ジェイック=職業紹介優良事業者に認定されているから安全とは限らない!?その理由とは⇒

ジェイック=職業紹介優良事業者に認定されているから安全とは限らない!?その理由とは⇒

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後に、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。※これまでに3度の就職&3社の就職支援の利用歴アリ。

フリーターから正社員への就職を考えている方であれば、「自分の経歴でも内定が取れるのか不安」、「面接が億劫」といったように、就活に関して様々な不安を抱えている方もいるかと思います。

そのため、アドバイザーの方に就活の相談および、履歴書の作成、面接練習といった就活サポートを受けられる+2日間の面接会にて20社近くの企業と一気に面接が可能なJAIC(ジェイック)の利用を検討しているという方もいるのではないでしょうか。

ジェイックは、全国の就職支援会社18,000社の内、43社しか認定されていない『職業紹介優良事業者』に認定されているため、「ジェイックを利用する=働きやすい職場で正社員デビューが出来るだろう」と安心出来る要素があるため、ジェイックの利用を検討しているかと思います。

ただ、実際にジェイック経由で就職をした事がある私としては、職業紹介優良事業者に認定されているからといって、安全(※働きやすい職場を紹介して貰える)とは限りませんし、高確率で、就職の失敗を引き起こすと言えます。

スポンサードサーチ

ジェイック=からの就職の現状

離職者○名以上

職業紹介優良事業者のHP上にて、各就職支援ごとの離職者の数を確認する事が出来るのですが、ジェイックの場合、平成28/29(認定を受けて以降8,29年のみ記載)2年連続で、紹介人材の離職者数が200を超えており、他の就職支援と比べてみても、高い数値を誇っているのです。

そのため、職業紹介優良事業者認定を受けているからといって、自分の働きやすい職場に就職出来るとは限らないが現状なのです。

職業紹介優良事業者認定に必要な条件は定かでがありませんが、例えばモンドセレクションであれば、金賞;15万円、銀賞:10万円を支払えば、受賞する事が出来る仕組みとなっているため、職業紹介優良事業者認定も、そういった”袖の下”を渡す事で、認定が受けられるものではないかと思います。

 

私の就職体験談

別記事にも書きましたが、ジェイックから就職した企業は、「実情を知っていれば絶対に入る事はなかった」と言えるような企業の質でしたので、ジェイック=就活に利用した場合、高確率で悔やむ結果となると言えます。

例えば、納期に間に合わなければ深夜2時近く、徹夜も発生(※残業代はゼロ円)しましたし、社員数よりも、勤めていた1年半の間の離職者の方が多いような企業でした。また、仲良くしていた40代の中途採用の方が、「正直こんなクソな企業は初めて、早くやめた方が良いよまだ若いから。」と言って1ヵ月で辞めるといった有様だったので、企業としての質は非常に低いものでした。

それに加えて、一緒に就職カレッジに参加をした同期20名弱の内18名の方が、2年以内の退職を余儀なくされている事からも、ジェイックの就職先=労働条件・待遇に疑問符が付く企業ばかりだという事が伺えます。

ジェイックから就職した企業の詳細はこちらにまとめています↓

【体験談】JAIC(ジェイック)営業カレッジ(※就職カレッジ)を経てブラック企業に入社した話。

スポンサードサーチ

優良企業に絞って就活したい方向けの就職支援

ジェイックでの就職が失敗する理由

前述したように、ジェイックは、職業紹介優良事業者認定を受けているにも関わらず、離職者が後を絶ちません。なぜ、こうも就業後のミスマッチが生じているのかと言いますと、面接会に来社する企業のレベルが低い事に加えて、ジェイックの就活サポートの進め方にあると言えます。

ジェイックの場合、10日間と限られた日程の中で、書類の作成、面接対策、ビジネスマナー研修、企業研究、飛ぶ込み営業演習(※アンケート調査に変更)と、消化しなければならないカリキュラムがぎゅうぎゅう詰めとなっています。その結果、一つ一つのカリキュラムを深堀する事が難しく、「もっと企業について調べたかったのに...」、「面接対策をもっとしたかった」といった不安を抱えたまま、本番の面接に臨む事になってしまうのです。

それに加えて、”就職を目指す”20名近くの方を、ひとまとめに研修しますので、「ジェイックで絶対に内定を勝ち取ってやる」という空気感が蔓延しています。その結果、ブラックな企業からの内定であっても、冷静な判断をせずに、就職をしてしまうのです。それが、離職者数を右肩上がりにさせている要因だと言えます。

ジェイックの研修の内容&流れに関しては、こちらにまとめています↓

【参加に悩む方必見】実際に受けたジェイック就職カレッジの研修内容を書いていきます。【JAIC=スパルタ?】

 

そのため、フリーターからの就職を成功させたいのであれば、自分が納得いくまで、就活サポートを受けられる就職支援を利用する事+自分の要望に沿って企業選びをしてくれる就職支援を利用するのが吉です。

 

就活サポートが充実した就職支援

例えば、私自身、ジェイックの後に利用した、「エージェントNeoの場合、一人ひとりに担当のアドバイザーが付いてくれるため、ヒアリングの時に話した要望に沿って企業選びをしてくれます。それに加えて、ジェイックのように、リミットが設けられていないため、自分が納得いくまで、企業選び、就活サポートを受ける事が可能です。

また、肝心の就職先の質に関しても、紹介企業の全てのオフィスを訪れ、労働環境の実情を確認している&人事担当の方と何度もやり取りを重ねているため、終電近くまで働かせられるような企業、長く働くのが難しい労働環境の企業は除外して、企業選びをしてくれます。そのため、働きやすい環境で正社員デビューを果たす事が容易です。

私自身、ジェイックでひどい職場を斡旋されたので、細かく労働条件を指定したにも関わらず、きちんと話した内容通りの求人を6件用意してくれ、結果的に1ヵ月で就職を決める事が出来ました。※今もなお、その職場で働いています。

職業紹介優良事業者に認定と聞くと、働きやすい職場に就職が出来るという安全性があるように思えますが、肩書がある=安全とは限らないのが世の常です。ましてや、ジェイックによって、人生を狂わされたという方は、私を含めて大勢います。それが真実です。

そのため、確実に就職を成功させたいのであれば、自分が納得いくまで、就活サポートを受けられる就職支援を利用する事+自分の要望に沿って企業選びをしてくれる就職支援を利用するべきなのです。

エージェントNeoの公式サイト↓
既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-ジェイック=職業紹介優良事業者に認定されているから安全とは限らない!?その理由とは⇒
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.