土日相談可な就職支援はある?平日に相談に行けない方必見!

土日相談可な就職支援はある?平日に相談に行けない方必見!

投稿日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

正社員として入社をしたものの、『自分がイメージしていた仕事とはかけ離れていた』、『勢いで入社をしたものの毎朝憂鬱だ』といったように、今勤めている会社への不満があるという方であれば、『別の会社に転職がしたい』と感じているはずです。

しかし、新卒で入社をして3年も経っていない方や、正社員になってまだ間もない20代の方の場合、そうは言っても、『ここで転職を選択したら苦労するのでは?』という不安が過って、転職に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、在職期間が短い中での退職=面接を受けたとしても印象が悪いという事は、言わずもがな把握している現実だと言えますし、「そもそも平日は仕事漬けで、相談に行けない」という時間的な制約もあるので、会社への不満を抱えながら、仕事をするという選択を取っている方が多いかと思います。

ただ、その状態を続けていたとしても、正直言って、状況が良くなる事はありません。

むしろ、我慢我慢の毎日がたたって、精神的に参ってしまう事に繋がります。「毎朝会社に行くのが憂鬱」、「週末が終わる日曜の夕方頃から、明日の出勤で気が思い」、「頭痛や胃が痛くなる事が頻繁にある」、「何のために生きているのかが分からなくなる時がある」といったような、症状を感じている方であれば、尚さら限界状態が近いと言えますので、転職活動をして状況を改善するべきです。

※上記の症状全て、私自身ブラック企業に勤めていた時に感じていた症状です。

そして、20代の就職支援の中には、在職中の方でも相談する事が出来るように、土日に相談できる就職支援も存在しますので、仕事が忙しく、平日に相談に行けないという方は、土日相談をしてくれる就職支援にまずは、話をしてみて、今後の道を決めてみるのが最適です。

スポンサードサーチ

土日相談可能な就職支援

土日相談可=意外と少ない

第二新卒向けの就職支援は、非常に多く存在していますが、土日相談が出来る就職支援は意外と少ないのが現状です。

第二新卒・フリーター向けの就職支援の土日相談状況★

ジェイック×(※研修型の就職支援なので、平日5日間朝から晩まで研修を受けなければならない)

ウズキャリ既卒×

マイナビジョブ×

いい就職.com… ×

キャリアスタート×

パソナキャリア×

ハタラクティブ

第二新卒エージェントNeo

 

マイナビジョブやウズキャリ既卒といった名前は、ネットや電車の広告等で見かけた事があるという方もいるかも知れませんが、マイナビジョブ、ウズキャリ既卒といった有名どころの就職支援であっても、土日相談をしていないのが現状です。

やはり、就職支援としては、在職中の方よりも、就職の見込みがある(※人材紹介料が発生しやすい)フリーター・ニートをメインターゲットにしている事もあり、土日相談が出来る就職支援は少ないのです。

正社員が週末となる土日=フリーターの方は稼ぎ時となりますので、必然的に平日相談の就職支援が多いのです。

ただ、選択肢が少ないからといって、転職を辞めた方が良いという訳ではありません。前述したように、転職しない事には、今の職場に居続けてもマイナスになるだけですし、個人で水面下で転職活動をしたとしても、中々重い腰が上がらないor経歴の傷が足を引っ張り、転職先が決まらないといった事になる恐れがあるためです。そのため、就活のプロであるアドバイザーの方がサポートをしてくれる第二新卒向けの就職支援は、利用するべきなのです。

ハタラクティブ

未経験歓迎の求人を常時2,000件以上保有している「ハタラクティブ」は、土日の相談も受け付けています。

ただ、ハローワークのように、「毎月第○土曜日のみ、土曜日営業をしている」といった不定期での相談となってしまいますので、『登録してみたものの、1ヵ月のうちに対面して相談出来たのが1回・2回』といった事になる可能性はあります。

ハタラクティブの口コミに関してはこちらにまとめられています↓

ハタラクティブの口コミ評判

エージェントNeo

保有求人数&相談者一人当たりのサポート時間の長さは、他の就職支援の追従を許さない『エージェントNeoは、無料登録の際に、「平日は相談に行けないので、土日相談を希望したい」という趣旨を伝える事で、今後の就活サポートの日程を決めて貰えます。

かくいう私も、エージェントNeoを利用して、就職成功した(※大手町のシステム会社を紹介して貰えました。)身ですが、「ここは入社するべきではない」といった”地雷”求人を徹底的に弾いているシステムを採用しており、実際に私が相談をした時も、話した内容から逸れたものは紹介して来なかったですし、紹介求人の会社評を見てみても、悪評が少なかったです。

そのため、個人的には、転職によって、状況を変えたければ、相談してみる価値があると言えます。

私が実際に紹介された求人はこちら↓

【実際に紹介された求人内容を紹介!】第二新卒エージェントNeoの紹介企業の質は高い!既卒フリーター(早期離職歴アリ25歳)時に紹介された求人内容はこちら⇒

スポンサードサーチ

気軽に相談可能!

相談=転職の第一歩としては最適

「転職したい」、「毎日職場に行くのが辛い」といったように、ただ思うだけでは何も変わりません。状況を改善するためには、やはり行動しなくてはいけないのは、自分でもわかっているはずです。

ただ、毎日の仕事で擦り減っている状態で転職活動をするのは、非常にキツイのも分かります。求人サイトへの登録、求人検索、自己PR・志望動機の作成、履歴書の準備、面接の答えを考える、面接に行く等々、やる事が多く、やる事リストをまとめただけで、「転職活動をする気が失せた」と感じてしまう方もいるかと思います。

しかしながら、第二新卒向けの就職支援であれば、自分の要望を話す事で、担当のアドバイザーがその内容を元に求人を厳選してくれますし、面接で聞かれるであろう質問への回答例をアドバイスしてくれます。そのうえ、全ての事を無料でサポートしてくれますので、転職への第一歩としては最適なものだと言えます。

そのため、『自分がイメージしていた仕事とはかけ離れていた』、『勢いで入社をしたものの毎朝憂鬱だ』といったように、今勤めている会社への不満があるという20代の方であれば、一度相談をしてみるべきです。

前述したハタラクティブであっても、第二新卒エージェントNeoであっても、最初のカウンセリングは、1時間程度で終わるため、週末丸々一日潰れた…という事もありません。そのため、平日に相談に行けない…という在職中の方であれば、まずは話を聞いてみてから、実際に利用するかを考えてみるのが吉です。

記事下




記事下




-土日相談可な就職支援はある?平日に相談に行けない方必見!
-, , , , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.