【夜勤を辞めたい人】新卒で入社した会社を辞めてもすぐに再就職は簡単です【辛いなら辞めるのもあり】

【夜勤を辞めたい人】新卒入社した会社を辞めてもすぐに再就職は簡単です【辛いなら辞めるのもあり】

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

夜勤で働く企業に新卒入社した方の中には、「想像以上にしんどくて既に辞めたい」、「毎日辞めたいと思っている」といったように、入社を後悔している方もいるのではないでしょうか。

夜勤は体に様々な異常を起こします。日中ボーッとする事が増える、痩せにくくなる、うつ病になりやすい、休みは寝て過ごす事が増えるなど、百害あって一利なしといっても過言ではないのが夜勤です。

とはいえ、辞めたいと思っていても「再就職出来るのか…」という不安からなかなか辞めれずにいるかと思います。

確かに、3年以内の退職=褒められた行為ではありません。就活においても、面接で突っ込まれるポイントです。

そのため、「今辞めても良い企業に就職出来ないのでは…」と感じる気持ちは分かります。

ただ、新卒で入社した会社をすぐに辞めたとしても、優良企業に再就職をするのは簡単です。

人によっては、翌月には新しい職場を決める事も可能です。

今記事では、

◆新卒で入社した会社を辞めたい人の就活方法

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

新卒で入社した会社を辞めたい人の就活方法

第二新卒枠が使える!

新卒入社した会社をすぐに辞めた場合、第二新卒枠での就活をする事になります。

ただ、第二新卒枠=優良企業も多いです。

大手企業への入社こそ出来ませんが、満足のいく給与、労働環境の企業に就職を果たす事は出来ます。

何より、辛い夜勤から開放されます。

企業側は、いつの時代も将来性豊かな若手人材を採用したがります。

そのため、たとえ新卒入社した会社を3年以内に退職してしまったとしても、”市場価値”が著しく下がる事はないのです。

企業側も1度の失敗くらい”若気の至り”と感じて、特に気にかけません。新卒での失敗なら尚更です。

詰まるところ、面接において、短期間で退職をしてしまった事についての反省をきちんと話せば、面接は容易に突破出来ます。

それが第二新卒枠での就活なのです。

【例文あり】前職の在職期間が短い場合の退職理由の最適な伝え方とは【20代の就活】

【例文あり】前職の在職期間が短い場合の退職理由の最適な伝え方とは

就職支援の利用=1ヶ月で転職可能

また、第二新卒枠での就活の場合、第二新卒者向けの就職支援を活用した就活が出来ます。

そして、この方法は最短ルートで優良企業が狙える方法と言えます。

◆希望条件に合わせた求人紹介

◆ブラック企業を排除した求人紹介の徹底

◆履歴書、自己PR、志望動機の作成、面接対策といったサポートあり

 

新卒で入社した会社を3年以内に退職した場合、面接において「なぜ前職をすぐに辞めたのですか」と必ず聞かれます。

そして、それに対して企業側が納得する回答が出来れば、その経歴が不利に働く事はありません。逆に、うまく答えられなければ、内定は取れません。

ただ、第二新卒者向けの就職支援を活用する事で、その質問に対する模範回答をレクチャーしてくれます。

これまでに何百何千名もの第二新卒者・既卒者の就活をアシストして来たプロのアドバイザーが、回答例を提示してくれるので、自分で考えた”答え”よりも、確実に企業側に良い印象をもたれるはずです。

そのうえ、希望条件に合わせた求人紹介を徹底しています。「夜勤が辛くて転職を考えた」と話せば、しんどい夜勤業務を要する企業を除外してくれますし、年収や休日日数なども伝えた内容通りの求人のみを厳選してくれます。

例えば、【第二新卒エージェントneo】の場合、希望条件に合わせた求人紹介もちろん、ブラック企業を排除した求人紹介も徹底しています。

担当者が職場を監査→労働環境に問題がない事をチェックしたうえで、求人を紹介してくれるので、労基法に違反するような重労働の職場に就職する事はありません。

「新卒入社を失敗すると、良い企業に就職する事は出来ない」といった書き込みがネット上にありますが、そんな事はありません。こうした就職支援を活用する事で、満足のいく給与、労働環境の職場に就職をする事は出来ます。

ましてや、企業側からのニーズも高い第二新卒枠であれば、尚更です。

スポンサードサーチ

■まとめ

辞めたい仕事をし続けたところで、うつ病を患うのがオチです。

生活リズムが”特殊”な夜勤であれば、よりメンタル面に異常をきたす可能性が出てきます。

一度メンタルを壊してしまうと、取り返しがつかなくなるので、辞めたい…と感じているのであれば、転職活動に目を向けるのが吉です。

上でも書いたように、新卒で入社した会社を辞めるのであれば、短期離職歴が不利になる事はありません。

若手人際を欲しがる企業がほとんどなうえ、「一度就職を失敗しており、もう後がないので、今回は時間をかけて企業選びをした」という事をアピール出来れば、その本気度に企業側は惚れ込みます。

そのため、想像以上にすぐに転職は可能です。

もしも、「就活がうまくいくか不安」、「良い企業に就職出来るのか不安」といったように、面接や企業選びに不安を感じているのであれば、第二新卒エージェントNeoのような就職支援に相談をしてみる事で、その不安は解消されます。

何より、行動しない事には、一生辞めたい…と言い続ける日々で精神をすり減らすだけです。

なので、実際に相談をしてみて、転職活動のお世話になるか、個人で転職活動を進めるか、今後の転職活動の方向性を決めるのが良いかと思います。

◆エージェントNeoのサポート内容についてはこちら↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【夜勤を辞めたい人】新卒で入社した会社を辞めてもすぐに再就職は簡単です【辛いなら辞めるのもあり】
-, , , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.