JAIC(ジェイック)=面接会だけを辞退する事は可能!しかし…

JAIC(ジェイック)=面接会だけを辞退する事は可能!しかし…

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後に、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。※これまでに3度の就職&3社の就職支援の利用歴アリ。

フリーターからの就職を成功させたいという思いから、既卒向けの就職支援であるJAIC(ジェイック)の利用を考えている方もいるかと思います。

10日間の就職カレッジには参加をしなければいけませんが、研修を受ける事で、履歴書・職務経歴書での審査を免れる事が出来る+複数社と即面接が出来るため、経歴に足を引っ張られる事なく、就活を進める事が出来るのは、ジェイックの魅力の一つだと言えます。

しかしながら、ジェイックの利用を考えている方の中には、勤務先を決める集団面接会に関して、「面接会は絶対に参加をしないといけないの?」、「辞退は可能?」といったように、もしも面接会に良いなと思える企業が参加をしなかった場合、面接会への参加を辞退出来るのかが気になるという方もいるのではないでしょうか。

ただ、実際にジェイックの就職カレッジに参加⇒就職をした身としては、「辞退自体は可能だけど、ごねられるのは避けられない」というのが実情となるため、既になりたい業種が決まっている方であれば特に、どういった企業が来るのか分からないジェイックよりも、他の就職支援を利用した方が良いと思います。

スポンサードサーチ

面接会辞退=ごねられると言えるワケ

私の体験談

「辞退自体は可能だけど、ごねられるのは避けられない」と言える理由としては、実際に私が参加をした就職カレッジでの出来事が理由です。

というのも、私が参加をした就職カレッジでも、面接会だけを辞退する方が1名いました。

その際に、講師の方から「何故参加をしないのか?」、「これまで逃げてきた結果がフリーターなのに、また逃げるのか?」といったように、講師からの執拗な説得がありましたし、10日間の研修によって、「ジェイックで必ず就職してみせる!」という気持ちにさせられている他の研修生からも、「やる気になっているのに水を差すなよ」といった冷ややかな目を向けられていたために、辞退自体は可能だけど...と言えるのです。

ただ、今となっては、面接会を辞退したあの方が、正解だったのだなと思います。

私自身、サービス残業で毎日3,4時間残業をさせられる+休日にもお構いなく連絡、出勤命令が来るような企業に就職させられましたし20人以上の研修生の中で、5人以外は、2年も続かずに退職を余儀なくされている事からも、そう言えます。

ジェイック経由で就職をした企業の内情はこちらに書いています。笑えるくらいひどいです↓

【体験談】JAIC(ジェイック)就職カレッジからブラック企業に入社した話

○○のために面接会に参加をさせたい

講師の方が、面接会の辞退を執拗に説得する理由としては、企業側から受け取る人材紹介料以外の理由はありません。ジェイック経由で就職をした職場で聞きましたが、1人採用させる毎に、ジェイック側は100万円を受け取る仕組みとなっているため、1人でも多く面接会に参加をさせて就職をさせたがるのです。

就職支援=人材紹介料が利益の柱ですので、金銭を受け取るのは何ら問題ありませんが、他の就職支援が、1~2年以内に退職をした場合、料金が発生しない=長く働ける職場を紹介しない限り、利益を上げられないのに対して、ジェイックの場合は、半年以内での離職をした場合にのみ、料金が受け取れない決まりですので、他の就職支援と比べて、平気で酷い職場を斡旋するのです。

 

スポンサードサーチ

まとめ

ジェイックよりも○○に相談をした方が良いです!

前述したように、面接会に参加をした所で、自分のなりたい業種、良いなと思える仕事内容の企業が参加をしなかった場合、ジェイックでの時間が無駄となります。また、ジェイックから就職をしたとしても、不幸せになる事は、私の経験を見てもそう言えるはずです。

面接会に参加辞退をする=10日間の就職カレッジが時間の無駄

ジェイックで就職=酷い職場を斡旋されて、早期退職の可能性大

上記のように、ジェイックを利用した事で、人生をさらに難しくしてしまう恐れがあるのです。そのため、就職を考えているフリーターの方であれば、ジェイックではなく、他の就職支援を利用するのが吉です。

例えば、私自身ジェイック利用後にお世話になった『エージェントNeoの場合、就職相談満足度、面接対策満足度N01なことに加えて、就職実績も豊富(一万五千名以上)ですので、経歴が尾を引く事もなく就活が出来ます。

確かに、ジェイックのように、履歴書・職務経歴書での審査を免れる事は出来ませんが、エージェントNeo側が、推薦状を作成してくれる事もあり、ほぼほぼ書類で落とされる事はありません。事実、私自身、8社エントリーして、6社と面接を受ける事が出来ましたし、その内半分の企業から内定を獲得する事が出来ました。

それに加えて、就職支援主導で進むジェイックとは違い、ヒアリングで話した内容(どういった業種に就きたいか、労働条件で譲れない点はあるか等)に合わせて企業を選んでくれる+就活サポートを受けられるため、ジェイックよりも、自分のなりたい業種、理想としていた働き方を実践している企業に絞って、就活が可能です。

そのため、これから就職を検討しているフリーターの方であれば、ジェイック以上に相談をしてみる価値はあると言えます。何より、専任となってアドバイザーが付いてくれますので、他の方と同じペースで就職まで歩みを進める必要がなく、自分の納得いくまで就活サポートを受ける事が可能です。

フリーター⇒正社員への就職の場合、今回の就活が失敗に終わってしまうと、空白期間+短期での離職経験が付いてしまうため、今以上に就職が難しくなるとともに、周りの同年代との格差・社会的地位に開きが生まれます。ですので、自分のペースで就活が出来る+とことんまで就活サポートを受けられるような就職支援に相談をするのが得策だと言えます。

エージェントNeoの公式サイト↓
既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-JAIC(ジェイック)=面接会だけを辞退する事は可能!しかし…
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.