【フリーター就活】「就職エージェントを使わない就活」でのデメリット3選

【フリーター就活】「就職エージェントを使わない就活」でのデメリット3選

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

既卒フリーターから正社員への就職を検討している方の中には、「就職エージェントへの相談ってどうなの」と疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。

確かに、就職エージェントへの相談=初めての事ですので、「ブラック企業を紹介されるのでは」、「本当に就活が有利になるの…」といったように、不安がよぎる気持ちも分かります。

ただ、実際のところは、就職エージェントを使わない=デメリットばかりとなります。

特に、「就活自体初めて」、「就活の経験が少ない」といった方の場合、個人で就活を進めたところで、うまくいきません。

御祈りメールを何十社も貰い、自信喪失するだけです。

そういった自体を回避するためにも、就活に不安を感じている方・就活経験の少ない既卒フリーターの場合、就職エージェントを通じての就活がベストなのです。

そこで今記事では、

◆就職エージェントを使わない場合に生じるデメリット3選

◆利用すべき就職エージェントの特徴

 

上記について書いていきます。

就職エージェントってどうなの…と疑問に感じている方は、是非とも参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

就職エージェントを使わない場合に生じるデメリット3選

経歴の悪さがダイレクトに影響する

自分でも痛感している方もいると思いますが、既卒フリーター=企業側からネガティヴイメージをもたれる経歴です。

「採用に値する人材とは思えない」、「ちゃらんぽらんなのでは」といったように、あなたの事を見てきます。

フリーター歴が長ければ長いほど、マイナスイメージを覆さなければならないのです。

ただ、就職エージェントを介する事で、

・経歴に寛容な企業に絞ってアプローチ可

・就職エージェントの”ネームバリュー”が使える

・プロのアドバイザーが面接対策をしてくれる

 

上記のようなメリットを享受出来ます。

つまり、就職エージェントを介しての就活=経歴の悪さが不利にならないのです。

というのも、就職エージェントからの紹介人材=既卒フリーターのみという事を企業側も知っています。

それにも関わらず、求人を提出しているという事は、「既卒フリーターであっても採用したい」と考えている企業という事です。

なおかつ、就職エージェントのネームバリューがある分、「以前にここのエージェントから採用した事があるから、良い人を紹介してくれるのは知っている」、「就職実績が高いエージェントからの紹介なら面接してみるか」といったように、経歴の悪さをかき消してくれるのです。

ただ、個人で就活をした場合、これらの恩恵を得る事は出来ません。

”単なる”既卒フリーターとして就活をしなくてはなりませんし、面接を受ける企業=経歴に寛容な企業とは限りません。

どちらが、就活を有利に進められるかは、火を見るよりも明らかなはずです。

就活の手間が倍増する

また、個人で就活をした場合と就職エージェントを通じて就活をした場合とでは、やらなくてはいけないタスクの量に大きな差があります。

そのため、エージェントを通じての就活と比べて、手間が倍増する事になります。

というのも、個人で就活をする場合、下記の事全てを1人の力でこなさなければなりません。

・求人サイトに登録

・求人選び

・企業研究

・自己PR・志望動機の作成

・求人応募

・面接の準備(※受け答えや伝える事をまとめる)

・本面接

 

つまり、内定獲得までの全工程を全て手探りで進めなければなりません。

正直言って、就活が初めての方、就活の経験が乏しい方の場合、上記の流れをこなすだけで一苦労だと思います。

その結果、”就活を終わらせたい”という気持ちが強まってしまい、”良い企業に就職する”という本来の目的を見失ってしまいます。

そして、就活が終わるからという理由で、内定をくれた企業に就職→蓋を開けてみたらブラック企業で隙間時間する羽目に…という事になる恐れがあるのです。

そのため、就活のタスクはなるべく減らすべきなのです。

任せられるところは任せて、良い企業に就職をするという事に集中すべきです。

その点、就職エージェントを介する事で、負担が大幅に減ります。

・求人選び

・企業研究

→担当エージェントに希望条件を伝える事で、それに該当する企業を随時紹介して貰える

 

・自己PR・志望動機の作成

→支援の一環として、自己PR・志望動機の作成と添削をしてくれる

 

・求人応募

→履歴書とともに、推薦状も送付してくれるので、書類選考の突破率が向上

 

・面接の準備(※受け答えや伝える事をまとめる)

→既卒者の面接において頻出される質問に対する受け答えをレクチャーして貰える。※「なぜフリーターをしていたのか」、「学校卒業後に就職をしなかった理由は」など

また、不安点がなくなるまで面接の練習をしてくれる。

 

・本面接

→ 希望者には、担当エージェントが面接に同席してくれる

 

上記のように、就活のあらゆる場面でサポートを受けられます。

なおかつ、伝えた要望に応じて求人を紹介して貰えるので、 自分で求人の検索や企業研究をせずとも、納得のいく内容の求人に絞って就活が可能なのです。

就職失敗しやすい

もう一つのデメリットとしては、「就職エージェントを使わない=就職の失敗の可能性を高める事になる」という点です。

これがもし、「自分は何になりたいのか」、「業種ごとの仕事内容」、「求人の文言で注意するべきポイント」、「優良・ブラック企業の見分け方」等を理解しているのであれば、個人で就活をしたとしても、満足のいく企業に就職出来るはずです。

ただ、上記の事を理解していない方、就活に不安を感じている方の場合、”地雷求人”の多い既卒者の就活において、泣きを見る事になりかねません。

就職エージェントのように、就活のプロからアドバイスを受けつつ就活を進められる訳でもないですし、労働環境の悪い企業を除外して就活が出来る訳でもありません。

先ほども書いた通り、自己分析・適性診断・求人の厳選等も1人で行わなければなりません。

そのため、何もかも1人で進めなくてはならない個人の就活の場合、「こんなところに就職するんじゃなかった…」という後悔を招く恐れがあるのです。

スポンサードサーチ

■利用すべきエージェントの特徴

個別サポート型の就職エージェント

上述の通り、既卒フリーターの方で、就活を円滑に進めたい・就職を成功させたいのであれば、就職エージェントへの相談はマストと言えます。

使わないのはあまりにももったいないのです。

そして、就職エージェントの中でも、「個別サポート型の就職エージェント」は、就職成功に効果的です。

・不安箇所を重点的にサポート

※面接が苦手→面接対策を重点的に行う。志望動機の書き方が分からない→履歴書の添削を重点的に行うなど。

・自分の希望条件を第一に求人を紹介してくれる

・内定獲得まで専任のアドバイザーがトータルサポート

 

これがもし、学校の授業のように、複数名に対して一斉に就活サポートを行う研修型の就職エージェントの場合、不安箇所を重点的にサポートして貰えませんし、自分の希望条件度外視の求人紹介をしてきます。

それもそのはず、複数名に一気に就活サポートを行うため、一人一人の悩みを拾っていては、膨大な時間が掛かってしまうためです。

そもそも、研修型のエージェント=アドバイザーと2人きりで相談出来る時間もほとんどありません。

そのため、本気で就職を検討している既卒フリーターの場合、迷わず個別サポート型の就職支援に相談をするのが吉です。

利用する価値のある就職支援

とはいえ、既卒フリーターを対象とした就職支援は数多く存在しています。

ですので、「どこに相談するのがベストなの…」と疑問に感じている方もいるはずです。

ただ、先ほども書いた通り、個別サポート型の就職支援であれば、納得のいくサポートを受けられます。

なおかつ、就職実績が豊富なところを選べば、就職の成功はより強固な物となるはずです。

例えば、「エージェントNeo」「ウズキャリ既卒」は、20代の既卒フリーター向けの就職支援の中でも、特に定着率やサポート満足度が高い就職支援となっています。

なおかつ、両社ともブラック企業を除外した求人紹介を行っている(担当者が事前に職場を訪問→労働環境を監査済み)ため、経歴が悪かったとしても、労働環境の悪い企業を回避する事が容易です。

◆エージェントNeo

・面接対策満足度・就職転職満足度No1

・28歳までの既卒者の就職実績=22,500名

・一人当たり平均10時間のサポート

 

※公式サイト↓

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

 

◆ウズキャリ既卒



・就職実績=35,000名

・内定率86%

・入社後の定着率95%

 

※実際に利用した体験談はこちら↓

ウズキャリ既卒を利用して感じたメリット3選!ブラック企業回避は容易!

上記のように、就職実績は業界随一です。

そのため、既卒フリーターから正社員への就職を検討している20代の方であれば、相談をする価値があると言えます。

※30代以上の既卒フリーターの方は、30代以上の既卒者を対象とした就職支援の【就活エクスプレス】への相談=就職成功に大きく近づくはずです!。

【2021年最新版】就活エクスプレス=悪評が多い?評判をまとめてみた【口コミまとめ】

■まとめ

就職エージェントを使わない場合に生じるデメリット、利用する価値のある就職エージェントについて書いていきました。

端的に言えば、就職エージェントを介した就活の方が、何かとメリットがあり就職成功しやすいのです。

もしも、今の状態で個人で就活を始めて、内定が取れる自信があるのであれば、個人で就活をしても問題はありません。

ただ、就活(就職先の質、面接など)に対して、何かしらの不安を抱えているからこそ、就職エージェントを使うか使わないか迷い、そしてこの記事にたどり着いたのだと思います。

そういった迷いや不安のある状態で、個人で就活を始めたとしても、今後どんどんと押し寄せてくる将来の不安と悩みに押し潰されるのは容易に想像出来ます。

それであるならば、常に就活のサポートをして貰える就職エージェントを利用すべきです。

ましてや、上記で挙げたエージェントNeoやウズキャリの場合、ブラックな職場を徹底排除する施策を設けているので、既卒フリーターであっても優良企業への就職を果たせます。

両社とも、無料相談の場を設けており、実際に担当者と話をしたうえで、就活に活用するかを決める事が出来ます。

そのため、百聞は一見に如かず、実際に無料相談を受けてみて、担当者・就職エージェントの雰囲気、保有求人やサポートについての説明を聞いたうえで、就活に使うか使わないかを決めるのがベストだと思います。

無料相談について↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【フリーター就活】「就職エージェントを使わない就活」でのデメリット3選
-, , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.