【25歳フリーター⇒正社員に就職した私の感想!】Jaic(ジェイック)の就職先の特徴は?サービス残業ばかり?

【25歳フリーター⇒正社員に就職した私の感想!】JAIC(ジェイック)の就職先の特徴は?サービス残業ばかり?

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

就活がうまくいくかが心配”、”なるべく就活せずに就職したい”、”書類選考や面接等々、全てに不安がある”といったように、独りでの就活に恐怖心・不安感を感じている方の中には、既卒フリーター向けの就職支援であるJAIC(ジェイック)の利用を考えている方もいるかと思います。

ただ、ジェイックの利用を考えている方であれば、『働きやすい企業に就職出来るのか』、『どういった企業に就職出来るのか』といった点がきになるのはずです。

ブラック企業を回避するために、ジェイックを利用したにも関わらず、ブラック企業に就職してしまっては本末転倒ですので、どういった企業に就職出来るのかはもっとも大切なポイントと言えますが、実際にジェイック経由で就職した経験のある身としては、”ジェイック=就職はしやすいけど、就職後の環境は最悪”と言わざる負えません。

そう言える理由を今記事では書いていきます。

集団面接会に参加をする企業の業種の割合が気になる方は、こちらにまとめています↓

【集団面接会体験レビュー】実際に参加をしたジェイック面接会の求人職種の割合を紹介!営業職以外の職種にも就職可能?【事務職&技術職(プログラマ)の求人もあり?】

スポンサードサーチ

■ジェイックの就職先の特徴

面接会企業の共通した特徴

ジェイックでの就活は、就職カレッジの最後に行われる集団面接会によって、就職先が決まります。

そのため、面接会に来た企業の質が高ければ、就職成功の機運が高まりますし、その逆もしかりです。ただ、実際に面接会に来る企業は、”労働環境が悪く、常に人手不足な企業”が8割以上ですので、中々就職成功を手にするには難しいのが現状なのです。

実際に私が参加をした際の企業に共通していた特徴がいかになります。

平日1日休み

不動産営業や施工・リフォーム管理の企業が多く、水曜日のみの休みという企業が主でした。

サービス残業前提の裁量労働制

裁量労働制=予め残業代が含まれた給与を支給するシステムの事を指します。そのため、サービス残業になりやすいのです。

手取り14万円~16万円の企業

上記の特徴が、参加企業20社中16社に共通していたので、いかに労働環境の悪い企業が多いかが分かるかと思います。

確かに、書類での選考を飛ばして、即面接が出来るため、就活に関しては苦労が少ないのかも知れませんが、就職後に苦労を招く可能性が極めて高いのが、ジェイックの現状なのです。

 

私がジェイック経由で就職した企業の労働環境

 

私がジェイック経由で就職した企業も、まさにブラック企業の典型と言えるような労働環境でした。

ジェイックから就職した職場の労働環境★

・完全週休二日制と求人票に記載⇒実際は隔週2日制だった

・月の残業時間が150h以上、裁量労働制のためサービス残業

・手取り173,000+年2回の賞与が0円と5万円

・社員数一桁

別の記事にも書いていますが、他の就職支援を利用した方が確実に良い企業に就職出来たなと、退職してから後悔しました。

確かに、他の業種よりも残業が発生しやすいシステムエンジニア職だったという事もありますが、それを差し引いたとしても、ひどい労働環境でした。結果的に、18ヵ月で退職⇒さらに職歴を汚しただけの就職となってしまいました。

 

ジェイック<個別サポート型の就職支援が良い理由

前述したように、”ジェイック=就職はしやすいけど、就職後の環境は最悪”という側面が強いので、私のように職歴を汚しただけの就職に終わってしまう可能性が高いのです。

劣悪な労働環境の企業に就職をしてしまった場合、ブラック社畜として精神的に追い詰められながら働き続けるか、再就職活動をするかの2となってしまうので、いま以上に、人生が下降線をたどる事になりかねません。

そのため、就活に恐怖心・不安感を感じている方であれば、ジェイックではなく、個別サポート型の就職支援に相談をするべきです。

その理由としては、個別サポート型の就職支援の場合、自分の希望する勤務地・労働環境・給与を伝えて、その内容を元に求人を紹介して貰えるため、就業後のミスマッチを引き起こすが無いのです。

中でも、『エージェントNeoは、私自身、ジェイックからの就職で挫折を経験した後に利用しましたが、早期退職歴あり+ブランク期間半年という経歴にも関わらず、顔をしかめる事なく就活の相談に乗ってくれましたし、自分の伝えた希望通りの求人のみを6件ほど紹介してくれました。


【公式】第二新卒エージェントneo

そのため、利用から1ヵ月ほどで再就職先が決まりましたし、求人票に記載されている情報通りの労働環境・待遇の職場に就職出来たので、今もなお紹介して貰った企業で仕事をしています(※大手町の某システム会社)

何より、担当者も企業の内情を分かっており(必ず一度は企業視察を行っている)、働きやすい労働環境であると認定したうえで、求人を紹介してくれますので、”ブラック社畜”を回避するには打ってつけの就職支援と言えます。

また、、カイシャの評判や転職会議といった社員・元社員の口コミが記載されているサイトにて、紹介された企業の口コミ評判を調べてみましたが、どの企業もマイナス評価が少ない企業だったので、優良企業に絞って就活をする事の出来る就職支援だと思います。

 

スポンサードサーチ

まとめ

ジェイックの実情を書いていきましたが、確かに、どんな経歴・どんな人間であろうと、内定を獲得する事が出来る就職支援だとは思います。

ただ、就職するうえでもっとも大切な点は、”就職先の労働環境・給与の質”です。

就職先が悪いとなると、せっかく就活を頑張ったにも関わらず、再就職活動を強いられる事になるため、就職先の質にこだわって就活はするべきです。そして、就職先の質にこだわりたいのであれば、面接会に来た企業の中からしか職場を選べないジェイックではなく、自分の希望を主軸に求人を紹介して貰える個別支援の就職支援を利用するのが吉なのです。

 

記事下




記事下




-【25歳フリーター⇒正社員に就職した私の感想!】Jaic(ジェイック)の就職先の特徴は?サービス残業ばかり?
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.