【体験談】JAIC(ジェイック)がバックレ者続出の訳とは?。実際に利用してみて感じたデメリット。

【体験談】JAIC(ジェイック)がバックレ者続出の訳とは?。実際に利用してみて感じたデメリット。

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後に、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。※これまでに3度の就職&3社の就職支援の利用歴アリ。

 

フリーターから正社員への就職を検討している方の中には、就職活動でのノウハウ、就職後に使用するマナーや心構えを10日間の研修で学べる+集団面接会にて、一気に多くの企業と面接が出来るJAIC(ジェイック)』の利用を検討している方もいるかと思います。

公式サイトの記載を見る限り、就職成功率80.3%以上、入社後定着率94%と、就職カレッジに参加=内定獲得を手中に収めたようなものといったように好意的に感じている方もいるかも知れませんが、実際の所は、ジェイックの就職カレッジを途中でバックレる方が多い+就職失敗を招きやすい就職支援と言えます。

※私自身、ジェイックの就職カレッジ(※神保町本社の研修に参加しました)に参加をしましたが、研修初日でバックレる方、その後も2名ほど途中でバックレる方がいました。

なぜ、ジェイック=バックレる方が続出するのかに関して、実体験を元に説明していきます。

スポンサードサーチ

ジェイック=バックレ者続出の訳

カレッジの過酷さと紹介企業の質が伴っていない

10日間の研修カレッジの雰囲気自体が、体育会系のノリとなっており、体育会系の雰囲気が苦手...という方の場合、精神的なストレスを感じる研修となっています。

例えば、毎朝研修を実施している部屋に入室をする際には、大きな声で「おはようございます」と言って入室をしないと講師の方から怒られますし、講師が話している間は、背筋を伸ばして着席をしていないとペナルティが課せられます(※2回のペナルティで強制退学です)

また、研修のカリキュラムの最後には飛び込み営業をかけてリーフレットを売らなければならない(※現在は街行く人に声かけを行ってアンケートを取るアンケート調査に変更)という事をしたりと、今時では珍しい”昭和テイスト”なカレッジとなっているため、10日間の研修自体が非常に過酷なものとなっています。

それにも関わらず、集団面接に参加する企業の質があまり良くない(携帯販売員、施工管理、不動産営業、塗装等の週一休みやみなし残業の所が9割と言っても過言ではないレベル)ので、集団面接前に『やってられるか』という方が続出してしまうのです。
実際に私が参加した営業セミナーの内容を詳しく書いています↓

【集団面接会体験レビュー】実際に参加をしたジェイック面接会の求人職種の割合を紹介!営業職以外の職種にも就職可能?【事務職&技術職(プログラマ)の求人もあり?】

サポートの時間が少ない・質が悪い

研修型の就活サポートですので、一人一人に合わせた就職サポートを行うというよりかは、受講生の全員に、面接対策やビジネスマナーをレクチャーして実践して貰うといったサポート方法ですので、就職支援の中でも、サポートは希薄だと言えます。

※面接の模範解答やあいさつ等々、就活に必要なノウハウに関しては、一度講師の方がレクチャー⇒カレッジ受講生同士がロープレで、それぞれの直すべき点をアドバイスしたり、不安点は各々で解消するといった感じです。

そのため、プロのアドバイザーの方に就職サポートをして貰う目的で来たにも関わらず、なぜ同じ立場の者同士でアドバイスを送り合わなければならないのだろうかという思いから、バックレる方が多かったのだと思います。

また、個人的には就職後のサポートも煩わしかったです。私はジェイック経由で五反田にあるIT企業に就職をしたのですが、(ブラック企業で1年半で退社する事になりましたが…。)ジェイックの講師の方が「就職をして悩みとか不安とかない?」といったアフターケアの電話の際に、私の名前を間違えてずっと話しを進めていた時は、『こんな就職支援使うんじゃなかった』と心底感じました。

 

スポンサードサーチ

フリーターが利用するべき就職支援の特徴

個別指導型の就職支援

実際にジェイックの就職カレッジを経験して思うのは、 『就職は出来るけど、質の悪い所が多い』、『セミナーでの努力と参加企業の質が見合ってない』 といった印象ですので、あまりオススメは出来ません。

そして、本気で就職を成功させたいのであれば、やはり求職者個人個人に就活サポートをしてくれる個別指導型の就職支援を利用するべきなのです。個別指導型の就職支援であれば、就活に関する不安が払拭出来るまで、アドバイザーの方に相談が出来ますし、自分の希望条件をベースに就活が出来るためです。

中でも、『エージェントNeoの場合、個別指導型の就職支援の中でも、1人当たりのサポート時間の平均が、群を抜いており(平均8時間以上)、就活の全局面でサポートをしてくれるため、不安を感じずに就活を進める事が可能です。


【公式】第二新卒エージェントneo

利用した感想

私自身ジェイックでの就職が失敗に終わった後に、相談をしましたが、面接対策や志望動機等の添削を、納得行くまでアドバイスして貰えましたし、紹介企業に関しても、実際にアドバイザーの方が職場見学をして労働環境の良し悪しを判断したうえで紹介してくれたので、 結果的に就職成功に繋がりました。

何より、経歴に対してマイナスな発言をして来ませんし、どんな些細な相談にも、親身になって対応してくれたので、非常に安心して就活をする事が出来たので、フリーターから正社員への就職を検討している方であれば、ジェイックではなく、エージェントNeoのような個別指導型の就職支援を利用するのが吉です。

下記公式サイトにて、サポートの詳細&無料相談の申し込みが可能です。

★エージェントNeoの公式サイトはこちら↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】



-【体験談】JAIC(ジェイック)がバックレ者続出の訳とは?。実際に利用してみて感じたデメリット。
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.