大学中退者が1ヶ月で内定を取りたければ就職支援を利用するべき理由

大学中退者が1ヶ月で内定を取りたければ就職支援を利用するべき理由

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

大学を中退→就職活動を始めるという方の中には、「中退歴が不利になるのでは」、「面接でどう説明して良いか分からない」といったように、就活に関する不安を感じているかと思います。

結論から言いますと、中退歴は不利でしかありません。

なおかつ、大学中退=立場上、高卒になるものの、高卒よりも下に見る企業が大多数を占めます。

というのも、「一度決めた事(大学を卒業する)を途中で投げ出す奴」という印象を企業側は抱きますので、面接で上手く自分をアピール出来ない限りは、内定はもらえません。

ましてや、就活の経験がないとなると、より内定獲得は難しいです。

ただ、就活方法の中でも、第二新卒、既卒者向けの就職支援に相談をする事で、中退歴が悪影響を及ぼす就活とおさらば出来ます。

少なくとも、個人でやみくもに就活をするよりも、スムーズな就活&優良企業が狙えます。

今記事では、

◆大学中退者=就職支援を利用するべき理由

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

就職支援を利用するべき理由

面接官からの評価が違う

冒頭でも書いたように、面接官が抱く大学中退者への印象は最悪です。

社会人となれば、投げられた仕事は絶対にやり遂げなければなりません。

それにも関わらず、大学卒業という”やらなければならない”タスクを途中で放棄(中退)した人材なんて採用する価値なしと考えるのです。

そのため、高卒以下にみられます。その評価を覆さなければならないのです。

とはいえ、就職支援を利用する事で、面接官からの評価を変える事が可能です。

というのも、就職支援の”ネームバリュー”を利用出来るためです。

就職支援が紹介する企業の大半が、既にそこの就職支援とお付き合いのある企業です。

以前に人を採用した事があったり、主宰する就活イベントに参加経験があったりする企業です。

つまり、その就職支援の事を深く信頼しているがゆえに、求人を出しているという事です。

ですので、「良い人材を供給してくれる〇〇からの紹介なら面接してみる価値がある」、「確かに中退歴はあるけど、担当者からの話を聞いてみたら、採用する価値がありそう」といったように、たとえ中退歴があろうとも、信頼している就職支援が紹介する人材=能力や人柄が優れた人材と見てくれるのです。

少なくとも、就職支援を通じて就活をする事で、書類選考で落とされるという事は無くなります。

若手人材を”求める”企業に絞って就活可

また、第二新卒・既卒者を対象とした就職支援=原則20代のみがサポートを受けられます。

そして、その事を企業側も理解しています。

そのため、必然的に若手人材を欲している企業に絞って就活が出来るのです。

大学中退者となると、企業側の求める人物像に合わないケースが多々あります。

例えば、新卒採用=大学卒業者を求めていますし、中途採用=社会人経験のある即戦力を採用したがります。

このように、社会人経験もなければ、学歴も宜しくない中退者=企業側のニーズに合わず、内定が取りづらいのですが、就職支援を活用する事で、その状況も改善されます。

先ほど書いた通り、若手人材を欲している企業に絞って就活が出来るためです。

そうした企業=自社で一人前の社会人になってくれれれば良い、育成枠での採用を考えているので、若くて将来背のある20代の採用に前のめりです。

それはたとえ、中退歴があったとしてもです。

就活のコツを伝授して貰える

就活=”攻略法”を叩き込むのが何より大切です。

コツさえ抑えればニートでも内定が取れると言われている事からもそれは伺えるかと思います。

そして、就職支援に相談をする事で、これまで何名もの既卒者の就活を成功に導いてきた就活の”プロ”から攻略法をレクチャーして貰えます。

例えば、大学中退者であれば、「なぜ中退してしまったのか」と面接で必ず聞かれます。

これに対して、企業側が納得する受け答えが出来なければその時点で、お祈りメール確定です。

ただ、そうした絶対に聞かれる質問に対して、企業側が求めている模範解答を教えてもらえます。

また、企業側が”うなる”志望動機や自己PRの書き方、粗相のない面接をするコツ、採用したい!と思わせる逆質問例など、内定を取るのに必要な情報を全て伝授してくれます。

そのため、中退歴が足を引っ張る事なく、短期間で内定が取れるのです。

事実、就職支援を通じて就活した方=1ヶ月で就職先が決まったという方がもっとも多いです。

【例文あり】フリーター⇒正社員 の好印象な自己PRの書き方!ポイントは〇〇?【自己PR・志望動機が書けない方必見!】

【例文あり】フリーター⇒正社員 の好印象な自己PRの書き方!ポイントは〇〇?

スポンサードサーチ

■まとめ

大学中退から正社員への就職をする場合、

・面接への恐怖心

・就職先のレベル

※ブラック企業しかないのでは…、満足いく企業はないのでは…等

 

この2つの点が悩みの種だと思います。

ただ、就職支援を通じて就活をする事で、上記2つの問題は解消されます。

先ほども書いた通り、面接で必ず聞かれる質問に対する模範解答をレクチャーして貰えますし、企業側が「この人採用したい!」と思える逆質問の極意も教わる事が出来ます。

そのうえ、面接を受ける企業=中退歴という経歴をネガティヴに捉えていない企業が相手です。

そのため、内定が獲得しやすい環境下での就活を展開可能なのです。

そして、就職先のレベルに関しても、就職支援は一役買ってくれます。

例えば、私も利用した経験のある、第二新卒・既卒者を対象とした就職支援の「エージェントNeo」は、離職率の高い職場、労働条件が悪い職場といったブラック企業を排除した求人紹介を徹底しています。

◆5,000社以上の求人を保有

◆利用満足度3冠受賞

◆面接対策満足度No1

◆要望に応じた求人紹介

◆2社に1社のペースで内定獲得可

 

実際に、私自身、既卒二年目+早期離職という、大学中退よりもひどい経歴の中相談をしましたが、希望条件に合致した企業しか紹介されませんでしたし、就職した職場も労基法違反とは無縁の職場(大手町の某IT企業)でした。

そのため、エージェントNeo=優良企業及び、納得のいく労働環境・待遇の職場に絞って就活が出来るのです。

【体験談】実際に第二新卒エージェントNeoから紹介された求人まとめ!【紹介企業の質は高い】

「就活が不安」、「中退歴が不利になるのではと心配」、「ブラック企業にだけは就職したくない」といったように、就活に関する不安が少しでもあるのであれば、相談してみる価値があるはずです。

人間は、見えない物に対して恐怖や不安を覚えます。そもそも就活の経験がない”見えていない”状態で頭を働かせたところで、不安しか出てこないはずです。

それよりも、就活を生業にしているプロのアドバイザーに相談をした方が、景色は広がります。

そして、実際に就活の話を聞いてみると、想像以上に楽に感じるはずです。

下記公式サイトにて、サポートの詳細、利用者の口コミを見れます。無料相談についても確認可能です。

実際に目を通してみたうえで、就活に利用するかを判断してみるのが良いかと思います。

★エージェントNeoの公式サイト★

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-大学中退者が1ヶ月で内定を取りたければ就職支援を利用するべき理由
-, , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.