既卒の就活がうまくいかない3つの訳&4週間で内定が取れる就活成功法

既卒の就活がうまくいかない3つの訳&4週間で内定が取れる就活成功法

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

 

既卒フリーターとして就活をしている方の中には、「書類選考の時点で弾かれる」、「面接がうまくいかない...」、「経歴が経歴なだけに全く相手にされない」といったように、就活がうまくいかない...”と行き詰まりを感じている方もいるのではないでしょうか。

ただ、既卒フリーターであっても、複数社から内定を獲得する事は可能です。

確かに、新卒の時に比べて、就活が長期化する可能性が高いのも事実ですが、”既卒フリーター”という立場がどう見られているのか、社会的にはどういう状況なのかを理解する事で、内定を獲得する事が出来ます。

スポンサードサーチ

既卒の就活がうまくいかない3つの理由

企業側からの評価が低い

既卒フリーターが、企業からどう見られているのかと言うと、自分が想像している以上に、「本当に活躍できるのか?」、「採用して役に立つのか?」と思われています。

そして、年齢が高ければ高いほど、「採用する価値がないのでは」という疑念を思われてしまうのです。

それもそのはず、企業側からしたら、自分の会社の同年代の方が、きちんと仕事で成果を上げているのに対して、”今の今までアルバイト生活をしてきた”、”社会人経験の上積みをして来なかった”となれば、信用して貰うポイントがないのと一緒です。

これまで何をしてきたのか、これまでどういった成功体験があるのかという点から、信用度は生まれてくるため、結果的に、自慢できる経歴のない既卒フリーターの場合、就活がうまくいかない...という状況が続いてしまうのです。

 

就活のノウハウが乏しい

これまでの経歴で勝負する事が出来ない既卒フリーターの場合、就活のノウハウで勝つ方法しかありません。

例えば、自己PRで何を言えば良いのか、面接の受け答えはどういった事を話せば、評価が上がるのか等々、内定が獲得しやすい”ノウハウ”を把握したうえで、面接に臨まない限りは、面接の連敗を積み重ねるだけとなります。

要するに、既卒フリーターというマイナスな経歴があるにも関わらず、「この人はウチで働いて欲しい」、「採用する価値がある」と面接を受ける企業の人事担当に思わせる受け答え/履歴書を提出しないといけないのです。

これまでの就活を振り返って、「自己PRでうまく話せなかった」、「志望動機が思い浮かばず、テンプレを引用してきた」、「経歴の説明は、ネットで拾ってきた例文をそのまま言った」といったように、”そりゃ内定獲得できないよな...”と思い当たる節があるのであれば、面接で話す内容をきちんと精査する必要があります。

※例えば、どこの企業にも当てはまる事を言っていないか、その企業にしか言えない(企業の事業内容に沿ったものか)ような志望動機になっているか等々、修正をしていかなければなりません。

 

ブランク期間が伸びていく

就活をしているものの、全くうまくいかない...となっては、ただ単にブランク期間を伸ばし続けているだけとなります。結果的に、どんどんと就職出来る可能性が無くなっていくのです。※一般的に、ブランク期間が長ければ長いほど、人材としての価値が下がっていく

そのため、既卒フリーターの場合、就職までのスピード感もさる事ながら、一つ一つの面接を確実に取りに行く、就活の質も重要となってくるのです。

そして、上記3つの問題点を解消するためにも、就活のプロからアドバイスをして貰える+常に相談をする事の出来る既卒フリーター向けの就職支援を利用するべきなのです。

 

スポンサードサーチ

既卒の就活に最適な就職支援

エージェントNeo=既卒に最適な理由


【公式】第二新卒エージェントneo

既卒フリーター向けの収書支援の中でも、「エージェントNeoは、サポートにかける時間がダントツ(総サポート時間の平均が十時間)な事もあり、内定獲得率を格段にアップする事が出来ます。

というのも、自己PR・志望動機の作成/添削、面接対策、求人の厳選等々、全ての局面において、専任となってサポートをしてくれるため、確実に内定獲得が出来る就活方法をアドバイスしてくれるのです。

そして、エージェントNeoの場合、以前エージェントNeoから人を採用した事のある企業も多いため、実際に本番の面接で質問された内容を、アドバイザーの方が把握しています(過去の面接者の体験談をフィードバックして貰っている)。そのため、面接でどう受け答えをすれば良いのかを完璧な状態で、面接に挑めるという点も、内定獲得率が上がる秘訣と言えます。

ですので、「書類選考の時点で弾かれる」、「面接がうまくいかない...」、「経歴が経歴なだけに全く相手にされない」といったように、”就活がうまくいかない...”と行き詰まりを感じている方であれば、相談をしてみる価値のある就職支援なのです。

下記公式サイトより、無料相談の申し込みが可能です。
前述したように、既卒フリーターとして就活をしている期間が長ければ長いほど、就職市場での自分の価値は下落していくだけですので、エージェントNeoのように、就活のノウハウをアドバイスして貰える就職支援を利用して、効率よく就活を進めるのが得策なのです。

エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-既卒の就活がうまくいかない3つの訳&4週間で内定が取れる就活成功法
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.