【ニートからの就活】空白期間の説明で”家事手伝いをしていた”はNG?最適な答え方!

【ニートからの就活】空白期間の説明で”家事手伝いをしていた”はNG?最適な答え方!

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

ニートから正社員への就職を目指している方の中には、「空白期間どう説明したら良いか分からない」、「家事手伝いという説明はやっぱり印象が悪い?」といったように、空白期間の説明に関して不安を感じている方もいるのではないでしょうか。

「空白期間は何をしていたのですか?」という質問は、面接で必ず聞かれます。

そして、それに対する回答次第で合否が決まるといっても過言ではありません。

例えば、「空白期間中はニートで…」と自信なさげに答えた場合、「この人は採用しても戦力にならない」と企業側は判断します。

つまり、面接開始からものの5分で内定の芽が潰えるのです。そのため、空白期間の説明は”超重要”なのです。

そこで今記事では、

ニート/家事手伝いの空白期間の説明方法

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

ニート/家事手伝いの空白期間の説明方法

正直に家事手伝いと話すのが吉

”家事手伝いをしていた”という説明について、「馬鹿にされない?」、「印象悪くならない?」といったように感じる方もいると思います。

確かに、空白期間の説明で家事手伝いをしていたと話す人は少数です。大抵は、バイトをしていた、資格取得の勉強をしていた、個人でフリーランスで活動していたといったように、”ただだらだら過ごしていた訳じゃない”という事を証明しようとします。

その点、家事手伝いをしていたというのは、悪目立ちするのは事実です。

とはいえ、バイトをしていないのにバイトをしていた、フリーランスで何も成果をあげていない・活動していないのに、フリーランス で生計を立てていたと嘘を話すよりかはマシです。

というのも、そういった嘘はすぐにバレるからです。

例えば、バイトをしていたと話した面接者に対して、企業は「バイトで得た経験は何か」、「バイト時代に努力していたものは?」といったように、深く追求してきます。

フリーランス や資格勉強をしていたといっても、同じように追求されます。

そして、やってもいない事を深く話せる訳もないので、結局嘘がバレてしまうのです。

嘘がバレたら最後、内定はあり得ません。平気で嘘をつくような人を企業側も採用したいと思わないからです。

そのため、見栄をはって嘘をつくよりかは、家事手伝いと正直に話した方が、内定が取れる可能性はあります。

そして、説明の内容次第では、家事手伝いという説明でも十分内定は取れます。

つまり、空白期間中の説明として、家事手伝いをしていたと話しても大丈夫です。

家事手伝いの最適な説明方法

上で書いたように、説明の内容次第では、家事手伝いをしていたと話しても、内定は取れます。

重要なポイントは、「過去を反省しており、今の自分はその頃とは違う」という事を伝える事です。

参考までに例文を挙げます。

恥ずかしながら、空白期間中はニート状態でした。

ただ、このままじゃいけないと思い、「働くなら定年まで勤められる、やりがいのある仕事を見つけたい」という思いで、自己分析に多くの時間を当てました。

そして、御社の業務内容がまさしく学生時代にやりたかった事と合致していたので、志望しました。

人よりも経歴が悪いうえに、空白期間中に資格の一つでも取っておけよと思うかも知れません。

ただ、絶対に御社で活躍してやるという気持ちは誰にも負けません。

「御社に骨をうずめるつもりで働きたい」と考えています。

引用:【例文あり】空白期間を説明する際に重要な3つのポイント!【2年以上の空白期間でも内定獲得可能】

このように、過去への反省を交えつつ、入社後長く働こうと思っている事を話す事で、企業側も採用に前向きになります。

ちなみに、この例文は【第二新卒エージェントneo】で私が実際に就職相談をした時にアドバイスを受けたものです。

もしも、「空白期間の説明の文章が思い浮かばない」、「自分で考えた説明が本当に良いものなのか不安」というのであれば、”プロ”に頼るのもありです。

就活を熟知したプロのアドバイザーの方が構成した文章となるので、内定獲得率はグッと上がるはずです。

スポンサードサーチ

■まとめ

正社員になりたいと思っても、面接を突破しなければ正社員にはなれません。

結局今と変わらずニート生活を続ける事になります。そうなってしまえば、歳をとった後に後悔します。

それもそのはず、30代を迎えると、未経験者OKの求人に応募をしても、企業側から全く見向きもされなくなるからです。

30代=後輩も出来て部署をまとめたり、ガンガン案件を処理する歳です。言うならば、”即戦力”です。

それにも関わらず、ニートの30代=そうした事とは無縁です。戦力になるどころかお荷物になりかねません。

それが20代のフレッシュな新人であれば、将来性があるしな!という事で許されます。

ただ、30代以降はそうはいきません。「ウチのエースの〇〇君と同い年なのにえらい違いだな…」と馬鹿にされてしまうのです。

そういった将来が嫌だというのであれば、就活の最初の鬼門である”空白期間の説明”を突破しなければなりません。

そのためにきちんと文章を考えて暗記する必要があります。

もしそれが出来そうにないのであれば、上でも書いたように、就職支援に頼むのがベストです。

空白期間の説明方法以外にも、面接で聞かれるであろう質問への回答例などもレクチャーして貰えるので、内定に近づくはずです。

私もエージェントNeoに相談をした時、過去の面接者が聞かれた質問と筆記試験の内容を事前に教えて貰えました。

実際伝えられた内容が質問されたので、うまく対応出来ました。

このように、面接が不安、空白期間をどう説明したら良いか分からないという方にはうってつけのサービスとなっているので、相談をしてみる価値はあるかと思います。

ニートだろうが、今まで職歴がなかろうが、就活のサポートを受けられますし、自分のこれまでを馬鹿にされる事もありません。

むしろ、就活の悩み相談が出来る相手を得られるので、今よりも精神的に落ち着いて就活が出来るはずです。

◆エージェントNeoのサポート内容についてはこちら↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【ニートからの就活】空白期間の説明で”家事手伝いをしていた”はNG?最適な答え方!
-, , , , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.