【1ヶ月で内定取れます】20代・シングルマザー=不利にならない就活方法【正社員】

【1ヶ月で内定取れます】20代・シングルマザー=不利にならない就活方法【正社員】

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

これから正社員への就職を考えているシングルマザーの方の中には、「シングルマザーだと就活に不利になる?」、「面接で悪い印象に見られるのでは…」と不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

仮に不利になってしまうのであれば、スムーズな内定獲得は難くなります。

御祈りメールの山となり、半年後も変わらず就活をしている可能性もあり得ます。

とはいえ、シングルマザーだという場合でも、1ヶ月で内定を取れる方法はあります。

それが就職支援への相談です。

就職支援=シングルマザーによって生じる”弊害”を解消してくれるので、スムーズな内定獲得が実現出来ます。

そこで今記事では、

◆シングルマザー=就職支援を利用すべき理由

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

シングルマザー=就職支援が良い理由

経歴の不利が解消される

シングルマザーだからといって、就活が不利になる事はありません。

ただ、「結婚している時はパートとして働いていた」、「専業主婦だった」という場合、その期間が丸々ブランク期間として捉えられるため、経歴に関しては不利になる恐れがあります。

企業側としても、既卒枠での就活=即戦力となる人材を求めています。

そのため、ブランク期間のある女性に対して、「仕事の出来る人材なのか」、「フルタイムで働けるのか」といったような疑問を抱きます。

つまり、離婚を機に再び正社員への就業を目指す場合は、入念な対策が必要となるのです。

例えば、ブランク期間に関しては面接で必ず聞かれます。

そして、受け答えの内容によって、「ブランク期間はあるけど信頼できる人材」と企業側に思わせなければなりません。

ただ、就職支援に相談をする事で、就活を熟知したプロのアドバイザーが、面接で聞かれるであろう質問に対しての”正しい答え”をレクチャーしてくれます。

なおかつ、企業側がうなる志望動機もレクチャーしてくれるので、内定獲得率がグッと高まるのです。

また、就職支援に求人を出している企業=その就職支援を信頼している企業となります。

前に人を採用した事があったり、考え方に共感したりと、就職支援と企業の間に強い信頼関係があるのです。

そのため、紹介人材に対しても、「信頼している〇〇からの紹介なら…」と採用されやすいのです。

少なくとも、書類選考で落とされる事はありません。それは多少のブランク期間があったり、シングルマザーだとしてもです。

希望条件に合う企業だけを紹介して貰える

例えば、子供が小さい場合、何かあった時にすぐに早退出来るような企業に就職したいはずです。

家事との両立もしなければいけないため、残業時間が少ない企業を狙いたいのも本音だと思います。

ただ、ハローワークにて就活した場合、そうした希望条件は鼻で笑われます。

「就職先を探している身分で何を言っているんだ」と言わんばかりの対応をされますし、保有している求人に関しても質の悪いものばかりです。

※ハローワーク=国営の行政機関なので企業側はタダで求人を掲載出来る。それゆえにブラック企業も多い。

ところが、就職支援の場合、希望条件に応じて求人を紹介してくれます。

就職支援は、企業側から支払われる紹介料を持って成り立っており、その紹介料=紹介人材が1年以上定着した場合に限り支払われます。

つまり、希望に合わない求人を紹介した所で、1円にもならないのです。

そのため、「子供のために残業時間が少ない企業が良い」、「育児手当が充実した所が良い」、「緊急時に早退等しやすい環境が良い」といったように、具体的な希望を伝えても、嫌な顔一つされません。

そして、その希望条件に見合った企業を紹介してくれます。

例えば、シングルマザー・子持ちの方が多い職場、月の残業時間を45h未満に設定している企業などを数千社の中からピックアップしてくれます。

就職支援の場合、担当者が直接職場を視察&社員とやり取りをしてから求人紹介を行っているので、その職場に子持ちの方が多いか、直近の残業時間の推移などを把握しています。

ですので、希望に見合った職場だけを紹介してくれるのです。

また、「未経験だけど事務職に就職したい!」といったように、未経験業種を狙う場合であっても、きちんと対応してくれます。

20代のシングルマザー=実は逆に印象が良い

上述の通り、就職支援を利用する事で、多くのメリットを享受出来ます。

また、就職支援に求人を出している企業=実はシングルマザーを”歓迎”しています。

「それはないでしょ…」と思うかも知れませんが、就職支援に求人を出している企業=将来性のある20代の若手人材を欲しています。つまり、経歴が優秀な方よりも、定着しうる可能性のある方を積極的に採用したいと考えています。

そして、シングルマザーの方に対しては、「子育てでお金が必要だから、ころころ職を変える可能性は低い」と感じています。

そのため、実はシングルマザー=定着してくれる可能性の高い人材として評価しているのです。

スポンサードサーチ

■まとめ

20代・シングルマザー=不利にならない就活方法について書いていきました。

上述の通り、正社員を目指すのであれば、就職支援への相談がベストです。

子育てと両立しやすい職場に絞って就活が出来ますし、未経験歓迎の求人も多数保有しているため、女性に人気の事務職も狙う事が出来ます。

中でも、「エージェントNeo」は、過去の採用者の面接レポートや企業側とのヒアリングを元に、事前に本番の質問を把握した状態で面接に臨めるとともに、付きっ切りで担当アドバイザーの方がサポートしてくれます。

そのため、面接で聞かれる質問に対して完璧な返しを持った状態で面接に臨めます。

そのうえ、未経験OKの求人を5,000社以上保有しているため、事務職からIT業まで、あらゆる業種の求人を保有しています。

当然ながら、担当者が直接職場を訪問しており、社内状況を詳しく把握した状態で求人紹介を行ってくれますし、希望に沿った提案もしてくれます。

つまり、既卒枠での正社員への就職に関して、一役買ってくれる就職支援と言えます。

実際に、2万人を超える就職実績を誇っている事からも、それが伺えるはずです。

ですので、これから就職を検討しているのであれば、相談してみる価値はあるかと思います。

自分が想像している以上に、就活をスムーズに終わらせられるはずです。

サポートの詳細はこちら↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【1ヶ月で内定取れます】20代・シングルマザー=不利にならない就活方法【正社員】
-, , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.