高卒フリーターでも1ヵ月で就職可能です!きつい就活を回避して優良企業を狙える就活方法!

高卒フリーターでも1ヵ月で就職可能です!きつい就活を回避して優良企業を狙える就活方法!

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

高卒フリーターという経歴から、正社員への就職を考えている方の中には、「どうせこんな学歴では内定が貰えない」、「大卒以上の求人にエントリー出来ない=良い企業がないのでは」、「就活がうまくいく気がしない」といったように、不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

確かに、高卒フリーターからの就活の場合、高卒という学歴に加えて、フリーターという経歴が足を引っ張る事になります。それに加えて、就活攻略のノウハウが頭に入っていないために、一般的には、なかなか内定を獲得する事が出来ません。

ネットを見てみても、10社以上受けて内定がいまだに貰えない、書類選考の段階で落ち続けているといったように、苦労している高卒の方も実際にいます。

そのため、個人でとりあえず就活を始めたとしても、「良いなと思った企業全てが大卒以上での募集だった…」「履歴書の書き方が分からない」、「志望動機ってどうやって書くの…」、「面接の受け答えが分からない」といったように、何度も壁にぶち当たる事となり、結果的に就職が遠のくと言えます。

ただ、そんなきつい就活を強いられやすい高卒フリーターであっても、就活の方法次第では、1ヶ月で希望条件を満たした職場に就職をする事が可能です。

20代限定の就活方法にはなりますが、既卒フリーター向けの就職支援を利用する事で、たとえ高卒フリーターという経歴であっても、きつい就活とは無縁かつ自分の希望に合った職場に就職が出来ます。

スポンサードサーチ

■高卒フリーター=就職支援を利用すべき訳

非公開求人メインに就活が出来る

既卒フリーター向けの就職支援は、直接企業と打ち合わせをして求人を頂いています。

そのため、総合求人サイトやハローワーク等で公開している求人と比べて、待遇が良かったり、細部まで社内環境や福利厚生などの情報が知れるといった利点があります。

これは、非公開求人と言われるものなのですが、非公開求人という名前だけを見ると、「ネット上に公開していない求人=怪しいのでは」と感じるかも知れません。ただ、ネット上に公開しないで、就職支援だけに求人を渡すのには理由があります。

◆求人内容を競合他社や外部にバレたくないため

※新規事業の立ち上げや別部門新設による人材補填目的の場合、求人を公開してしまう事で、会社動向が読まれてしまうため

◆求人サイトに掲載して応募を待つよりも、就職支援に渡した方が、求職者のエントリーが多いため

 

上記2つの理由がメインとなりますので、非公開だからといって怪しいという事はありません。

むしろ、上述したように、企業と直接やり取りをして求人を紹介しているため、就職支援側のアドバイザーの方も、その企業の内情を把握しています。

そのため、求人票に記載されている残業時間や福利厚生は本当なのか、社員はどういった方がいるのかなど、具体的な情報を得ながら、職場選びが出来る分、就職支援が紹介する非公開求人の方が、就職成功に繋がると言えます。

高卒でも応募できる求人が豊富

上記で書いた通り、非公開求人メインの就活となりますので、個人で就活をするよりも、質の高い求人の中から職場選びが可能です。

そのうえ、応募できる求人の数に関しても、「大卒以上の求人ばかり」、「高卒OKで検索をかけたら、一気に求人数が減った…」といった、高卒という学歴による不満を感じる事がありません。

というのも、既卒フリーター向けの就職支援の場合、保有求人の数が数千以上に及びます。

例えば、既卒フリーターの就職支援の中でも、実績豊富なエージェントNeoの場合、未経験OKの求人を5,000件以上保有していますし、内定獲得率80%を超えているウズキャリ既卒に関しても、未経験OK求人が1,500件もあります。

◆エージェントNeo…未経験OK求人5,000件以上

【フリーターが利用するべき就職支援】エージェントNeoのメリット3選!

◆ウズキャリ既卒…未経験OK求人1,500件以上

【口コミ10選】ウズキャリ既卒の評判は悪い?悪評ばかり?

上記2社に関しては、当然高卒であっても利用する事が可能ですし、全体の求人数から、高卒OKという条件で絞ったとしても、求人数が一桁二桁…という事態には陥り難いと言えます。

そのため、高卒であっても、希望する条件の職場が見つけやすいのです。

経歴に左右されずに就活が出来る

また、就職支援を利用する事で、高卒フリーターという経歴が足を引っ張る事なく、就活が可能です。

その理由としては、就職支援を利用して就活をしている方が、”既卒であり、経歴に何らかの傷がある”という事を理解したうえで、企業側も求人を出しているためです。

そのため、通常の就活であれば、高卒フリーターという時点で、「この人は地雷なのでは」、「だらしない人」といったように、マイナスイメージを持たれてしまいますが、就職支援を通じて就活する事で、「経歴はそこまで気にならない」、「過去よりもこれからを見ている」といった考えを持つ企業に絞って面接が出来るので、内定獲得がしやすいのです。

そのうえ、面接のロープレ、想定される質問に対しての答え方を、就活を熟知したプロのアドバイザーの方からアドバイスして貰えますので、万全な状態で面接に挑む事が出来るのも、就職支援の利点です。

 

・経歴を気にしない企業に絞って面接ができる

・納得いくまで面接練習をする事が出来る

・面接を受ける企業=その就職支援から、過去に採用した事のある企業が多いので印象が良い

 

上記の事から、高層フリーターという経歴に左右されずに就活が出来ると言えます。そのため、1ヶ月での就職も夢ではないのです。

「経歴に対してどう説明をすれば良いのか分からない...」、「毎回、面接で変な空気になる...」といった方であれば、一度相談をしてみるのが良いかと思いますし、個人で面接に臨むより、確実にきついと感じる事なく、複数社から内定が獲得出来ると言えます。

就職支援の場合、人材を採用したいと考える各企業ごとと直接やり取りをしている事もあり、一般求人サイトやハローワークでは取り扱っていないような非公開求人・独占求人を保有しています。

そのため、就職先の選択肢を広げる事が出来るとともに、非公開求人=通常の求人と比べて給与の良い企業の求人が多いので、自分が思っている以上の労働環境・待遇の職場に就職を果たす事も可能です。

スポンサードサーチ

■利用すべき就職支援

個人サポートの就職支援がベスト

上述したように、高卒フリーターの方であれば、就職支援の利用はマストと言っても過言ではありません。

とはいえ、就職支援の中でも、利用するのは辞めとくべき就職支援も存在します。

例えば、私自身最初の就職にてお世話になったジェイックの場合、学歴制限を設けていないので、誰でも利用する事が出来たとはいえ、結局のところ大卒優遇のシステムでした。

というのも、ジェイック=2人1組となって、集団面接会に参加をするという就活方法ですので、高卒の方が大卒の方とペアになってしまった場合、わかりやすい”学歴差”を痛感する事になってしまうのです。

そのため、ジェイックのような集団面接会ありき、大人数に一斉に就活サポートを行うような就職支援を利用したところで、就職支援のメリットを感じる事は出来ないと言えます。

ですので、高卒フリーターの方の場合、個人個人に専任のキャリアカウンセラーが付いてサポートをしてくれる個人サポート型の就職支援を利用すべきと言えます。

キャリアカウンセラーと一対一でのやり取りとなるため、自分の就職先に求める労働環境・待遇に沿って求人を紹介して貰える事もさる事ながら、自分の不安点を重点的にサポートしてくれるため、”ウィークポイント”を克服して就活をする事が出来ます。

例えば、面接が苦手な方であれば、面接対策をメインにサポートをする、自己PRや志望動機が思い浮かばない...という方であれば、書類作成のサポートに時間を割いてくれる、そもそもなりたい仕事がない...という方であれば、自己分析・適性診断を元としたヒアリングに時間を割いてくれるといったように、求職者の悩みに寄り添ったサポートを行ってくれるのです。

中でも、上記でも名前を出した、「エージェントNeo」は、私も再就職の際に利用しましたが、就職支援の中でもサポート時間の長さに定評がある(※平均10時間前後)ので、納得いくまで就活サポートを受ける事が可能です。

私自身、悩みが解決されるまで、とことんサポートしてくれましたし、自分の伝えた内容に合った企業を6社ほど紹介してもらいました。

おかげで、早期退職歴あり+ブランク期間半年という高卒フリーター以下の立場でありながら、すんなりと就職(※大手町のシステム会社)する事が出来たので、私よりも経歴が悪くない高卒フリーターの方であれば、1ヶ月での就職は容易だと言えます。

■まとめ

大卒や専門学校卒が当たり前となりつつある昨今、高卒の場合、就活が難航する可能性は避けられません。

そして、高卒不可の求人、大卒と高卒との給与の差を目の当たりにして、「大学に行っておけばよかった」と後悔している方もいるかと思います。

ただ、上述した通り、既卒向けの就職支援を利用する事で、約1ヵ月ほどで内定獲得が実現できるとともに、大卒者に負けず劣らずな待遇の求人に絞って、就活を展開する事が出来ますので、正社員としての就職を考えている高卒フリーターの方であれば、「既卒向けの就職支援」を利用しての就活をするのがベストなのです。

就活がきついのでは…という恐怖心から、正社員としての就職をあきらめ、そのままフリーター生活を送り続けてしまうと、もっときつい人生を歩まなければならなくなります。

そして、就職支援に相談の出来る20代であれば、想像以上にスムーズに内定獲得が出来ます。

30代フリーターとなれば、高確率で就職、結婚を諦めなければならなくなりますし、同級生と会った時に死にたくなるほどの惨めさを感じる事となります。それであれば、”まだ”人生を軌道修正出来る今に、就活を始めてみるべきです。

下記公式サイトにて、サポートの詳細確認および無料相談の申込が可能です。

無料相談を受けたからといって、必ず就職支援を受けなければならないという事もないので、まずは相談をしてみた感じを見て、就活に利用するかを判断してみるのが良いかと思います。

★エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-高卒フリーターでも1ヵ月で就職可能です!きつい就活を回避して優良企業を狙える就活方法!
-, , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.