【就活に不利?】20代で離婚歴あり/シングルマザーでも1ヵ月で就職は可能?

【就活に不利?】20代で離婚歴あり/シングルマザーでも1ヵ月で就職は可能?

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

離婚を機に、正社員としての就職を考えているという20代女性の方の中には、「離婚歴って就活に不利になるの?」、「説明する義務ってある?」といったように、”離婚歴が就活の尾を引かないかが気になる”という方もいるかと思います。

また、離婚歴があるとともに、シングルマザーだという場合、スムーズな就職が出来るのかが不安と感じているのではないでしょうか。

今記事では、20代離婚歴あり、あるいはシングルマザーの就活について解説していきます。

スポンサードサーチ

20代で離婚歴あり/シングルマザー=就職に不利?

離婚歴が就活の不利に働くのか?

20代で離婚歴アリ、シングルマザーという経歴は、間違いなく”浮いた”存在となりますので、「就活に不利に働くのでは...」と不安に感じている方もいるかも知れません。

ただ、結論から言いますと、離婚歴がある/シングルマザーだからといって、就活が不利に働く事はありません。

しかしながら、結婚している間、正社員以外(専業主婦・パート・アルバイト等)だった場合、結婚期間=ブランク期間んだと判断されてしまうため、面接を担当する人事の方によっては、「ブランク期間が懸念材料...」と判断される可能性があるのは確かです。

そのため、離婚を機に、再就職を考えている方の場合、他の求職者以上に、面接対策をしておく必要はあります。

例えば、ブランク期間に関しては、どの業種の企業を受けたとしても、必ず質問が飛ぶはずです。

そういった必ず聞かれるであろう質問に対して、面接官が納得するような受け答えを、事前に整理しておく事で、離婚歴、シングルマザーであっても、容易に内定を勝ち取る事は可能だと言えます。

 

離婚歴/子持ちという申告は必要?

離婚歴や子持ちである事を申告する必要はあるのかに関しては、聞かれない限り申告する必要性はありません。

ただ、子持ちの方の場合、子供がいるという事を申告しておいた方が、子供の体調不良、行事等で休みを貰いやすくなるため、申告しておくべきだと言えます。

そして、前述したように、面接の受け答えさえしっかりしていれば、離婚歴があろうが子持ちであろうが、マイナス評価になる事はありませんので、自分の判断で申告するかしないかを決めてOKです。

離婚歴を理由に採用を見送った事が発覚した場合、企業側の評判の失墜+裁判を起こされたとなれば、高確率で敗訴となるため、不利にしかなりません。ですので、離婚歴や子持ちだからという理由で落とされる事はありません。

 

1ヵ月で就職が可能な理由

20代で離婚歴アリの方、20代でシングルマザーの方の場合、いわゆるマイノリティな経歴であるために、「就活が難航するのでは」と思ってしまう気持ちも分かります。

ただ、シングルマザーの場合、企業側からの評判は、意外と良いというのが実情です。

というのも、20代のシングルマザーの方の場合、生活を支えなければいけないため、他の若手人材よりも早期離職しない、長く働いてくれるはずと考える企業も多いためです。

そのため、ブランク期間の説明さえ事前に準備しておけば、1ヵ月ほどで内定獲得をするのも可能なのです。

そして、自己PR・志望動機の添削等に加えて、面接対策を徹底的にサポートしてくれる、既卒向けの就職支援を利用する事で、よりスムーズな就職成功に近づく事が出来ます。

中でも、私も再就職の際に利用した「エージェントNeoであれば、過去の採用者の面接レポートや企業側とのヒアリングを元に、事前に本番の質問を把握した状態で面接に臨めるとともに、付きっ切りで担当アドバイザーの方がサポートしてくれますので、自分が納得いくまで面接のロープレを行ってくれます。


就職支援の中でも、一人当たりにかけるサポート時間がダントツで長いです。

【公式】第二新卒エージェントneo

そのため、スムーズな就職が出来るのかが不安だと感じている20代の方であれば、相談してみる価値は大いにあると言えます。

 

スポンサードサーチ

まとめ

◆離婚歴が就活の不利に働くのか?

経歴で不利になる事はない。ただ、結婚期間中=ブランク期間と見る面接官はいるので、面接対策は必要

◆離婚歴/子持ちという申告は必要?

聞かれない限り申告の義務はない。

◆1ヵ月で就職が可能な理由

企業側の需要が意外とあるため。また、就職支援を利用する事で、1ヵ月での就職が容易。

上記のように、20代離婚歴アリ、20代シングルマザーであっても、自分が想像している以上に、再就職を果たすのは容易なのです。

どの企業も20代の社員を確保するのに躍起になっている就職市場の背景もさる事ながら、既卒向けの就職支援を利用できる(※30代になると年齢で断られる)ため、まずは行動してみるのが吉です。

そして、エージェントNeoのような、常にアドバイザーに相談が出来る就職支援であれば、不安点や疑問点を感じる度に、すぐに相談が出来るため、不安を感じる事なく内定獲得までたどり着けると言えます。

下記公式サイトにて、サポートの詳細&無料相談の申し込みが可能です。

無料相談を受けたからと言って、即サポート開始とはなりませんし、しつこい勧誘の電話・メールが来る事もありません。また、無料相談の段階で、いくつか保有求人を見る事が出来るため、どういった内容の求人を保有しているのかを確認したうえで、就活に利用するかを決める事が出来ます。

エージェントNeoの公式サイト↓
既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【就活に不利?】20代で離婚歴あり/シングルマザーでも1ヵ月で就職は可能?
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.