【例文あり】前職の在職期間が短い場合の退職理由の最適な伝え方とは。【20代の就活】

【例文あり】前職の在職期間が短い場合の退職理由の最適な伝え方とは【20代の就活】

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

前職を早期離職してしまったという方の場合、「前職の在職期間の短さ=就活に悪影響を及ぼすのでは」と不安に感じているかと思います。

確かに、前職の在職期間が短いとなると、「採用してもすぐに辞めてしまうのでは」、「”逃げ癖”のあるやつ」といった印象を企業側は抱きます。

つまり、なぜ前職をすぐに辞めてしまったのかを企業側が納得する内容で説明出来ない限りは、内定が獲得出来ません。

そのため、「もう就職出来ないのでは…」と絶望してしまう気持ちも分かります。

ただ、ポイントを抑えて在職期間が短かった理由を説明する事で、企業側も納得してくれます。

そこで今記事では、

◆企業側が納得する退職理由の伝え方

◆退職理由の例文

◆面接がうまく出来るか不安な方向けの就活法

 

私自身、前職を1年半ほどで退職しましたが、1ヶ月で再就職出来ました。その実体験を交えつつ上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

■退職理由の伝え方

重要な3つのポイント

冒頭でも書いた通り、内定を取るためには、”なぜ前職をすぐに辞めてしまったのか”を企業側が納得する内容で説明しなければなりません。

こうして書くと難しいように聞こえるかも知れませんが、3つの点を抑える事で企業側がうなづく説明は作れます。

◆早期離職した事への反省

◆すぐに辞めた経験から学んだ事

◆前向きな志望動機

 

上記3つの点を念頭において、在職期間の短さ、すぐに辞めてしまった理由を説明する事で、企業側からの悪い印象を拭い去る事が可能です。

そして、すぐに辞めてしまった理由を説明するに辺り、絶対にしてはいけない事は、「他人・企業のせいにする事」です。

確かに、すぐに辞めてしまった理由=労働条件が悪かった、待遇と残業時間が見合っていなかったなど、企業側に非があったという方もいるかと思います。

とはいえ、前の職場の文句を口にしたところで、面接官は同情してくれません。

むしろ、「失敗を人のせいにするやつ」、「その職場を選んだのは自分なのに…。悔やむべきは自分のリサーチ不足だろ」といったように、マイナス評価を下します。

そのため、たとえ企業側の労働条件が理由ですぐに辞めてしまったとしても、その企業のせいにしてはいけないのです。

不服かも知れませんが、自分の責任という事を伝えるのが吉です。

退職理由の例文

先ほどの3つの点を踏まえた退職理由の例文は下記となります。

の例文は、実際に私が再就職の際に利用した、エージェントNeoという就職支援にてアドバイスを受けて作成したものです。

結果としては、6社中3社から内定→1ヶ月で再就職を果たす事が出来たので、参考にしてみてください。

■退職理由の例文

「退職した理由としては、大きく2つの理由があります。

まず第1に、自分に向いている仕事内容であるのかを見抜けなかった自分に責任があります。

そして、第2の理由としては、志望していた部署とは異なる部署に配属され、今後も異動の可能性が薄かったので、退職を決意しました。

自分の志望していない仕事であったものの、結果を出す努力をしていたのですが、私自身としては、○○(志望職)で仕事をするという事が諦めきれず、今後を考えると目指すべき道を早くに選んだ方が良いと判断し、不本意ではありましたが、短期退職をする事に致しました。

そして、前職のようなミスマッチを起こさないために、徹底的に業界調査、企業研究を行い、御社の業務内容がもっとも自分のやりたい仕事と合致をしていたので、志望させて頂きました。

採用していただけるのであれば、御社の〇〇部署にて新商品の開発・販促をしていきたいです。」

 

上記のように、謙虚に短期退職の非を認めたうえで、再就職を狙っている企業が、自分のやりたい仕事である事をアピールしていくのが最適です。

たとえ前職の労働条件の悪さを理由に辞めたとしても、そこは隠して「志望した仕事とは別の事をやらされた→御社は志望している仕事にマッチしていた」というように、在職期間が短い理由を説明→志望動機に繋げるのが得策です。

このように、前職の在職期間が短い事が不安、どう説明して良いか分からないという方は、就職支援に相談をして自分に合った説明を作成して貰うのがベストと言えます。

自分1人で作成するよりも、これまで何名もの既卒者を就職成功に導いたプロのアドバイザーと一緒になって作成した文章の方が、確実に内定は取れます。

◆エージェントNeoの詳しいサポートについて↓

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

スポンサードサーチ

■面接が不安な方向けの就活法

就職支援の利用

上述のように、就職支援を利用する事で、在職期間が短った理由はもちろん、志望動機や自己PRの文章まで考えてくれます。

なおかつ、面接対策に多くの時間を割いてくれます。

私自身、エージェントNeoを通じて就活をした際、諸々のサポート時間が合計10時間は超えていましたし、面接本番の前日に、最終チェックとして面接練習の時間を設けてくれました。

そのおかげ、完璧な状態で面接に臨む事が出来ました。

そのうえ、就職支援が紹介する企業=前にもその就職支援から採用した事がある・就職支援の実績や考えに賛同している企業となります。

そのため、就職支援から紹介された人材に対する前評判が良いのです。

常であれば、前職の在職期間が短い場合、「採用してもすぐに辞めてしまうのでは…」と、ネガティヴに思われてしまいます。

ただ、就職支援を介する事で、「 ここの就職支援が紹介してくれる人材なら信頼出来る」と採用に前のめりになってくれるのです。

つまり、個人で面接に挑むよりも、面接突破が容易なのです。

そして、エージェントNeoの場合、15,000名もの就職実績を誇り、「既卒者ながら良い人材を紹介してくれる」と就活市場でも名の知れた就職支援です。

利用満足度3冠を受賞しているほどのサポート力と実績を味方に就活が出来るので、たとえ経歴が悪くとも1ヶ月もあれば、優良企業に就職が可能なのです。

ですので、面接が不安だという方は、利用してみる価値があると言えます。

下記公式サイトにて、サポートの詳細、無料カウンセリングについてを確認出来ます。

一読してみてから、利用するかを判断してみるのが良いかと思います。

◆エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

■まとめ

前職の在職期間が短い場合、「こんな経歴じゃ就職は無理…」と落ち込む気持ちも分かります。

”3年は我慢しろ”という言葉がある通り、3年未満の退職=いまだに悪いイメージを持たれてしまうのも事実です。

とはいえ、上記のように、ポイントを抑えて退職理由を説明する事によって、内定は勝ち取れます。

仮に、企業側が納得する短期離職理由を1人で作成→説明出来るというのであれば、何も不安がる必要はありません。

そのまますぐに就活をしたとしても、内定は取れます。

ただ、「いくら考えても文章が出てこない」、「面接が心配」といったように、不安が消えないというのであれば、プロの就活アドバイザーと二人三脚で就活を進められる就職支援に相談をするのが吉です。

そして、エージェントNeoの場合、面接で想定される質問への受け答えを事細かくレクチャーしてくれますし、志望動機や自己アピール文も一緒になって作成してくれます。

そのうえ、希望条件以外の企業は紹介して来ません。前職のように労働条件の悪い企業を斡旋してくる事もありません。

ですので、再就職を成功させたいのであれば、相談してみる価値があるのです。

既に1度就活に失敗している状態ですので、今回の就職が失敗に終わると一気に窮地に立たされます。

短期離職歴2回となれば、「学習能力のないやつ」としてしか見られません

内定を取るのは非常に難しくなるのを理解しなくてはいけません。

そのため、今回の就職の成功確率を上げるためにも、就活のプロと一緒に就活が出来る就職支援は利用しておくべきなのです。



記事下




記事下




-【例文あり】前職の在職期間が短い場合の退職理由の最適な伝え方とは。【20代の就活】
-, , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.