【20代必見】バンドマン⇒就職を実現するのに最適なたった一つの就活法

【20代必見】バンドマン⇒就職を実現するのに最適なたった一つの就活法

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

バンド活動をしてきたものの、30歳を前に「就職をするべき時期なのかもしれない…」と感じている方であれば、就活を始めようか迷っているかと思います。

それもそのはず、30を過ぎて社会人経験なしのフリーターともなれば、自分でも不安に感じている通り、就職できる可能性は一気に低くなります。

ほとんどの企業が、社会人経験なしの方でもOKと募集をかけているのは20代を対象としています。

そのため、20代のうちに就職をしておくのは、将来のキャリア形成のためにも非常に重要なのです。

しかしながら、これまでバンド活動しかしてこなかったという方の場合、「そもそも就活の始め方が分からない」、「誇れる経歴もないし、内定を取れるのか心配」といったように、就活に対する不安を感じているはずです。

確かに、元バンドマンという経歴は、バンドマンとしての活動実績がない限り、「遊び呆けていたイメージ」、「”地味”な会社員は勤まらないのでは?」といったように企業側からは、マイナスのイメージをもたれるのは必須です。

ですので、元バンドマンとして就活する=不利です。

とはいえ、就活の方法次第では、バンドマン→就職を1〜2ヶ月ほどで実現する事も可能です。

そこで、今記事では、

◆バンドマン→就職に最適な就活方法

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

■バンドマン→就職に最適な就活方法

既卒フリーター向けの就職支援への相談

求人サイトへの登録、ハローワークでの求人検索、バイト先への就職等々、バンドマンから就職を目指すのであれば、様々な方法がありますが、中でも、『既卒フリーター向けの就職支援』への相談が、もっとも円滑に内定獲得が狙える&自分の理想の業種、職場への就職が可能と言えます。

既卒フリーター向けの就職支援に相談をする事で、下記の利点があります。

◆就活対策のサポートを無料で受けられる

◆自分の要望に合わせて求人を紹介して貰える

◆平均1,2ヶ月ほどで就職が出来る

 

求人サイトに登録をしたところで、求人応募は出来ても、面接などの対策をして貰う事は出来ません。

そして、ハローワークを利用したところで、ハローワークには、労働環境の悪い職場の求人も多いので、夢を諦めて就職をしたにも関わらず、就職が失敗に終わる可能性が高いです。

その点、既卒フリーター向けの就職支援の場合、あらゆる面において就活対策のサポートをしてくれますし、短期離職する可能性のある企業の求人を排除していたり、事前に求人企業の社内状況を確認していたりします。

そのため、毎日が残業続きで過酷…といった企業を回避する事が可能なのです。

全てのサポートが無料となっているので、「そもそも就活の始め方が分からない」、「誇れる経歴もないし、内定を取れるのか心配」といったように、就活に対する不安を少しでも感じているのであれば、既卒フリーター向けの就職支援は相談する価値があると言えます。

2つのマイナスを解消してくれる

上述したように、既卒フリーター向けの就職支援に相談をする事で、多くの利点を享受可能です。

そのうえ、バンドマンからの就活で”壁”となる下記2つの点を解消してくれるので、本気で就職成功したいというのであれば、相談すべきと言えます。

◆企業側からのマイナス評価

◆就活のノウハウ

 

冒頭で書いたように、元バンドマンという経歴は、企業側からしてみれば、印象の良いものではありません。

「音楽での経験=働くうえで不必要な技術」と判断しますし、定職に就いていない期間(※フリーター期間)が長ければ長いほど、『だらしない奴』、『”夢”にかこつけて現実逃避していただけなのでは』といったように、より一層”採用に値しない”人材として捉えます。

ただ、既卒フリーター向けの就職支援を利用する事で、企業側からマイナス評価を下される事を回避可能です。

というのも、既卒フリーター向けの就職支援に求人を出す=エントリーしてくる方の全てが既卒フリーターという事を企業側は理解しています。

それでも、求人を出しているという事は、「フリーターに対して色眼鏡をかけて見ていない」、「経歴よりも面接での人柄で採用を決めたい」と考える企業なのです。

そういった企業を相手に面接が出来るので、通常の就活よりも、”元バンドマン”という経歴が不利にならないのです。

また、バンドマンという夢を諦めて就職する!と決意を固めたとしても、これまで音楽漬けの生活をしていたとなれば、「何から着手すればいいのやら…」、「自己PRや志望動機ってどういう事を話せば良いのか」等々、就活のやり方を知らない方も多いかと思います。

そして、就活のやり方・ノウハウを知らずに就活をしたとしても、内定獲得する事は出来ませんので、結果的に苦労してしまうのです。

例えるならば、内定が獲得しやすくするための、就活のノウハウを知っているのと知っていないのとでは、攻略本を読んでボスに挑むのと、攻略本を読まずにボスに挑む位の差があるのです。

ですが、既卒フリーター向けの就職支援に相談をする事で、志望動機の書き方、履歴書の作成方法、面接対策、ビジネスマナー研修、適職診断など、就活に関するあらゆるものをサポートしてくれますし、これまでに数百名以上ものフリーターの方を就職成功に導いたアドバイザーの方から、内定獲得できるコツを教えてもらう事が可能なのです。

そのため、最短距離での就職成功が出来るのです。

利用すべき就職支援の特徴

とはいえ、「どの就職支援に相談をすべきなの…」と疑問に感じている方も多いはずです。

それもそのはず、フリーターを対象とした就職支援は非常に多いためです。

ただ、実際にフリーターからの就活として就職支援を複数者利用した事のある私としては、『個別で就職サポートをしてくれる就職支援』であれば、就職失敗する事はないと言えます。

逆に、求職者複数名に対して、学校の授業のように講習形式で就活サポートを行うところは、高確率で就職が失敗します。

やはり、求職者と一括りにしたとしても、Aさんは面接が不安、Bさんは自分に向いている職業が分からないなど、就活に対する悩みは人それぞれです。そのため、講習形式の場合、自分の悩みを深堀りして貰えずに、就活を進めなければならないという事態になってしまうのです。その結果、就活がうまくいかなかったり、就職してもミスマッチを起こしたりしてしまうのです。

ですので、就活の相談をするのであれば、『個別で就職サポートをしてくれる就職支援』を利用すべきです。

中でも、【第二新卒エージェントneo】の場合、既卒フリーター向けの就職支援の中でも、面接対策満足度が1位であり、1人にかけるサポート時間もダントツで長いです。

【フリーターが利用するべき就職支援】エージェントNeoのメリット3選!

そのうえ、5,000社以上の中から、ヒアリング内容に基づいて就職先を選ぶ事が出来るので、「就活の進め方が分からない」、「就職成功したい」といったフリーターの方であれば、相談に値する就職支援と言えます。

スポンサードサーチ

■まとめ

冒頭でも書いたように、売れないバンドマン兼フリーターを続けて30代に突入してしまえば、社会の底辺だと揶揄されますし、就職する事も難しくなってしまいます。

そのため、20代の内に、就活を始めるべきなのです。

また、一度正社員として就職をする事で、”やっぱりバンドマンとして成功したい”のか、”正社員として幸せになるのも悪くない”と感じるのか気持ちがはっきりしますので、自分の進むべき人生の道を再認識するためにも、就職をしてみるのは悪くないと思います。

そして、エージェントNeoのような既卒フリーター向けの就職支援を利用する事で、一から就活サポートを受ける事が出来る事に加えて、就活を熟知したプロのアドバイザーの方に相談をしながら、就活を進める事が出来るため、”選考に受からない...”、”面接で落とされる”といった事なく、内定獲得までたどり着く事が可能です。

下記公式サイトにて、サポートの詳細&無料相談の申し込みが可能です。

無料相談を受けたからと言って、必ずエージェントNeoの就活サポートを受けなければいけないという事もないですし、保有求人の一部を紹介してもらう事も可能なので、就活に対して少しでも不安点があるのであれば、まずは相談をしてみるのが吉です。

★エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【20代必見】バンドマン⇒就職を実現するのに最適なたった一つの就活法
-, , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.