ジェイックは精神障害/発達障害の方でも利用できる?障害者雇用ではなく一般雇用枠での就業を考えている方必見!【JAIC】

ジェイックは精神障害/発達障害の方でも利用できる?障害者雇用ではなく一般雇用枠での就業を考えている方必見!【JAIC】

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

うつ病や不安障害といった精神障害、ADHDなどの発達障害を抱えている方の中には、障害者雇用枠ではなく、一般雇用枠での就職を考えているという方も多いかと思います。

障害者雇用枠での就職の場合、”給料が低い”、”職種の幅が狭い”、”職場内で腫れ物扱いされる場合がある”といったように、様々な問題をはらんでいるため、「働き始めたものの安月給+激務で早期離職をした」、「病気への理解度が低い企業だった事もあり居心地が悪くて長続きしなかった」といったように、就業後に失敗をしたと感じて、結局再就活を余儀なくされる可能性が高いのです。

ですので、障害をオープンにしての就活(障害者雇用枠に絞っての就活)をするのではなく、健常者と同じ雇用形態での就職を望んでいる方は多いはずですし、中には就職支援の利用を検討している方もいるのではないでしょうか。

その中でも、履歴書での選考を回避して複数企業と即面接のできるJAIC(ジェイック)の利用を考えている方もいるかと思います。

しかし、ジェイックの利用を検討している方の中には、「精神障害(発達障害)を抱えていても利用できるの?」、「病気を理由に断られる事はない?」、「障害者雇用枠の求人ではなく一般雇用の求人のみを紹介してくれる?」といったように、精神障害/発達障害を抱えていたとしても利用できるのか/一般雇用枠での就職に効果的なのか気になるという方もいるはずです。

スポンサードサーチ

ジェイック=精神障害・発達障害でも利用可能?

利用を断られる事はない?

精神障害・発達障害を抱えていたとしても、病気によってジェイックの利用を断られる事はないです。※18~29歳の方であれば、既往歴があろうが、どんなに経歴が悪かろうが、就活サポートを受ける事が出来ます。

10日間の研修の前に実施される、無料相談の段階で、病気の有無、通院状況等を聞かれますが、あくまでその人の適性・性格を図るためのデータとして聞くだけですので、精神障害/発達障害を抱えていると伝えたからと言って、「ウチではサポートを受ける事は出来ません」と突っぱねられる事はありません。

 

一般雇用枠の求人を紹介してくれる?

ジェイックでの就活の場合、研修のカリキュラム修了後に実施される面接会によって、就職先を決めていきます。

そして、面接会に参加をする企業=一般雇用枠としての就職を検討している企業となりますので、一般雇用枠に絞って、就活をする事が可能です。

集団面接会の参加企業の業種に関しては、こちらにまとめています↓

【集団面接会体験レビュー】実際に参加をしたジェイック面接会の求人職種の割合を紹介!営業職以外の職種にも就職可能?【事務職&技術職(プログラマ)の求人もあり?】

 

そのため、たとえ精神障害・発達障害といった病気を抱えていたとしても、職種の幅が狭い+賃金の安い障害者雇用枠での就職ではなく、一般雇用枠での就職を狙う事が可能な就職支援となっています。

しかしながら、実際にジェイック経由での就職を経験した身としては、たとえ一般雇用枠の求人に対して、書類選考なしでアプローチが出来たとしても、利用を避けるべきだと個人的には思います。

 

スポンサードサーチ

精神障害・発達障害の方に不向きだと言える3つの理由

面接対策が弱い+常にグループワークを強いられる環境

1つ目の理由としては、面接対策が弱い+常にグループワークを強いられる環境という点です。

ジェイックで就活をするためには、10日間の就職カレッジに必ず参加をしなくてはいけません。

ただ、10日間の研修は、毎日と言っていいほど、他の参加者とのグループワークが発生しますし、研修の最後には飛び込み営業(※現在は、街行く人に声をかけるアンケート調査に変更)があるため、はっきり言って過酷です。

ですので、不安を感じやすい精神障害の方の場合、10日間”拘束”される研修のせいで、病気の悪化を招く可能性があります。

私が参加した時の研修の流れと内容に関しては、こちらにまとめています↓

【参加に悩む方必見】実際に受けたジェイック就職カレッジの研修内容を書いていきます。【JAIC=スパルタ?】

そのうえ、他の就職支援の場合、きちんと専任のアドバイザーの方が、面接の際の受け答えの模範アンサーをレクチャーしてくれるのに対して、ジェイックの場合は、参加者同士で模擬面接を実施⇒悪かった部分を指摘して貰って、自分で受け答えをブラッシュアップしていく形式となるため、結果的に、 障害に関して、どう説明すればいいかは結局自分で考える事になります。

そのため、面接対策としては、不安の残る出来なってしまう恐れがあるのです。

 

就職先企業のレベル

2つ目の理由としては、過酷な研修に参加をしたにも関わらず、就職先のレベルがあまりにも低い点です。別記事にも書きましたが、私がジェイック経由で就職をした企業の労働環境を例に出します。

ジェイックから就職した企業の詳細★

・完全週休2日制と求人票に記載されていたにも関わらず、辞める頃には隔週2日制にさせられていた

・社員が10名以下で人手不足という事もあり、毎日1314時間勤務(※サービス残業)、休日出勤常態化

・新人研修全く無し、指導してくれる先輩もいない

・○○部署とは名ばかりで、実情は私を含めて2名で客先対応、エラー対応、営業活動をしていた

・それにも関わらず手取り173,000+年2回のボーナスが0円と5万円

こちらの記事にジェイックでの経験をまとめています↓

【体験談】JAIC(ジェイック)営業カレッジ(※就職カレッジ)を経てブラック企業に入社した話。

経験上、労働環境が悪い=比例して社員の人間関係もギスギスしている職場が多いため、うつ病や不安障害といった精神障害を抱えている方の場合、就職する事で病状が悪化する恐れがあります。

また、社員一人がこなす仕事量が多く、a社の見積もりを作りつつ、b社のトラブル対応をして、c社にアポイントを取る...といったように、マルチタスクでの仕事に陥りやすいので、発達障害の方であっても、仕事が長続きしない可能性が高いです。

そういった企業に平気で就職させようとするのがジェイックですし、自分の希望に沿う就活というよりかは、ジェイックのルールに従って就活させるという色が強いため、就職失敗の可能性が高いのです。

 

そもそも、病気で断られる事がない

3つ目の理由としては、就職支援=そもそも、病気で断られる事がないという点です。

前述したように、”障害者雇用では賃金が安すぎる”、”希望の職種がない”といった理由で、一般雇用枠での就職を考えている障害者の方は多いですし、実際に通院をしながら、一般雇用枠で就業をしている精神障害・発達障害の方もいます。※私が勤めていた会社の上司も、うつ病の精神薬を服用しながら仕事をしていました。

そのため、病気を理由に断る就職支援は、そもそもないのです。

そして、どこの就職支援であっても断られないのであれば、自分のペースで就活が出来る就職支援、求人数や就職実績が豊富な就職支援といったように、利用する就職支援の質にこだわるべきなのです。

経験上アドバイザーの方が専任でサポートをしてくれる就職支援であれば、確実に働きやすい職場での就業開始が出来ると言えます。

というのも、私自身、ジェイックで痛い目を見た後、エージェントNeoという専任サポートの就職支援にお世話になったのですが、無事に1ヵ月ほどで、自分の理想とする条件の職場に就職が出来たためです。


【公式】第二新卒エージェントneo

無料相談の時に話した労働環境・待遇に合った企業の求人のみを紹介してくれましたし、全ての求人の企業に対して、担当者の方が直接足を運んで、労働環境に問題はない事をチェックしているだけあり、一つ一つの求人に関して、細部まで説明してくれたので、安心して就活をする事が出来ました。

また、就活サポートに費やす時間、満足度No1ですので、障害に関して聞かれた際に、どう説明したらいいかをきちんとレクチャーして貰える+自信が付くまで面接練習に付き合ってくれるため、万全の状態で面接に臨む事が可能です。

個人的には、全ての面でジェイック<エージェントNeoだと感じたので、一般雇用枠での就職を検討している方であれば、一度相談をしてみる価値はあると言えます。

精神障害/発達障害を抱えている場合、「自分には就職は無理なのでは」、「就職に対して考えると気が滅入る」といったように、ネガティブになってしまいがちですが、就職支援を利用する事で自分が思っている以上にスムーズに内定獲得が出来ますし、仕事も簡単にこなす事が出来ます。

人はこれまでにやった事がない事や、想像つかないものに対して、不安感や恐怖心を感じてしまいますので、まずは、就活のプロであるアドバイザーの方に、抱えている不安を相談してみて、就活がどういったものなのか、自分も正社員として働けるのかをイメージしてみるのが良いかと思います。

エージェントNeoの公式サイト↓
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-ジェイックは精神障害/発達障害の方でも利用できる?障害者雇用ではなく一般雇用枠での就業を考えている方必見!【JAIC】
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.