【1ヵ月で再就職可能!】なかなか再就職が決まらない20代の方必見!就職支援の利用で再就職は容易です。【どうすれば就職出来る?】

【1ヵ月で再就職可能!】なかなか再就職が決まらない20代の方必見!就職支援の利用で再就職は容易です。【どうすれば就職出来る?】

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

 

前職を思い切って退職してみたものの、予想以上に就活で苦戦を強いられ、再就職先が決まらないという方もいるかと思います。

それもそのはず、「前職をどうして辞めたのか」、「短期間で離職をした理由」をうまく説明できない限り、面接官・人事からの評価は、”採用して本当に大丈夫なのか(すぐに辞めるのでは?)”という懐疑的なものとなりますので、結果的に、再就職先が決まらないという状況に陥ってしまうのです。

そのため、就活をしているものの、中々再就職が決まらないという方であれば『どうすれば就活が上手くいくのか知りたい...』『内定が貰える就活方法を教えてほしい』といったように、就活や将来に関する不安や焦りが増幅しているという方も多いかと思います

ただ、なかなか再就職先が決まらないという方であれば、迷わず就職支援に相談をするのが吉ですし、就職支援に相談をする事で、20代であれば1ヵ月ほどで内定を獲得する事ができるかと思います。

スポンサードサーチ

就職支援に相談をするべき理由

内定獲得までがスピーディ

就職支援の場合、就職先の希望条件をヒアリング⇒求人を紹介⇒履歴書・職務経歴書の作成⇒各企業ごとの面接対策⇒面接本番という順番で就活が進んでいきます。

そして、最初のヒアリングから内定獲得までの平均が1ヵ月~2か月ですので、とんとん拍子で、再就職先を決める事が出来るのです。

私自身、就職支援を2社ほど利用しましたが、それぞれジェイック=2ヵ月、エージェントNeo=1ヵ月ほどで就職が出来たので、内定獲得までのスピード感は、個人で就活をしたり、ハローワークで求人紹介を受けるといった方法よりもダントツで早いです。

求人を出している企業側も、「離職者が出たので、人を採用したい」、「新規事業を立ち上げるので早急に社員を増やす必要がある」といったように、効率良く人材を確保したいと考えている企業が多いため、”就職したい”求職者と、”人が欲しい”企業側のニーズが合致するのです。

そのため、就職支援の利用=とんとん拍子で内定が獲得できるのです。

 

就活を熟知した方からアドバイスが貰える

2つ目の理由としては、就活を熟知した方からアドバイスが貰えるという点です。

前述したように、「前職をどうして辞めたのか」、「短期間で離職をした理由」をうまく説明できない限り、いくらやる気があろうとも、面接官・人事担当の見る目は変わりません。

ただ、就職支援の場合、就活サポートの一環として、面接対策を行っており、”どうすれば内定が獲得できるのか”を熟知したアドバイザーの方から、面接の質問に関する模範的な回答例をレクチャーして貰えます。

それに加えて、レクチャーして貰った回答例をすらすらっと言えるようになるまで、面接のロールプレイングをして貰えますし、紹介企業=以前もその就職支援を利用して人を招き入れた事のある企業が多い事もあり、過去の面接で実際に聞かれた質問内容を事前に把握して、面接に臨む事が出来るという利点もあります。

要するに、個人で面接に挑むよりも、ノウハウとカンペを入れた状態で面接に臨む事が出来るのです

 

前職以上の企業に就職出来る

3つ目の理由としては、前職以上の企業に就職出来るという点です。

おそらく、前職を退職した方のほとんどが、キャリアアップのために退職をしたといったような”前向き”な退職理由ではなく、労働環境・待遇・人間関係のいずれかに不満を抱えて...といったように、”後ろ向き”な理由で退職をした方だと思います。

そのため、『再就職先では、前職と同じ不満を感じたくない...!と切に願っているはずです。

ただ、就職支援を利用する事で、労働環境(週休2日制・土日休みが良い、残業はない職場が良い等)、待遇面に関しての希望を提示しておけば、その条件に該当する求人のみを紹介して貰えるため、結果的に、前職以上の労働環境・待遇の企業に就職を果たす事が出来るのです。

再就職先が決まらない⇒就活に対する焦りと疲れを感じる⇒ようやく内定が貰えたから、特に企業について調べずに再就職⇒前職以下の労働環境だった...となっては、本末転倒であり、今以上に人生のリカバリーが難しくなってしまいます。

そのため、前職以上の企業への就職を狙える、就職支援を活用するべきなのです。

 

スポンサードサーチ

まとめ

利用するべき就職支援

・内定獲得までがスピーディ

・就活を熟知した方からアドバイスが貰える

・前職以上の企業に就職出来る

上記の理由から、なかなか再就職先が決まらないという方であれば、就職支援を利用するべきなのです。ただ、就職支援を利用した事がない方の場合、「本当に良い企業に就職出来るの?」と疑問に感じる方もいるかと思います。

確かに、全部の就職支援がホワイト優良企業を紹介しているという事はありません。
私自身、ジェイックという就職支援を利用⇒ひどい労働環境の企業に就職⇒耐え兼ねて1年半で離職する羽目になったので、就職支援に懐疑的になる気持ちも分かります。
自分のジェイック⇒就職体験記は別記事に書いています↓

【体験談】JAIC(ジェイック)営業カレッジ(※就職カレッジ)を経てブラック企業に入社した話。

しかしながら、就職支援の中でも、”良質”な就職支援があるのも事実です。

というのも、ジェイックでの躓きの後に利用した「エージェントNeoは、多くの時間(合計したら14時間くらい?)を就活のサポートに費やしてくれましたし、自分が伝えた要望通りの内容の企業のみを6紹介して貰えたおかげで、約1ヵ月ほどで再就職を果たす事が出来ました。


【公式】第二新卒エージェントneo

私の場合、留年経験あり+職歴1年半+ブランク期間6ヵ月(※25)という、経歴としては”最弱”な状態の中、1ヵ月ほどで再就職にこぎつけましたし、月の残業時間20h未満+手取り20万円超えの企業に就職が出来たので、利用して良かったと感じています。

そのため、「職歴に不安のある20代の方」、「どうすれば就活が上手くいくのか悩んでいる方」、そして、「なかなか再就職が決まらないので、毎日焦りを感じている」という方であれば、一度相談をしてみると、就活成功に大きく近づくかと思います。

下記公式サイトより、サポート内容の説明および、無料相談の申し込みが可能です。(※20代の方限定の就職支援となります。)
エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【1ヵ月で再就職可能!】なかなか再就職が決まらない20代の方必見!就職支援の利用で再就職は容易です。【どうすれば就職出来る?】
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.