【完全マニュアル】就活面接の入室マナーまとめ!入退室の流れ・失礼しますのタイミング!【フリーター/ニート必見】

【完全マニュアル】就活面接の入室マナーまとめ!入退室の流れ・失礼しますのタイミング!【フリーター/ニート必見】

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

これから正社員としての就職を考えているフリーター/ニートの方の中には、「面接のマナーが分からない」、「入退室の仕方や挨拶(失礼します)のタイミングが分からない」といったように、就活面接におけるマナーを把握しておきたいと考えている方もいるかと思います。

入退室から採用に値する人材であるかを判断されますので、入退室のマナーがなっていないとなると、その時点で大きく評価を落とす事に繋がります。また、それだけでなく、最初に悪印象を与えてしまう事になりますので、面接がマイナススタートとなってしまいます。

就活面接は第一印象が何よりも大切とされているので、その後に巻き返すのは至難の業ですし、これまでに就活面接の経験が乏しい+経歴が武器になりえないフリーター/ニートの方であれば、尚更悪印象スタートからの巻き返しは難しいと言えます。

そのため、就活面接の入退室のマナーや基本的な面接マナーは頭に入れておくべきなのです。

今記事では、実際に就職エージェントで教わった内容を元に、面接マナーについて説明していきます。

スポンサードサーチ

入退室マナー完全マニュアル

好印象を与える所作

就活面接=面接室に入ってからがスタートではなく、面接会場に到着した時点で、面接は始まっています。そのため、面接会場に到着した段階から、企業側の人に見られても良いような所作をするべきなのです。

そして、実際に就職エージェントにて、アドバイザーの方から教わった場面ごとの就活マナーは下記になります。

【面接会場到着時】
・服装の乱れを確認 ※コートは面接会場に入る前に脱いでおく
・面接開始の7分前に面接会場に入るのが望ましい

【受付】
・受付担当者に面接に来た旨を伝える
お忙しいところ失礼いたします。本日○○時から面接の約束を頂いております○○と申します。

【入室】
・名前を呼ばれたら返事をして入室する
・ノックは3回、”失礼します”と言って入室する
・ドアを閉めて、”本日はよろしくお願いいたします”と一礼する

【着席】
・進められるまでは、座ってはならない
・着席する際は、”失礼します”と一礼をして座る

【退室】
・”本日はお忙しい中時間を割いていただきありがとうございました”と一礼
・ドアを開ける前に一礼をして、ドアを開ける
・面接会場に出るまでは、面接企業の方とすれ違う恐れがあるため、面接会場を出るまでは服装・姿勢を崩さない

上記手順を実践する事で、評価を落とす事なく面接に移行出来ます。

事実、私自身、上記の所作を実践したところ、留年歴&短期離職歴アリ+ブランク半年という、最低レベルの経歴ながら、6社中3社の内定を獲得する事が出来ました。

 

とにかく明るく元気よく=内定率が上がる

上記で書いたマナーを実践するだけでなく、”失礼します”や”よろしくお願いいたします”といったような挨拶、質問に対する受け答えを元気よく、ハキハキとする事も大切です。

そうする事によって、「この人はやる気があるな」、「採用したら会社全体が明るくなりそう」といったように、印象が良くなるため、就活面接本番は、居酒屋やゲームセンターで話すくらいのボリュームで、挨拶・受け答えはするべきなのです。

というのも、フリーター/ニートの就活の場合、即戦力になり得る可能性が薄く、かといって新卒までは若くないという評価が一般的です。そのため、企業側が、フリーター/ニート⇒正社員への就職を目指す求職者に求めている点は、「明るく職場全体に活気が出るような雰囲気の方」、「一緒に働いたら面白そうだと感じる方」といった側面となります。

ですので、”とにかく明るく元気よく”を心掛けるだけでも、内定獲得率は上がるのです。

面接時の服装・髪型のマナーに関してはこちらの記事にまとめてあります。合わせてご確認くださいm(__)m↓

【フリーター必見!】恥をかかない!就活面接の好印象な身だしなみ(髪型・服装マナー)とは!

スポンサードサーチ

■まとめ:面接時のマナ―・面接対策がしたいなら○○

面接時のマナーや内定獲得率をあげるために実践すべきポイントを書いていきました。

中には、「そんな事本当に内定に繋がるのかよ…」と感じる方もいるかも知れません。

ただ、上記であげたマナーなどは、全て就職支援からアドバイスを受けたものであり、フリーター就活を熟知したプロのアドバイザーからの意見です。そのため、実践しておいて損はないと言えます。

また、冒頭で書いたように、面接は第一印象が大きく左右する事になるので、自分自身面接官の側にたったと思って、印象の良い面接者はどういった方かを考えて臨むのも、企業側からの印象を上げるコツです。

とはいえ、いくら面接時のマナーを把握したところで、いきなり本番で実践するのは難しいかと思いますし、「失礼します!」、「よろしくお願いします」をハキハキと大きな声で言うのも、ハードルの高い事なはずです。

そのため、面接に関して、何か一つでも不安を感じているのであれば、迷わず就職支援に相談をするのが吉です。

就職支援に相談をする事で、就活のプロであるアドバイザーの方からアドバイスを受けながら、面接の練習が出来ますし、受け答えに関しての適切な答えもレクチャーして貰えます。

中でも、「エージェントNeo」は、既卒フリーター向けの就職支援の中でも、面接対策の満足度がNo1であり、実績も豊富ですので、面接に不安を感じている方であれば、相談する価値があるかと思います。

【フリーターが利用するべき就職支援】エージェントNeoのメリット3選!

面接=経験を積む事が非常に重要であり、練習と本番を重ねる事に、さほど恐怖心も緊張も抱かなくなるものです。

今はまだ、面接をしていないために、恐怖心や不安が膨らんでしまう方も多いかと思いますが、就職支援を経由する事で、自分が想像しているよりも、きつい言葉を言われる事もなければ、内定獲得は容易です。

そのため、百聞は一見に如かず、まずは相談をしてみるべきなのです。

下記公式サイトにて、サポートの詳細確認および無料相談の申込が可能です。

★エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【完全マニュアル】就活面接の入室マナーまとめ!入退室の流れ・失礼しますのタイミング!【フリーター/ニート必見】
-, , , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.