【極力人と関わりたくない】コミュ障・人見知り=就職支援は不向き?最適な就職支援は?

【極力人と関わりたくない】コミュ障・人見知り=就職支援は不向き?最適な就職支援は?

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

フリーターから正社員への就職を検討している方の中には、「就職支援への相談」を考えている方もいるかと思います。

就職支援を利用する事で、希望条件に合わせた求人の紹介、面接対策などあらゆるサポートを受ける事が出来るため、個人で就活をする以上に内定が取れます。

そのため、就職成功させたいという方であれば、利用する価値は大いにあります。

とはいえ、人と話すのが嫌い・苦手だという、いわゆる”コミュ障”・人見知りといった自覚がある方の場合、「就職支援=コミュ障にはハードルが高いのでは…」と感じている方もいるのではないでしょうか。

確かに、就職支援の中には、コミュ障・人見知りの方だと強いストレスを感じてしまうようなサポート体勢の所もあります。

そのため、「100%コミュ障でも大丈夫!」とは言えません。

ただ、就職支援の中には、コミュ障・人見知りという性格に適した就職支援も存在します。

つまり、就職支援の選び方さえ間違えなければ、ストレスを抱える事もなければ、その性格のまま働きやすい職場に就職を決める事が可能なのです。

そこで今記事では、

◆コミュ障・人見知りに不向きな就職支援の特徴

◆最適な就職支援

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

就職支援への相談について

コミュ障・人見知りが避けるべき就職支援

冒頭でも書いた通り、就職支援の中には、コミュ障・人見知りに不向きなところもあります。

それが、「集団サポート型の就職支援」です。

確実に、就活の途中できつい...、辛い...と感じる瞬間が訪れるはずです。

集団サポート型=イメージとしては、免許合宿に近いです。

1人の講師が10〜20名に対して就活サポートを行う形式となっています。

ただ、一緒に受ける生徒は、当然ながら初対面の方たちとなりますし、サポート内容=ほとんどが生徒同士のグループワークで構成されています。

実際に私が利用した「ジェイック」という集団サポート型の就職支援を例に出していいますが、自己PRの説明の練習、面接の入退室の練習、面接ロールプレイング、ビジネスマナー講座などは、生徒同士でグループワークを行いました。

また、研修部屋の入退室ごとに「失礼します」と大声で言わなければならなかったり、事あるごとに教壇に立たされて、発言をさせられたりと、コミュ障・人見知りの方にとっては、辛い内容でした。

このように、集団サポート型の就職支援を利用した場合、大人数と嫌でも関わらなければならないのです。

誰とも話さないで研修を終える事は不可能です。

ですので、「初対面の人と会話が続かない」、「人と話すのが苦手」、「なるべく人と会話をしない生き方がしたい」といった方の場合、確実に不向きだと言えます。

性格に適した就職支援の特徴

逆に、コミュ障・人見知りだという方の場合、個別サポート型の就職支援は性格に合っていると言えます。

就活開始〜内定獲得まで、1人の担当アドバイザーとしかやり取りしませんし、面接に同行してサポートしてくれたりもします。

つまり、必要最小限のコミュニケーションで内定までたどり着く事が可能なのです。

確かに、担当アドバイザーの方とはやり取りが発生します。

ただ、ぐいぐい求人応募を促してきたり、あなたの希望条件に関して、馬鹿にする事もありません。

希望条件に適した求人を厳選してくれますし、些細な相談にも嫌な顔一つせず対応してくれます。

「経歴が悪いのに高望みするな」、「その性格をなんとかしないと面接突破できないよ」といった、否定の言葉を投げられる事はないので、相談はしやすいかと思います。

また、個別サポート型の就職支援の中でも、「エージェントNeo」は、就職相談のしやすさ、利用満足度、面接対策満足度の3部門でNo1を獲得しており、既卒フリーターを対象とした就職支援の中でも、特にアドバイザーの対応力に定評があります。

・性格・希望に合わせた就活サポート

・サポート時間の平均=10h以上

・ブラック企業を排除した求人紹介の徹底

・2社に1社のペースで内定獲得

 

【公式】第二新卒エージェントneo

エージェントNeoに相談をする事で、希望に合わせた求人紹介を受けられます。

たとえ就活をクリアしたとしても、「上司が頻繁に飲みに誘ってくる」、「休日も会社の人間が連絡をしてくる」といったような職場に就職をしてしまった場合、早期離職となるだけです。

ハローワークや求人サイト、一人一人の希望条件を聞く時間がない集団サポート型の就職支援を利用した場合、そうした就業後のミスマッチが起きやすいです。

ただ、エージェントNeoの場合、希望条件を提示→それに合致した求人をアドバイザーが探すという流れで就活が進みます。

「人と関わる機会が少ない仕事が良い」、「人間関係がめんどくさくない職場」と伝えれば、それに応じた職場を紹介してくれるのです。

そして、紹介企業=あなたの性格に合う職場である確率は非常に高いです。

というのも、担当アドバイザー=求人企業の職場に直接訪問して、労働環境を確かめているので、紹介企業=どんな雰囲気の職場なのか、どういった特徴の人間が勤めているのかという事を把握しているためです。

ですので、就活も就職後も、コミュ障・人見知りが仇になる事がなくなるのです。

エージェントNeoのサポート内容はこちらから↓

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

スポンサードサーチ

■まとめ

コミュ障・人見知りに不向きな就職支援、性格に合う就職支援の特徴について書いていきました。

正社員として働くから…という理由で、性格を矯正する事が出来るのであれば、どの就職支援であっても問題はありません。

ただ、自分の性格を短期間で変えるのは至難の技です。

どこかで緊張の糸が切れてパンクするのがオチです。

そのため、就職を機に性格を正すのではなく、今の自分に合った就活法の実践・就職先を厳選する方が、確実に就職は上手くいきます。

そして、上述した個別サポート型の就職支援の場合、きついと感じるグループワークも無ければ、辛い思いで人と会話をする必要もありません。

あなたの就活を良い方向に導いてくれる1人とだけやり取りをするだけで良いのです。

また、担当アドバイザー =何百何千名もの方とやり取りをしてきた人だけあり、話を広げるのが上手です。

察する力も持っているので、話しやすいと感じるはずです。

確かに、最初は緊張するかも知れません。ただ、コミュ障・人見知りの方ほど、打ち解けた相手には、よく話をしてしまうはずです。

長い時間サポートをしてくれる担当アドバイザーに対しても、気付いたらその態度になっているはずです。

エージェントNeoの場合、無料相談を実施しており、担当者の話を聞いたうえで、就活に利用するかを決める事ができます。

冒頭でも書いた通り、個人で就活をする以上にスムーズに内定が取れるので、実際に相談をしてからサポートして貰うかを判断してみるのが良いかと思います。

エージェントNeoの無料相談について↓

【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【極力人と関わりたくない】コミュ障・人見知り=就職支援は不向き?最適な就職支援は?
-, , , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.