【集団面接会レビュー】ジェイック面接会の職種割合!【営業以外(事務職、プログラマ)への就職は可能?】

【集団面接会レビュー】ジェイック面接会の職種割合!【営業以外(事務職、プログラマ)への就職は可能?】

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

フリーターから正社員への就職を検討している方の中には、「JAIC(ジェイック)」を通じての就活を考えている方もいるのではないでしょうか。

とはいえ気になるのが、「ジェイック=営業以外の企業にも就職できるの?」という点だと思います。

それもそのはず、ジェイックが主宰する就職カレッジは、かつて”営業カレッジ”という名前でしたし、研修の中にも飛び込み営業が含まれています。(※現在は街角アンケート調査)

要するに、”営業色”の強い就職支援なのです。

そのため、事務職や技術職を希望している方の場合、「ジェイックって利用する価値ないんじゃ…」と不安に感じる気持ちも分かります。

そこで今記事では、

◆営業以外の職種に就職できるのか

◆集団面接会参加企業の職種について

 

上記について、実際にジェイックを利用して就活をした私の体験談を交えて書いていきます。

スポンサードサーチ

■ジェイックの就職先について

営業以外の職種に就職できる?

結論から言いますと、ジェイック=営業以外の職種に就職をする事は可能です。

後述しますが、私が参加した面接会の時にも、ペット保険会社が事務職で募集をしていましたし、プログラマで募集をしている企業もありました。※私自身、IT技術職に就職をしました。

そのため、ジェイック=営業以外の職種への就職は出来ます。

ただ、就職出来るとはいえ、営業職以外を希望している方の場合、正直メリットは少ないです。

実際に参加した面接会の職種割合

私が参加した時の面接会の職種割合は下記になります。

■営業職:7割

(※不動産営業やシステム会社、携帯会社の営業職等)

■技術職(プログラマ):2割

(※VRのプログラマ、待合表示システムのプログラマ等)

■事務職:1割

(※ペット保険の事務職、運送会社の事務職等)

 

上記の通り、確かに技術職や事務職への就職は可能です。

とはいえ、営業色の強いジェイックという事もあり、ほとんどが営業職で募集をかけている企業でした。

ご存知の通り、ジェイックの就活=集団面接会に来た企業の中からしか就職先を選べません。

最悪の場合、営業職以外で募集をしている企業=1、2社しかなかった…という事もあり得るのです。

そうなってしまうと、ジェイックの研修に参加した10日間、過酷な研修に耐え抜いた努力がすべて水の泡となります。

このように、事務職や技術職といった営業職以外を志望している方の場合、少々不向きな就活方法なのです。

※必読 就職先の質について

また、”狭き門”である技術職や事務職の企業=ブラック企業である可能性が高いのもジェイックの難点です。

実際に私が入社したIT企業がまさにブラック企業でしたし、ペット保険の企業に入社した女の子も、入社から1年以内に辞めたとの事だったので、そう言えます。

参考までに私が入社した企業の内情を書きます。

■ジェイックから就職した企業の詳細

◆隔週二日休み

※完全週休2日制と求人には記載

◆社員が10名以下で常に人手不足

◆休日出勤常態化

◆新人研修無し+指導してくれる先輩もいない

※人手不足もあり、忙しくて誰も仕事を教えてくれませんでした。

◆30件近い顧客を2名で客先対応、エラー対応、それに営業活動も課せられた

◆毎月100h〜150hほどの残業

※サービス残業

◆手取り17万3,000円+年2回のボーナスが0円と5万円

引用:【体験談】JAIC(ジェイック)就職カレッジからブラック企業に入社した話

「こんな所に誰が入社したいんだ…」って話ですよね。

ジェイックの集団面接会は、”このレベルの企業しか来ない”という事を肝に銘じなければなりません。

スポンサードサーチ

■まとめ

「書類選考なしに20社以上と面接可!」という言葉は、確かに魅力的に感じる気持ちも分かります。

とはいえ、集団面接会に参加をしたところで、目当ての職種の企業がいなければ時間の無駄です。

ただ、集団面接会の参加企業を決めるのは、あくまでジェイック側です。

ジェイックの場合、研修という形で大人数に就活サポートを行う都合上、各々の希望条件が反映される事はないのです。

そのうえ、数少ない営業職以外の企業も”地雷”なので、「とにかくどこでも就職出来れば良い…!」という人以外はジェイックは向きません。

具体的になりたい職種がある、希望する労働条件があるという方は、大人数に対して就活サポートを行うジェイックよりも、個別サポート型の就職支援が向いています。

例えば、【第二新卒エージェントneo】は、1人あたりにかける総サポート時間が8時間を超えています。

直近で複数名退職者を出した企業、労働基準法に違反する企業(※担当者が社内を事前確認済み)は、最初から除外しての求人紹介をしてくれるので、やりたい職種&納得のいく労働条件の企業に絞って就活が可能です。

未経験OKの求人も5,000件以上保有しているので、納得のいく職場が見つかるはずです。

就職成功したいのであれば、個人的にはジェイックよりもこちらに相談をした方が価値があると思います!

◆エージェントNeoのサポートについてはこちら↓

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【集団面接会レビュー】ジェイック面接会の職種割合!【営業以外(事務職、プログラマ)への就職は可能?】
-, , , , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.