【フリーター必見】就活面接の苦手意識を克服するには、就職支援を利用するべき4つの理由。

【フリーター必見】就活面接の苦手意識を克服するには、就職支援を利用するべき4つの理由。

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後に、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。※これまでに3度の就職&3社の就職支援の利用歴アリ。

「面接でこれまでの経歴に関して何か言われるのが怖い」、「質問に対してどう答えたらいいのかが分からない」、「自分の価値を測られている雰囲気が苦手」といったように、就活面接に対して苦手意識を持っているフリーターの方は多いかと思います。

フリーター=人よりも経歴・能力が劣っている”と企業側から見られる事を、自分でもよく理解しているからこそ、正社員になりたいとは思っているものの、中々面接を受けられずにいるのではないでしょうか。

ただ、面接を受けるのに躊躇すればするほど、正社員としての就職が困難となりますし、フリーターのまま30代を迎えてしまった場合、残された選択肢としては、ブラックな職場への就職か、生涯フリーターとして生きるかの2となってしまいます。

そのため、面接への恐怖心はあれど、すぐにでも勇気を出して面接にチャレンジしてみる方が、後々「あの時しっかり就活をしていれば良かった...」と後悔しないで済むはずです。

ましてや、「新卒の時にきちんと就職しておけば良かった」と後悔した経験があるという方であれば、同じ二の足を踏まないためにも、苦手な面接を克服する必要があります。

そして、就職支援を利用する事で、準備万全な状態で面接に臨める事が出来るとともに、面接で内定を勝ち取る事は容易なので、面接が億劫だと感じているのであれば、迷わず就職支援を利用するべきだと言えます。

就職支援の中には、サポートの質&紹介企業の質が悪い悪徳な就職支援もありますが、経験上、アドバイザーの方と密に話し合いの出来る就職支援であれば、自分の希望条件に合った職場に就職&面接突破を果たす事は容易です。

スポンサードサーチ

面接が苦手=就職支援を利用するべき4つの理由

人事目線の面接アドバイスが貰える

1つ目の理由としては、”人事目線の面接アドバイスが貰える”という点です。

これまでに数千名以上ものフリーターの就活に携わっているとともに、企業の人事担当者と直接やり取りをして、求人掲載を決めているアドバイザーの方から面接対策を受ける事が出来ます。

当然、これまでの経験と人事担当者との直接面談により、企業側がどういった人材を欲しているのかを熟知しているため、就職支援に相談をする事で、人事担当者・面接官はどういった点を見ているのか、そして、企業側が求めている質問に対する受け答えをレクチャーして貰えるのです。

要するに、就職支援への相談=面接の攻略法を熟知したうえで、面接に臨む事が出来るのです。

 

過去の面接者のデータを保有している

2つ目の理由としては、”過去の面接者のデータを保有している”という点です。

就職支援に求人を出している企業の多くが、これまでにその就職支援から人を紹介して貰った事のある、いわば”お得意様”といった企業になります。

そのため、過去に面接を受けた求職者の体験談、フィードバックを元に面接の練習を行ってくれます。

その結果、本番で聞かれるであろう面接の質問、筆記試験の内容等を事前に把握したうえで、面接に臨む事が出来るとともに、就職支援のデータに記載されている面接の質問に対する受け答えだけを丸暗記するだけで、内定獲得が取れると言っても過言ではないくらい、面接が低い難易度になるのです。

 

志望理由・自己PRの作成/添削をして貰える

3つ目の理由としては、”志望理由・自己PRの作成/添削をして貰える”という点です。

前述したように、過去に数千名以上のフリーターの就活に携わっているアドバイザーの方から、志望理由・自己PRの作成/添削をして貰えます。そのため、個人で考えた志望理由・自己PRと比べて、確実に企業側から好印象だと思われる内容の事を、面接で話す事が出来るのです。

経歴が乏しいフリーターの方の場合、面接ので印象・受け答え・アピールによって、経歴の悪さから来るマイナス評価を覆さなければなりません。

そのため、自分が想像している以上に、志望理由・自己PR・質問への受け答えは重要となりますので、”面接で話す内容に不安がある”という方であれば、迷わず就職支援に相談をするべきなのです。

 

経歴に対して寛大な企業に絞って就活が出来る

4つ目の理由としては、”経歴に対して寛大な企業に絞って就活が出来る”という点です。

就職支援を利用する事によって、“既卒フリーター向け”の就職支援である事を理解したうえで、それでも人材確保のために就職支援を利用している企業に絞って面接を行う事が出来ます。

そのため、「過去の経歴はそこまで気にならない」、「自社で育てる意志があるので、過去よりもこれから伸びるかを見極めたい」といったように、経歴に対して寛大な企業とのみ面接が可能なため、「そんな経歴でよくウチを受けたね」、「遊んでただけのフリーターを見ると虫唾が走る」といったように、経歴に対して嫌味を言われる事も無ければ、圧迫面接のような雰囲気とは無縁な就活をする事が出来るのです。

 

スポンサードサーチ

まとめ

人事目線の面接アドバイスが貰える

過去の面接者のデータを保有している

志望理由・自己PRの作成/添削をして貰える

経歴に対して寛大な企業に絞って就活が出来る

上記4つの理由から、就職支援を利用する事で、一人で面接に臨むよりも確実に面接突破を果たす事が出来るのです。

そのため、フリーターの方で、面接に苦手意識を持っている、あるいは面接に自信がないと感じているのであれば、迷わず就職支援を利用するのが良いのです。

中でも、「エージェントNeoは、自分が納得いくまで面接対策に付き合ってくれますし(就職支援の中でも、総サポート時間がNo1)、これまでの面接の内容(質問や筆記テストがある企業は、筆記テストの内容)が事前にメールで送られてきますので、不安点が0の状態で面接に臨む事が出来ます。

私も再就職の際に利用しましたが、6社中3社の内定を獲得する事が出来ました。

下記公式サイトにて、無料相談の申し込みが可能です。

★エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【フリーター必見】就活面接の苦手意識を克服するには、就職支援を利用するべき4つの理由。
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.