大学多留年(2留以上)歴でも1ヵ月で内定獲得できるたった一つの就活方法!

大学多留年(2留以上)歴でも1ヵ月で内定獲得できるたった一つの就活方法!

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

大学を多留年(※2留以上)した方であれば、「多留年歴によって、内定なんて取れないのでは」、「面接でどう見られるのかは想像がつくので就活から逃げたい」といったように、就活・就職に関しての不安を感じているはずです。

それもそのはず、学校を4年で卒業→新卒入社をするのが一般的ですし、留年歴が複数年ともなれば、企業側は、「この人を採用して本当に大丈夫なのか」と不信感を抱いてしまいます。

仮に、留年歴が1年であれば、まだ”留学していた”という言い訳が通用しますが、複数年ともなれば、自堕落が原因というのは明白です。

そのため、自分が想像している通り、2留年以上している多留年者=就活が不利であり、10社以上受けても内定が貰えないという事も大いにあり得るのです。

ただ、だからと言って、多留年歴がある=就職を諦めるしか無いという事もありません。就活の方法次第では、どんなに経歴が悪くとも、1ヶ月で内定を獲得する事も可能です。

そこで、今記事では「2留以上の多留年歴者の最適な就活法」について書いていきます。

「多留年歴によって、内定なんて取れないのでは」、「面接でどう見られるのかは想像がつくので就活から逃げたい」といったように、就活・就職に関しての不安を感じている方は、参考にして見てください。

スポンサードサーチ

■多留年者でも1ヶ月で内定獲得出来る方法

就職支援への相談

結論から言いますと、2留以上の留年歴がある場合、就職支援への相談はマストと言えます。

これは、エントリーを考えている求人が新卒採用であっても、既卒枠での中途採用であっても言える事です。

就職支援に相談をする事で、ありとあらゆる就活のサポートを受けられますし、要望に対応した求人厳選も行ってくれます。そのため、スピーディーかつ失敗のしない就活をする事が出来るのです。

また、就職成功に重要な要素である、「第三者の意見を取り入れる」事が出来るのも、就職支援の利点です。

例えば、「自分はどういった仕事が向いているのか」、「就きたい仕事が分からない」、「求人の見方がイマイチ分からない」といったように、就活に対しての疑問点がある方の場合、自分だけの考えでやみくもに就職をしてしまうと失敗に終わる可能性が高いです。

ただ、第三者の意見を取り入れたり、相談をする事で、自分の視点では考えられなかった思考や、就職先を選ぶコツなどを知れますし、人に相談をする事で頭が整理され、冷静な判断が可能になります。ですので、就職が成功しやすいのです。

確かに、親・既に働き始めている友人・大学の教授等々、就活を経験したことのある方に相談をするのもアリですが、就職支援の場合、何百、何千名もの求職者を就職に導いた、アドバイザーの方に相談や意見を貰う事が出来るので、相談相手としては、もっとも最適だと思います。

そのため、就活への不安がある場合は、相談すべきだと思います。

スポンサードサーチ

就職支援=1ヶ月で内定獲得出来る理由

企業側からの印象が良い

中には、「経歴が経歴だし、1ヶ月で内定なんて取れないのでは」と懐疑的に感じる方もいるはずです。

ただ、実績豊富な就職支援の場合、すでに業界内で”良い求職者を紹介してくれる”と周知されている事もあり、経歴が悪くとも、企業側からの印象が良いのです。

そのうえ、就職支援が保有している求人の多くが、過去にそこから人を採用した事のある企業となっていますので、「〇〇からの紹介人材=採用価値のある人」というイメージを強く持っています。

そのため、1人で就活を進めるよりも、書類選考も容易に通過できて、面接でもスムーズに内定獲得がしやすいのです。

事実、私自身、多留年ではないのですが、1年の留年歴+フリーター+1年半の早期退職歴という三重苦の経歴の際に、就職支援を利用しましたが、相談開始から2ヶ月経たずに6社中3社から内定→就職をする事が出来ました。

「就職支援から採用した先輩もよく働いてくれている」、「期待しているよ」と優しい言葉を言ってくれる企業もあったので、非常に面接がしやすかったです。

多留年からの就活とは、確かにケースが異なるとはいえ、多留年歴以上に悪い経歴であったにも関わらず、スムーズに就職する事が出来たので、経歴に不安があるのであれば、相談価値ありと個人的には思います。

ポイントを抑えた面接対策

また、上述した通り、ありとあらゆる就活のサポートを受ける事が出来ます。

納得がいくまで面接対策を受ける事もできれば、想定される質問に対する答えをアドバイスして貰う事も可能です。

多留年歴ありという方の場合、「なぜ留年をしたのか」という質問は、必ずと言っていいほど投げかけれます。

そして、その質問に対して、企業側が納得のする答えを出さない限り、「この人は、だらしない」、「採用に値しない」というイメージを覆す事は不可能です。

留学や病気、家庭の事情等といった、やむを得ない理由であれば、正直にその旨を伝える事で、留年の悪いイメージを払拭する事は可能ですが、「大学に行くのがめんどくさかった」、「バイトや趣味に没頭していた」、「単位が足りなかった」といった”自堕落”な理由で留年をした場合は、きちんと対策を練って、面接に臨まない限りは、一向に内定が取れないといっても過言ではありません。

ましてや、留年年数だけで、自堕落な理由で留年したと思われてしまう多留年者の場合、尚更受け答えは重要となります。

ただ、「なぜ何度も留年してしまったのか」、「1度目の留年で就職という道に切り替えなかったのはなぜ?」といったように、学歴に関しての説明をきちんと煮詰める事、そして、面接時のマナ―、好印象に捉えられるプレゼン方法といったノウハウを蓄積する事、就職支援に相談する事で、面接突破の重要な要素である、上記2つの事を学ぶべます。

そのため、多留年歴アリと経歴が悪くとも、1ヶ月で内定が取れるのです。

■まとめ

多留年歴アリという方であっても1ヶ月で内定獲得出来る就活法を書いていきました。

やはり、1人で就活をしたとしても、その経歴の悪さから、「受けても受けても落ちる」、「人格否定のような言葉を投げかけられた」、「就職は出来たものの馬車馬労働のブラック社畜...」といったように、様々な問題が発生する可能性は高いです。

そして、『就職=今後の人生を左右する一番のライフイベント』です。

それであるならば、スピーディーかつ質の高い就活を実践できる就職支援に相談をしておくべきだと言えます。

中でも、求職者それぞれに専属アドバイザーが付いてくれる「エージェントNeo」であれば、ブラック企業を徹底的に排除して求人紹介を行っている(※担当者が紹介企業に直接訪問をして社内視察を行っている)ので、就職した後に後悔する事もありません。

【フリーターが利用するべき就職支援】エージェントNeoのメリット3選!

また、20代であれば無料で内定獲得までのサポートを受ける事が出来るので、「多留年歴によって、内定なんて取れないのでは」、「面接でどう見られるのかは想像がつくので就活から逃げたい」といったように、就活・就職に関しての不安を感じているであれば、相談してみて損はないと言えます。

確かに、就活に関して恐怖心を感じる気持ちも分かります。

1年留年した時の、「レールから逸れた不安感」は、私も来るものがありました。

ただ、ネガティブになった所で、状況は何一つ変わりませんし、むしろ悪くなる一方です。それは、自分自身既に理解しているはずです。

それであるならば、専属のアドバイザーに悩み相談およびサポートを受けつつ就活のできる就職支援に相談すべきです。

下記公式サイトより、詳しいサポート内容の説明&無料相談申し込みが可能です。

★エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-大学多留年(2留以上)歴でも1ヵ月で内定獲得できるたった一つの就活方法!
-, , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.