【フリーター就活】「就職エージェントを使わない就活」でのデメリット3選

【フリーター就活】「就職エージェントを使わない就活」でのデメリット3選

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

既卒フリーターから正社員への就職を検討している方の中には、「就職エージェントへの相談ってどうなの」と疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。

「優良企業を本当に紹介してくれるのか」、「本当に就活に有利になるのか」、「希望条件に合わない企業をゴリ押ししてくるのでは」といったように、就職エージェントに対して懐疑的になっているとは思いますが、実際のところは、就職エージェントを使わない=デメリットばかりとなります。

確かに、就職エージェントの中には、平気でブラックな職場を斡旋する所も存在します。ですので、上記のような疑問を抱くのも無理はありません。

ただ、それはほんの一部のエージェントだけに限った話ですし、そういったエージェントを回避するのも用意です。

なおかつ、既卒フリーターからの就職を狙う場合、就職エージェントを使わないというのは悪手です。

そこで今記事では、

◆就職エージェントを使わない場合に生じるデメリット3選

◆利用すべき就職エージェントの特徴

 

上記について書いていきます。

就職エージェントってどうなの…と疑問に感じている方は、是非とも参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

就職エージェントを使わない場合に生じるデメリット3選

経歴の悪さがダイレクトに影響する

就職エージェントを使わない時に生じるデメリットの一つに、「経歴の悪さがダイレクトに影響する」という点があります。

確かに、個人で就活をしようとも、就活エージェントを通じて就活しようとも、「既卒フリーター」という経歴は変わりありません。

ただ、エージェントを介する事で、

・経歴に寛容な企業と就活ができる

・既卒者であっても採用したいと考える企業と就活できる

・そのエージェントと企業の良好な関係性を活かせる

 

上記のように、経歴の悪さがマイナスとならない就活が出来ます。

というのも、既卒者向けの就職エージェントに求人を出す時点で、応募してくる人=経歴が悪いという事を企業側も把握しています。

それを理解したうえで、求人を出しているため、個人で企業選びをして就活をするよりも、経歴に寛容な企業と就活が出来るのです。

なおかつ、就職エージェントが紹介する企業の多くが、以前そこから人を採用した経験のある企業となっています。

ですので、エージェント側と良好な関係を築いています。その結果、「あそこの紹介なら面接する価値がある」といったように、求職者に対してもポジティブな印象を抱いてくれます。

そのため、人で就活をするよりも、内定獲得がしやすいのです。

全ての準備を自分1人でしなければならない

個人で就活を始めるとなると、

・求人サイトに登録

・求人選び

・企業研究

・自己PR・志望動機の作成

・求人応募

・面接の準備(※受け答えや伝える事をまとめる)

・本面接

 

ざっと考えても、上記の事を1人でしなければなりません。

そしてこれは、内定が貰えるまで繰り返されます。

そもそも就活自体初めて、就活の経験が乏しいという方にとっては、途中で辞めたくなるほどに疲れる事と言えます。

ただ、就職エージェントを介する事で、

・求人選び

・企業研究

→担当エージェントに希望条件を伝える事で、それに該当する企業を随時紹介して貰える

 

・自己PR・志望動機の作成

→支援の一環として、自己PR・志望動機の作成と添削をしてくれる

 

・求人応募

→履歴書とともに、推薦状も送付してくれるので、書類選考の突破率が向上

 

・面接の準備(※受け答えや伝える事をまとめる)

→既卒者の面接において頻出される質問に対する受け答えをレクチャーして貰える。

※「なぜフリーターをしていたのか」、「学校卒業後に就職をしなかった理由は」など

また、不安点がなくなるまで面接の練習をしてくれる。

 

・本面接

→ 希望者には、担当エージェントが面接に同席してくれる

 

上記のように、就活のあらゆる場面でサポートを受けられます。

どちらが就活の負担を軽減できるかは、一目瞭然なはずです。

就職失敗しやすい

「自分は何になりたいのか」、「業種ごとの仕事内容」、「求人の文言で注意するべきポイント」、「優良・ブラック企業の見分け方」等を理解しているのであれば、個人で就活をしたとしても、就職失敗はしません。

ただ、上記の事を理解していないのであれば、失敗を招く恐れがあります。

ましてや、”地雷求人”の多い既卒フリーターの就活であれば、尚更です。

その点、就職エージェントを活用する事で、これまでに何名もの既卒フリーターの就活に携わってきたエージェントの方が、自己分析・適性診断・求人の厳選等々を行ってくれます。

なおかつ、ブラック企業と思わしき求人を排除して求人紹介をしてくれます。

そのため、「こんなところに就職するんじゃなかった…」という後悔を招くリスクを大幅に軽減出来るのです。

スポンサードサーチ

■利用すべきエージェントの特徴

個別サポート型の就職エージェント

上述の通り、既卒フリーター=就職エージェントを利用した方が、何かと就活が上手くいくのです。

そのため、使わない手はないというのが実情です。

とはいえ、冒頭で書いたように、平気でブラックな職場を斡旋する所も存在するのも事実です。

そしてそこが、「就職エージェントを利用すべきなのかどうか」という迷いを生み出す原因だと思います。

ただ、そういった就職エージェントを見分けるのは簡単です。

研修型の就職エージェントを利用せずに、個別サポート型の就職エージェントを利用すれば、そういった事にはなりません。

例えば、研修型の就職エージェントのジェイックを例に出しますと、ジェイック=学校の授業のように求職者複数名に対して就職サポートを行います。

そして、集団面接会によって就職先を決めていきます。

当然、複数名に一気に就活サポートを行うため、「土日休みは絶対」、「残業少なめの職場が良い」といった自分の希望条件が反映される事はありません。

そもそも、担当エージェントと2人きりで面談をする時間がないためです。

結果として、就業後のミスマッチも起きますし、蓋を開けたらブラック企業だったという事も起きてしまうのです。

これが個別サポート型の就職エージェントであれば、担当エージェントと二人三脚で就活を進められますので、納得いくまで企業選びが出来ますし、希望条件に合わない企業を紹介される事もありません。

また、不安点を感じる度に、相談をする事が可能なので、就職失敗を招きにくいのです。

そのため、個別サポート型の就職エージェントを利用しておけば、就職エージェントって実際どうなの…と不安に感じる方であっても、「相談して良かった」と思えるはずです。

利用すべき就職支援

中でも、私も利用したエージェントNeoは、就活サポートに費やす時間がダントツで長い&面接対策満足度No1を誇る、求職者に寄り添った就職エージェントです。

そのうえ、紹介企業全てに対して、企業訪問を敢行→実際の労働環境を見てブラックではないと分かったうえで企業紹介を行っているので、ブラックな職場を回避する事にも長けています。

・自分の条件に沿って企業紹介を受けたい

・ブラックな職場は絶対に嫌だ

・面接に対して不安がある

・就活って何をして良いのか分からない

 

上記のような既卒フリーターであれば、相談する価値は確実にあります。

そして、エージェントNeoの場合、無料相談の段階で話した内容を元に、いくつか保有求人を紹介して貰えます。

ですので、実際にこういった求人を紹介して貰えるのかという事を確かめたうえで、継続的に就活サポートを受けるかを判断してみるのが良いかと思います。

下記公式サイトにて、サポート内容の確認及び、無料相談の申込が可能です。

※無料相談を受けたからといって、絶対にサポートを受けなくてはならないといった事はないですし、しつこい連絡が来る事もないので、気軽に相談可能です。

★エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

■まとめ

就職エージェントを使わない場合に生じるデメリット、利用すべき就職エージェントについて書いていきました。

要するに、就職エージェントを介した就活の方が、就職成功しやすいのです。

言わずもがな、就活の目的=ずばり就職の成功ですので、就職成功出来る可能性が高まる方法は、迷わずに実践してみるべきです。

今のまま、個人で就活を始めて、内定が取れる自信があるのであれば、個人で始めても問題はないと思います。

ただ、就職エージェントを使うか使わないか迷って、この記事にたどり着いた=就活に対して、面接に対して、何かしらの不安を抱えているという事ですので、個人で就活を始めたとしても、不安と悩みが次々に生まれてきて、精神的に辛い就活を強いられるのは明白です。

それであるならば、常に就活のサポートをして貰える就職エージェントを利用すべきです。

ましてや、上記で挙げたエージェントNeoの場合、ブラックな職場を徹底排除する施策を設けているので、既卒フリーターであっても優良企業への就職を果たす事が可能です。

ですので、思い立ったが吉日、無料相談を受けてみるのが良いと思います。

◆無料相談に関して↓

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【フリーター就活】「就職エージェントを使わない就活」でのデメリット3選
-, , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.