“やりがいはいらない”で就職した結果、後悔した3つの事!【フリーター就活】

“やりがいはいらない”で就職した結果、後悔した3つの事!【フリーター就活】

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

フリーター⇒正社員への就職を考えているという方の中には、「お金さえ稼げれば別にやりがいはいらない」、「とにかく給料が良い/楽そうな職場に就職したい」といったように、”やりがい<給料”と考えている方も多いかと思います。

確かに、「そんな経歴なら仕事を出来ている事をありっがたいと思え」、「やる気があるのであれば、サービス残業をするのも当たり前だ」、「会社のために命じられなくても率先して仕事をするべき」といった、やりがいを必要以上に押し付けて安月給で使い捨てる”やりがい搾取”企業が多く存在している(※フリーターからの就職の場合、特に多いです。)ため、やりがいよりも給料を取る事自体は、良い考えだと言えます。

しかしながら、やりがいを度外視しすぎると、働き始めた後に後悔する事になるため、自分のなりたい仕事、興味のある業種の仕事(やりがいを感じられる仕事)に就くのがベストです。

というのも、私自身、ジェイックという就職支援を利用して、じっくり考える暇もなく(2週間の研修後すぐに合同面接会が行われる)、内定をくれた企業にとりあえず就職したのですが、非常に後悔したからです。

ジェイックでの失敗体験⇒再就職の時の事はこちらに書いています↓

【体験談】JAIC(ジェイック)営業カレッジ(※就職カレッジ)を経てブラック企業に入社した話。

実際に“やりがいはいらない”で就職してみて感じた後悔は以下の点になります。

スポンサードサーチ

後悔した3つの点

仕事がつまらない

正社員として働く=月~金曜、朝9:00~夕18:00+残業(※私の場合は、22:00近くまで働かされていました)と、人生のほとんどを仕事に捧げなければいけない生活になるので、仕事がつまらないと、苦痛でしかありません。

やりがいが少しでもあるのであれば、労働環境に多少不満があれどやっていけるかと思いますが、最初からやりがいがない場合、仕事のモチベーションを維持するのは難しいです。結果的に1年半ほどで早期離職する羽目になりました。

 

仕事への意欲が湧かない

さほど興味のない仕事に就いてしまうと、同僚/先輩に迷惑が掛からない程度にしか努力する気が起きません。結果的に、自分の成長を自らで妨げるだけとなります。

また、仕事への意欲がない中、上司に小言を言われると、すぐにいら立ってさらに仕事へのモチベーションが下がってしまいますので、結果的に早期の退職に結び付きやすいのです。


時間を無駄にしている感が半端ない

やりたくない仕事を毎日8時間もしているというのは、時間の無駄としか言いようがありません。給料が高いならまだしも、フリーター⇒正社員の場合、誰もが憧れるような高給な仕事はありません。

多くの場合が、大卒手取り18万円前後の仕事です。そんなもののために8時間も費やすのは本当に無駄でしかありません。

上記のような後悔を感じましたし、結果的に”1年半で早期離職した”という職歴を汚しただけの就職となってしまいました。そのため、ある程度は、やりがいを感じられる仕事に就職をするべきなのです

 

スポンサードサーチ

まとめ

上記のように、”やりがいはいらない”、”給料さえもらえればいい”という理由だけで就職をしてしまった場合、就職が失敗する可能性が極めて高いのです。

やはり、平日8時間~12時間ほど、やりたくもない仕事/興味のない仕事をするのは苦痛でしかありませんし、毎日が憂鬱に感じてしまいます。また、フリーターという経歴が足を引っ張り、給料の良い企業の求人はほとんどありません。20代の場合、新卒で入社する企業クラスかそれ以下の求人ばかりです。

全員が全員私のような人間ではないとは思いますが、多くの場合、やりがいを感じられない仕事に就いてしまったら、精神的に参ってしまうか早期離職を強いられるかの2となるかと思います。

だ、「なりたい仕事がない」、「自分の興味のある業種が分からない」といった方もいるかと思います。

そういった方は、フリーター向けであり、アドバイザーの方がマンツーマンでサポートをしてくれる就職支援を利用して、適性診断や業種の説明およびアドバイスを受けて、自分に合った仕事/やりたいと思える仕事を見つけてから、就活に臨むのが最適です。

ジェイックでの就職失敗の後に利用した、『エージェントNeoの場合、適性チェックや業種説明、ヒアリングに多くの時間を割いてくれたとともに、自分の希望条件と照らし合わせて求人を厳選してくれたので、良いなと思える求人を見つける事が出来ました。

経歴に関してとやかく言われたり、わがままな条件を提示しても、嫌みを一切言わずに対応してくれましたし、気さくで話しやすかったので、フリーター⇒正社員を目指している方であれば、必ず力になると思います。
エージェントNeoの公式サイト↓

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-“やりがいはいらない”で就職した結果、後悔した3つの事!【フリーター就活】
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.