高卒フリーターでも1ヵ月で就職可能です!きつい就活を回避して優良企業を狙える就活方法!

高卒フリーターでも1ヵ月で就職可能です!きつい就活を回避して優良企業を狙える就活方法!

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

正社員への就職を検討している方の中には、「高卒フリーターという経歴=良い企業に就職出来ないのでは」、「ブラック企業しか就職出来ない気がする…」といったように、就活に対する不安を感じている方もいるかと思います。

確かに、大学進学率が50%を超えている昨今、高卒は悪目立ちします。なおかつ、高校卒業と同時に正社員に就職したのではなく、フリーターとして生きてきたとなれば、尚更企業側から冷ややかな目で見られます。

極論ですが、『なぜ高校卒業と同時に正社員に就職しなかったのですか?』という企業側からの質問に対して、企業側が納得をする良い返事が出来ない限り、内定は取れません。

そのため、高卒フリーターという経歴=就活においては不利です。

とはいえ、そんな高卒フリーターであっても、”きつい就活”とは無縁かつ1ヶ月で就職出来る方法があります。それが、既卒者向けの就職支援への相談です。

今記事では、

高卒フリーター=就職支援への相談がベストな理由

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

高卒フリーター=就職支援への相談がベストな理由

選考が突破しやすい

就活において、やはり不安なのが「書類選考」と「面接」だと思います。

さっきも書いた通り、高卒フリーター=残念ながら良い経歴とは言えません。

求人応募者の中でも最低の経歴である可能性すらあります。

ただ、就職支援を利用する事で、そんな経歴であっても難なく選考を突破する事が出来ます。

1ヶ月で内定を取る事だって可能です。

◆企業側に推薦状を出してくれる

◆就職支援の”ブランド力”が使える

※過去にそこから人を採用した事のある企業が多いので”印象が良い”

◆面接企業=経歴に寛容である

 

上記の事から、高卒フリーターでも選考突破しやすいのです。

そもそも就職支援が紹介してくれる企業の多くは、”過去にもそこの就職支援から人を採用した事がある企業”です。

つまり、紹介してもらった先輩社員が活躍した事で”二匹目のどじょう”を狙っているのです。

そのため、そこの就職支援の紹介人材に対して、「能力のある人を紹介してくれる」、「ウチに合う人を紹介してくれる」といったように好印象を抱いています。

このように、就職支援のブランド力、実績をフル活用出来るのです。

また、就職支援=フリーター、ニート、第二新卒者といった経歴に傷がある人が利用するところです。

その事を理解したうえで、企業側は求人を出しています。

要するに、「経歴が悪くとも、良い人材だと思えば採用する意志がある」企業が集っているのです。

ですので、通常門前払いされるような経歴(書類選考で落とされる)であっても、内定を狙えるのです。

面接の模範解答が知れる

最初に書いた通り、高卒フリーターが内定を獲得するためには、『なぜ高校卒業と同時に正社員に就職しなかったのですか?』という問いかけに対して、良い返事をしなければなりません。

そのほかにも、”志望動機”や”あなたの経験がウチでどう活かせると思うか”といった点は、面接で必ず聞かれます。

就活をするのは初めて、ほとんど就活をした事がない状態で、全ての問いかけに対して100点の返事が出来るはずがありません。

そもそもどう答えるのが正解かも分からないかと思います。

弱点の分からないボスに対して、攻略サイトなしで挑み続けるようなものです。

それは非常に効率が悪いですし、精神的にもきついと感じるはずです。

とはいえ、就職支援の場合、フリーターからの就活を熟知したプロのアドバイザーが面接対策のサポートを行ってくれます。

当然、『なぜ高校卒業と同時に正社員に就職しなかったのですか?』という問いかけに対する模範解答、志望動機の説明方法などをレクチャーしてくれます。

高卒フリーターの場合、就活や資格取得といった事はせずに、ひたすらアルバイトに打ち込んでいた方が大半だと思います。

そういう方の例文としては、

これまで自分が目指したいと思える業界が見つからず、就活をせずにアルバイトに打ち込んでいました。

ただ、このままではダメだと反省をして、今回自分が目指したいと思える〇〇業界の企業へのを就職を目指し就活を始めました。

 

このように、就活をして来なかった反省と現在は本気で就活に取り組んでいるという事を伝えるのが大切です。

これは、私自身フリーターからの就活の時に、就職支援で教わった事です。

高卒OKの求人が多い

就職支援は、高卒可の求人も多数保有しています。

実際にハローワークで就活をしてみると分かりますが、「大卒(短大卒)以上」、「大卒・専門卒以上」という求人が大半であり、高卒可の求人は限られています。

その中から、自分の良いと思える企業を探すのは至難の技です。

就職支援の場合、「高卒OKの求人の中で良いと思える企業がない…」という問題に頭を悩ませる事はありません。

保有求人数=数千件以上であるとともに、企業との直接やり取りで求人を貰っているので、担当者が細部まで労働環境を把握しています。

その話を聞いたうえで、就職先を決められるので、納得出来る職場に絞って就活が出来ます。

例えば、既卒フリーターの就職支援の中でも、実績豊富なエージェントNeoの場合、高卒・未経験OKの求人を5,000件以上保有していますし、内定獲得率80%を超えているウズキャリ既卒に関しても、高卒・未経験OK求人が1,500件もあります。

エージェントNeo

→高卒・未経験OK求人5,000件以上



◆ウズキャリ既卒

→高卒・未経験OK求人1,500件以上


そのうえ、この2社は、担当者が直接社内を視察→ブラック企業でない事を確認したうえで求人を紹介します。

つまり、違法な長時間労働を強いる企業を回避出来るとともに、具体的な残業時間、福利厚生、社員の年齢層など、求人票に記載されていない情報まで教えてもらえます。

そのため、高卒フリーターであっても、労働環境の悪い企業への就職を回避出来るのです。

スポンサードサーチ

■まとめ

”大学卒業が当たり前”の昨今において、高卒+フリーターという経歴は、どうしても企業側から懐疑的な目で見られます。

個人で就活を始めたとしても、書類選考の段階で「この人は採用して大丈夫なのか」、「大卒の人からも応募が来てたし高卒のこの子は落とそう」といったように経歴が不利になりきつい就活を余儀なくされます。

そのため、理不尽な経歴差別を受けないためにも、就職支援を通じて就活をするのが吉なのです。

既卒フリーター向けの就職支援の場合、”過去”の経歴よりも”今”の出来を評価します。

つまり、面接において、志望動機や自己PRで熱意を伝える事、企業側の質問に良い返事をする事で、経歴が悪くとも内定は取れます。

そして、サポートしてくれるアドバイザーは、本番の面接であなたが100%の力を発揮出来るように、何時間でも面接対策に付き合ってくれます。

また、就職先の質に関しても、断然ハローワーク<就職支援です。

担当者が直接社内を確認しているとともに、伝えた条件に合う企業のみを厳選してくれるので、就職した後に「こんなはずじゃなかった…」と感じる事はまずありえません。

もしも、「ブラック企業しか就職出来ない気がする…」、「面接が怖い」といったように、就活に対する不安を少しでも感じているのであれば、まずは実際に相談をしてみるのが良いかと思います。

そのままフリーター生活をずるずる続けていたとしても、今よりもきつい現実に直面するだけです。

仮に、30代フリーターともなれば、高確率で就職、結婚を諦めなければならなくなります。

同級生と会った時に死にたくなるほどの惨めさを感じる事となります。

それが嫌だというのであれば、就職支援に相談が出来る20代のうちに、人生の軌道修正を図るべきです。

そして、実際に就職支援に相談してみると分かりますが、想像以上にスムーズに内定獲得が出来ます。

私もフリーターからの就活だったにも関わらず、6社中3社から内定が取れ、1ヶ月で就職先が決まりました。

また、上で挙げたエージェントNeoにしろ、ウズキャリ既卒にしろ、無料相談を随時実施しており、無料相談=即就活サポート開始という訳ではありません。

無料相談を受けたうえで就活のサポートをしてもらうか、やっぱり自分で就活をするかを判断出来ます。

そのため、就職支援の無料相談を受けるところから、就活を始めてみてはいかがでしょうか!。

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-高卒フリーターでも1ヵ月で就職可能です!きつい就活を回避して優良企業を狙える就活方法!
-, , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.