの転職を考えている方もいるのではないでしょうか。

とはいえ気になるのが、「入社から3年以内の退職=転職が成功するのか」という点だと思います。

それもそのはず、石の上にも三年という言葉がある通り、世間では3年以内の退職=甘えとして見られがちです。

そのため、転職活動でも、3年以内に退職したという事実は響くのでは…と感じる気持ちも分かります。

ただ、結論から言いますと、 20代であれば入社から3年以内の退職=転職活動に響く事はありません。

そして、今勤めている会社から、明らかにレベルの低い会社にしか転職出来ないという事もないです。

私自身、1年半で前職を退職しましたが、1ヶ月で転職に成功しました。

つまり、合わないと感じているのであれば、即転職が吉なのです。

今記事では、

◆即転職が最適な理由

 

上記について書いていきます。

「転職がうまくいくか不安」という方は、参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

◆即転職が最適な理由

3年以内の離職=以外と多い

確かに、3年以内の離職=甘えだという声があるのは事実です。

ただ、実際のところは、2021年現在”3人に1人”が3年以内の退職⇒転職に踏み切っています。

ご存知の通り、今は1つの会社でキャリアを終えるような時代ではありません。

そして、どこの企業も若手人材の採用に躍起になています。つまり、転職市場において20代は市場価値の高い存在なのです。

そのため、たとえ前職の在職期間が短かったとしても、それが転職の障壁になる事はないのです。

転職以外に問題は解決しない

転職を考えた理由としては、「業務内容」、「労働環境(残業が長い、給料が低い)」、「人間関係」のいずれかに不満を感じたからだと思います。

とはいえ、これらはあなたの力で改善する事は難しいのです。

新人に業務内容を変える決定権はありません。「仕事内容を変えて欲しい」と上司に言ったところで、「今の仕事に集中しろ」と門前払いを食らうだけだと思います。

給料をあげる事だって出来ません。人間関係の場合も、ストレスを感じる相手が退職しない限りは、悩みが晴れる事はありません。

つまり、転職以外に今の問題が解決する事はないのです。

今の職場に居続けたとしても、毎日同じ不満を抱えて出社しなければなりませんし、将来性のない会社で自分の価値を消費させるだけです。嫌な仕事、嫌な上司と顔を合わせてこの先も仕事をするのはしんどいはずです。

それであるならば、比較的転職でキャリアアップするのが容易な若い時に、転職をした方が良いのです。

20代であれば転職支援が利用できる

また、20代であれば、既卒・第二新卒向けの転職支援が利用出来るのも、転職成功の追い風です。

転職支援に相談をする事で、自分が伝えた条件に合った企業を紹介して貰えます。

「毎月の残業時間が45h以下のところがいい」と伝えれば、それに合った企業のみを厳選してくれるのです。

例えば、【第二新卒エージェントneo】の場合、担当者が社内視察を行い、”ブラック”な働き方をしていない事を確認したうえで、求人を紹介してくれます。

社内を見ている事もあり、具体的な業務内容(新人がまず任される仕事は何なのか)も教えてくれます。

そのため、労働環境や業務内容によって悩まされる心配はないのです。

また、3年以内の退職をした場合、「なぜ前職を短期間で離職したのですか」と面接で必ず尋ねられます。

当然、企業側が納得する答えを話せなければ、その時点で内定は貰えません。

ただ、転職支援に相談をする事で、面接で必ず聞かれるであろう質問に対しての答え方もレクチャーして貰えます。

そうした面接対策を行ってくれるのは、これまでに何名もの方を就職に導いており、”内定が貰えるコツ”を熟知したプロのアドバイザーです。

上で挙げた、エージェントNeoに至っては、就職実績=15,000名以上です。

つまり、個人で転職活動をするよりも、楽に転職活動を終わらせる事が出来るのです。

◆エージェントNeoのサポートの詳細はこちら↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

スポンサードサーチ

■まとめ

3年以内の退職は甘えだ…と感じるかも知れませんが、それは「同級生は入社した会社で頑張っているのに、自分だけは”脱落者”みたいで恥ずかしい」という失敗への恐怖心からそう思っているだけなのです。

現状は3年以内の退職者は相当数いますし、すぐに辞めたからといって、その先のキャリアが沈む事もありません。

むしろ、嫌だと思っている会社に居続けた方が、後々デメリットになりかねません。例えば、ストレスがたたってうつ病を発症するかも知れません。

嫌な仕事をしてもスキルが身に付くとは到底思えないので、年齢を重ねて転職しようと思った時に、”資格やスキルに誇れるものがない…”という状況にもなりかねません。

つまり、嫌な職場にしがみついたところで、時間の無駄なのです。

上でも書いたように、若手人材は引く手数多な存在です。

ですので、転職支援に相談をすれば、1ヶ月ほどで納得のいく条件の職場に移れます。

そのため、「思っていた仕事内容と違った」、「毎朝辛い…」といったように、新卒入社した企業で不満を感じているのであれば、まずは転職支援に相談してみるのが吉です。

エージェントNeoであれば、随時無料相談を受け付けています。

無料相談で直接やり取りをしたうえで、転職活動のお世話になるかを決める事が出来るので、まずは今の職場の悩み相談だけでもしてみると、気持ちが晴れていいと思います!

◆エージェントNeoの無料相談についてはこちら↓

【公式】第二新卒エージェントneo

記事下




記事下




-【何とかなります】新卒入社⇒3年以内の退職は甘えではない!合わないと思ったら即転職が最適な訳
-, , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.