【転職しかない】社内ニート脱却=転職がベストと言える理由

【転職しかない】社内ニート脱却=転職がベストと言える理由

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

「朝のメールチェック以外する事がない」、「入社したてで自分の仕事がない」といったように、現在社内ニートだという方の場合、「社内ニートまじで辛い…」と感じているはずです。

とはいえ、社内ニートを脱却したいと思っていても、現実はそう甘くありません。

例えば、「何か仕事はありませんか?」と自ら仕事を貰いにいったり、就業よりも早く出社して雑用をして信頼を勝ち取らない限りは、状況の改善はないと言えます。

もしも、上記のような事をするのが嫌だ・めんどくさいというのであれば、転職するのが得策です。

社内に居続けて脱却を図るよりも、はるかに簡単に社内ニートから抜け出せます。

今記事では、

社内ニート脱却=転職がベストと言える理由

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

社内ニート脱却=転職がベストと言える理由

社内ニートになる理由=会社の問題

確かに、社内ニートとなる理由の中には、「能力がない」、「仕事で大きなミスを犯した」といったように、その人自身に問題がある場合もあります。

とはいえ、社内ニートになる最大の理由は、会社(上司) の仕事の割り振りが下手という点です。

仕事のできる上司であれば、新人に対しては、新人でも出来る初歩的な仕事(議事録の作成や顧客への一次対応など)を振ったり、自分のサポート役として、仕事をお願いします。

仮に、振った仕事が早く終わるようであれば、また別の仕事を見繕ってくれます。このように、仕事が途切れないように上司が配慮してくれます。

そのうえ、新人教育も丁寧です。独り立ち出来るように、初歩の初歩から教えてくれます。

ただ、社内ニートを生み出す会社はそうではありません。

”自分の仕事は自分だけで完結する”という人が上司であったり、”激務だから新人にまで目を配れない”という職場な事が多いです。

新人教育もろくにありません。”実践で学べ”というスタンスの会社ばかりです。

あなた自身の会社も、そうした新人をないがしろにする会社なのではないでしょうか。

もしも、そのような会社だった場合、あなたがどうこうしても状況は改善しません。上司自身が”頭良く”ならない限りは、来年の今頃も社内ニートのままと言えます。

転職活動=思っている以上に内定が取れる

例えば、入社1年目の方や、入社から3年も経っていないという方の場合、「いま辞めてすぐに内定が取れるのか不安」と感じるかも知れません。

確かに、職歴3年未満の退職=面接官にネガティブに思われるのは事実です。入社してすぐの転職活動であれば、尚更印象は悪いです。

とはいえ、転職活動をスムーズに進められる”ツール”は世に溢れています。

そして、そうしたものを活用する事で、思っている以上に内定はすぐに取れます。

その中でも、「転職支援の活用」は、すぐに良い企業から内定が欲しいというのであれば、マストといっても過言ではありません。

転職支援=平均1〜2ヶ月で内定獲得が出来ますし、経歴の粗をカバー出来る面接での受け答え、自己PR/志望動機のアドバイス、希望条件に応じた求人の紹介を徹底しているからです。

実際に、私自身1年半で退職という経歴にも関わらず、転職支援経由で1ヶ月ほどで転職先が決まりました。

私が相談したところは、【ウズキャリ既卒】という転職支援なのですが、ここは選考企業ごとに面接対策を行ってくれるので、他の転職支援以上に内定が取りやすいかと思います。

過去の面接者の体験談を元にしての面接対策となるので、「その企業が実際の面接でした質問」と「筆記試験の内容」を事前に把握出来ます。

実際に教えてもらった質問をそっくりそのまま聞いてきた企業もあったので、このサポートはかなり役に立ちました。

また、経歴に関する説明についても、模範解答を教えてくれます。

就活を知り尽くしたプロから、すぐに辞めた事に対する反省&同じ過ちは犯さないという事が伝わる説明文章をレクチャーして貰えるので、経歴の粗をカバー可能です。

求人紹介に関しても、こちらの希望を汲み取ってくれます。

仮に、「もう2度と社内ニートになりたくない」と相談すれば、新人教育に熱心な企業、若手人材を積極採用している企業、異業種・未経験からの転職者が活躍する企業等々、新人をないがしろにしない企業を紹介して貰えるという事です。

このように、転職支援に相談をして見る事で、転職活動の悩みの種である”面接”と”希望に合う求人があるのか”という2つの問題を解消出来るのです。

そのうえ、とんとん拍子で転職先が決まるので、社内ニートを脱却したいと言うのであれば、相談して見る価値があるはずです。

【口コミ10選】ウズキャリ既卒の評判は悪い?悪評ばかり?

【口コミ10選】ウズキャリ既卒の評判は悪い?悪評ばかり?

スポンサードサーチ

■まとめ

社内ニート=自分でどうこうしようにも、どうする事も出来ない事の方が多いです。

上でも書いたような新人をないがしろにする会社であれば、尚更です。

組織自体に問題があるので、平社員の立場では何も変える事は出来ません。

そのため、社内ニートである現状が辛いと感じているのであれば、転職活動を始めてみるのが吉です。

上司が近くを通るたびに仕事をしているフリをしたり、就業時間中何もしないで過ごしていても、何も良い事はありません。ただ、辛いだけですし、あなたの価値を下げる行為です。

なおかつ、そんな社会人生活に慣れてしまったら、他の企業で通用しない人材となってしまいます。

それも当然です。他の企業の同世代は、先輩のフォローをしたり、自分の出来る仕事を必死になってこなしています。

それに対して社内ニートのあなたは、8時間ずっーとネットサーフィンをしているだけなのですから。

集中力や仕事の優先順位の付け方、仕事をこなす速度、営業力、ビジネスシーンでのコミュニケーション力全てにおいて、差が開いていきます。

他の同世代と差がつく前に、行動すべきです。

上述した「ウズキャリ既卒」の場合、在職中でも転職サポートを受けられるスケジュールを組んでくれますし、自宅からオンラインでサポートを受ける事も可能です。

会社に一切バレずに転職活動を進める事が出来るので、会社で”浮く”事もありません。

オンラインにて無料相談を行っているので、まずは実際に相談をしてみたうえで、転職活動に利用するかどうかを判断してみるのが良いかと思います。

下記公式サイトにて、サポートの詳細、オンライン無料相談の詳細を確認出来ます。

■ウズキャリ既卒の公式サイトはこちら↓

既卒・フリーターでも内定率80%超え!【ウズキャリ既卒】

記事下




記事下




-【転職しかない】社内ニート脱却=転職がベストと言える理由
-, , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.