運転免許なしが就活に不利だと言える2つの理由。【フリーター⇒正社員の場合特に不利です】

運転免許なしが就活に不利だと言える2つの理由。【フリーター⇒正社員の場合特に不利です】

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

フリーター(ニート)から正社員への就職を検討している方の中には、「運転免許を持っていない」という方もいるかと思います。

そして、そういった方の場合、「免許なし=就活に悪影響を及ぼすの?」と疑問に感じているのではないでしょうか。

交通の便が発達した都会住んでいるのであれば、免許を取らなくとも生活が可能です。

そのうえ、免許の取得におよそ30万円ほど費用が掛かりますので、「使う理由のないものにそんな大金を払うのはなあ…」といったように、これまで取得する気にならなかった方も多いとは思います。

ただ、実際に免許なし+フリーターの状態で就活をした身としては、運転免許なしでの就活=不利だと言えます。

今記事では、

◆運転免許なしでの就活が不利な理由

◆免許なしの方に最適な就活方法

 

上記2つの事を、経験談を交えつつ書いていきます。

スポンサードサーチ

■運転免許なしでの就活が不利な理由

応募出来る求人が少なくなる

運転免許なしだという場合、「要 普通自動車運転免許」、「要普通自動車運転免許※AT可」と求人に記載されているものに関しては、免許を持っていないという理由だけで、求人に応募する事が出来ません。

そして、就活市場においては、要普通自動車運転免許と記載されている求人の方が多いので、運転免許なしの方=応募出来る求人が極端に少なくなってしまうのです。

事実、私自身、20社と一度に面接の出来る集団面接会に参加をして、就活をしたのですが、その中で免許なしでもOKだった求人はたったの8件しかありませんでした。※免許不要の求人のほとんどがIT・技術職でした。

「大都市の企業であれば、免許なしでも仕事は出来るのでは」と感じるかも知れませんが、交通の便が発達した大都市での仕事であっても、客先が地方であったり、出張やルート営業を車で回るなど、免許が必要な瞬間は必ずあります。

そのため、大都市の企業であっても、「要 普通自動車運転免許」、「要普通自動車運転免許※AT可」と求人に記載しているところが多いのです。

免許なし=イメージが悪い

年々、免許を取らない人が増えてきているとはいえ、いまだに免.許を持っていない人よりも、免許を持っている人の方が多く、企業側も「求職者=当然ながら免許を持っている」という認識を持っています。

そのため、履歴書に普通自動車運転免許と書かれていない場合、「免許持ってないの?」と必ず聞かれます。

中には、「免許を持っていない=仕事で運転を要する場合、使い物にならない」、「免許なしでもOKとは書いているけど、地方出張の時に面倒…」といったように、免許なしがもたらす仕事への影響を考えてしまう採用担当者もいます。

また、他の求職者が当然のように、取得しているものを取得していないという事で、あなたの能力に疑問符をつけられる事も無きにしも非ずなので、免許を持っていない=総じて採用担当者からのイメージが悪いです。

ですので、免許なし=就活においては、非常に不利なのです。

スポンサードサーチ

■免許なしの方に最適な就活方法

就職支援への相談

上述したように、免許を持っていない状態で就活をした場合、「求人の選択肢が狭まる」、「採用担当者からのイメージが悪い」この2つの点において頭を悩ます事になります。

そのうえ、既卒フリーター(ニート)という経歴の悪さも上乗せされますので、内定獲得は一筋縄ではいかないのが現状です。

とはいえ、免許を持っていないからといって、必ずしも就活が窮地に立たされるという事もありません。

例えば、就職支援に相談をする事で、自分の要望にマッチした求人を紹介して貰える&既卒フリーター(ニート)でも内定の取れる就活術をアドバイスして貰えるため、運転免許を持っていない場合であっても、就活が不利になる事はありません。

担当のアドバイザーに「免許を持っていない」という主旨を伝える事で、免許不要の求人を厳選してくれますし、「職種は〇〇が良いなと思っている」、「出来れば土日休みで…」等々、自分が働きたいと思う労働環境も同時に伝える事で、それに応じた求人のみを紹介して貰えます。

また、既卒フリーター(ニート)の就職支援の場合、数万件ほどの求人を保有しているだけでなく、求人サイトや職安に公開されていない非公開求人も多数保有しているため、たとえ条件を細かく絞ったとしても、免許不要の求人のみしか応募出来ないにしても、求人の選択肢が少ないと不満に感じる事はないと言えます。

実績のある就職支援への相談=メリットが多い

そして、これまでの就職成功者の人数、やり取りをしている企業が多いといったように、実績のある就職支援に相談をする事によって、多くのメリットを享受出来ます。

当然ながら、やり取りをしている企業が多い=保有求人数が多いという事ですので、求人の選択肢が広がります。

そのうえ、先ほど書いたように、免許なしの方=たとえ、免許不要の求人に応募をしたとしても、採用担当者からのイメージが悪いのですが、実績のある就職支援を通じて就活をする事で、悪いイメージを払拭する事も可能です。

というのも、実績のある就職支援=採用担当者も「名前を聞いた事がある」、「良い人材を紹介してくれる」、「前に採用した人が、今も社員として頑張ってくれている」といったように、好印象を持ってくれています。

そのため、総じてイメージの悪い”免許なし人材”であっても、「あそこからの紹介人材なら、面接をしてみる価値がある」、「採用に値する」といったように、書類選考の通過率、内定獲得率に好影響をもたらしてくれるのです。

中でも、「エージェントNeo」は、私自身再就職の際に、就職成功した(2社に1社のペースで内定が貰えました)という事もあるのですが、フリーター(ニート)を対象とした就職支援の中でも、ダントツの実績となっています。

そのうえ、求職者の要望に応じた求人厳選&劣悪な職場を紹介しないという事を徹底していますので、就職成功に効果的です。

【フリーターが利用するべき就職支援】エージェントNeoのメリット3選!

無料で相談が可能なので、相談してみる価値は大いにあると言えます。

■まとめ

免許なしの方が就活で不利になる理由と、最適な就活方法について書いていきました。

一番は、就職前に免許を取得するのがベストなのですが、約30万円の費用+免許取得までに2ヶ月ほどかかるという点を踏まえると、就活のためにこれから免許を取るのは難しいと感じる方も多いはずです。

それであるならば、免許なしであっても、不利にならない就活法を実践するのは、現実的な解決策と言えます。

そして、就職支援の場合、内定獲得までの全てのサポートを無料で受ける事が出来る&1,2ヶ月ほどで就職が出来るので、これから就職を目指している方にとっては、相談しておいて損のないサービスです。

下記公式サイトにて、サポート内容の確認および無料相談への申込が可能です。

学校卒業後のフリーター・ニート期間は、全て空白期間と見なされ、それが長いほど就活に苦労します。そのため、就職しないとな…と思った時に、行動するのがベストです。

そして、就職支援であれば、担当のアドバイザーの方が常にサポートをしてくれますので、1人で就活をするよりも、不安を感じずに就活が出来ます。もしも、就活に対して悩みや恐怖心を抱えているという方であれば、「相談して良かった」と思えるはずです。

★エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-運転免許なしが就活に不利だと言える2つの理由。【フリーター⇒正社員の場合特に不利です】
-, , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.