長い空白期間が不利にならない就活方法

長い空白期間が不利にならない就活方法

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

 

“空白期間が長いから就活でどう説明すればいいか分からない”、”空白期間が不利になる事は分かっているから、就活をするのが億劫”といったように、長い空白期間があるたけに就活をするのが不安という方も多いかと思います。

確かに空白期間は長ければ長いほど、企業側からの評価は右肩下がりとなります。

のため、空白期間が不利であるのは事実です。しかしながら、そのまま就活を先延ばしにすればするほど、再就職の道は絶たれていくor誰からも見向きもされないような”訳アリ”職場に就職をするしか道がなくなってしまいますので、なるべく早めに就活をするに越したことはありません。

そして、20代であれば、長い空白期間がそこまで不利になる事なく、就活をする事が可能です。

スポンサードサーチ

空白期間=就活に不利だと言える訳

面接官の評価が悪い

1年以上の”長い”空白期間があるという方であれば、“空白期間って実際の所どう見られているの?”という点がもっとも気になるポイントだとは思います。

「もしかしてそこまで不利にならないのでは?」と淡い期待を思っている方もいるかも知れませんが、実際の所は、自分が不安に感じている通りの見られ方をしているのが現実です。

やはり、”就職をしていない”というのは、世間一般からした場合、「社会性の乏しい人」、「変人」といったように思われてしまいますので、「採用した所で、会社へのメリットが一ミリもないのでは」、「採用するだけ無駄、逆に足を引っ張るのでは」といったように、懐疑的な目で見られます。

結果的に、再就職のために複数企業の面接を受けるものの、空白期間の説明が上手く出来ずに連敗続き⇒就職の意欲すらなくなる⇒無職・フリーターのまま30代に突入といった悲惨な人生を歩む事になりかねません。そのため、面接官が納得する空白期間の説明をしない限りは、内定獲得が難しいのが現状です。

 

中堅社員と同年齢

20代で1年以上の空白期間があるという場合、20代半ば~後半の年齢だと思いますが、社会的に見たら、”後輩社員が出来て大きなプロジェクトに参加をしている”、”仕事の進め方を理解して、一人で会社の利益を生み出している”、”自分が担当の顧客をいくつも持っている”といった中堅社員と同年齢or近い年齢なのです。

そのため、面接官および企業側は、自社の同年齢の社員と比較をして、あなたを見てきますので、「うちの○○と同い年なのに...」、「○○と比較して、能力が乏しい」といった評価をされてしまうため、就活に不利となってしまう場合が多いのです。

また、フリーター就活の場合、即戦力を欲する中途枠での雇用がほとんどですので、社会経験が乏しいフリーターの方の場合、そもそも向かい風が吹き荒れる中での就活を強いられてしまうのが現状です。

 

スポンサードサーチ

20代空白期間アリの最適な就活法

既卒フリーター向けの就職支援はマスト



ただ、冒頭でも書きましたが、20代であれば、長い空白期間をものともせずに就職を果たす事は可能です(※30代の場合は厳しい...)。その方法と言うのが、『既卒フリーター向けの就職支援』を利用する方法です。

そう言える根拠としては、下記の2つの点が挙げられます。

■求人を出している企業側=求職者の”職歴が乏しい”事を理解したうえで、それでもウチで育てたいと考えているため、過去の経歴が不利になりづらい

 

■就活アドバイザーの方が、”空白期間が長い理由”、”前職の退職理由”等の説明方法をレクチャーしてくれるため、万全の状態で面接に臨める

上記の2つの理由から、既卒フリーター向けの就職支援の利用はマストだと言えます。

何より、これまでに何名もの就活に携わってきたアドバイザーの方から、面接官の評価を一変させるのに重要な” 空白期間が長い理由”の説明方法を教えて貰う事が出来るため、個人で就活を進めるよりも、確実に内定獲得率は上がります。

中でも、私も再就職の際に利用した『エージェントneoは、これまでに1万5千人以上の方を就職成功に導いているという実績があるとともに、 求人を出している企業側の多くが、過去にエージェントNeoから雇用経験のある”リピーター”企業であるため、自分の経歴がたとえ悪かったとしても、エージェントNeoのブランド力によって、長い空白期間が不利になりにくいのです。


【公式】第二新卒エージェントneo

実際に利用した感想

私自身、1年半の社会人経験しかない状態に加えて、空白期間も半年以上と、一般的には”長い”と言われる空白期間を有した状態でエージェントNeoに相談をしました。

過去に別の就職支援(ジェイック)で就職失敗に終わった経験があったので、「就職成功できるのかな...」と懐疑的な目で見ていましたが、いざ利用してみると、ジェイックとは違い、個別サポートのため、面接対策や職種の相談を親身になって聞いて下さったので、 1ヵ月ほどで希望職種の仕事に就くことが出来ました。

※ジェイックでの就職がコケた理由としては、就職サポートまでの時間が1週間と短く、あまり企業について調べられなかったので、とりあえず内定出た所に入社したら、失敗しました。そのため、しっかりアドバイザーさんと就職先について相談しあえる個別サポートの方が、就職成功しやすいです。

何より、6社面接を受けたのですが、これまでの経歴に関して、嫌みやいちゃもんを付けてくる企業が皆無だった事、事前に聞かれるであろう質問を把握した状態で面接に臨めた事(※過去の面接者の体験談を元に面接対策をしてくれる)もあり、想像していた以上に面接がやりやすかったです。

ですので、”空白期間が不利になる事は分かっているから、就活をするのが億劫”といったように、長い空白期間があるたけに就活をするのが不安という方であれな、相談をしてみる価値はあると言えます。

何より、就活を怖がって動けずにいればいるほど、再就職出来る可能性は無くなっていき、30代になると、就職をしたいと思っても、そもそも応募できる求人がない...という状態に陥ってしまいます。

そのため、なるべく精神的な不安を感じずに就活の出来る就活法を実践するべきですし、エージェントNeoであれば、専任のアドバイザーにいくら相談をしても費用が一切掛からないため、就活に対して少しでも不安があるのであれば、相談をするべきなのです。

下記公式サイトにて、サポートの詳細&無料相談の申し込みが可能です。

エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-長い空白期間が不利にならない就活方法
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.