【例文あり】前職の在職期間が短い場合の退職理由の最適な伝え方とは。【20代の就活】

【例文あり】前職の在職期間が短い場合の退職理由の最適な伝え方とは。【20代の就活】

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

就業後のミスマッチや想像以上に労働環境が悪かったといった理由などで、前職を短期離職してしまった方の場合、『職歴の傷が再就職活動に響くのか』という点が気になるかと思います。

前職の在職期間が短いとなると、企業側としては「根気のない人」、「採用したところでまた辞めてしまうのでは」といったように、本当に社員として頑張ってくれるのか懐疑的になってしまいます。

そのため、前職を短期離職という職歴は、就活に暗い影を落とす事になる可能性は、はっきり言ってあります。

実際に、ネットで調べてみても、「前職を1年未満で辞めたものの、全く内定が貰えず気づけば半年…」、「面接を受けたものの、”3年未満で辞めるなど言語道断。社会人としてなっていない”と強い口調で言われた。」など、在職期間が短いという事で、就活がうまくいっていないという方もいます。

とはいえ、前職を短期離職してしまった事を悔やんだところで、過去に戻る事は出来ません。

そのため、前職の在職期間が短い場合であっても、内定を取れる就活方法を実践すべきです。

中でも『企業側が納得する退職理由を伝える』事で、上記で挙げたような企業側の懐疑的な意見を払拭する事が可能なので、内定獲得にもっとも効果的だと言えます。

そこで、今記事では、

◆企業側が納得する退職理由の伝え方

◆退職理由の例文

上記について書いていきます。

私自身、退職理由や志望動機といった面接での受け答えに関して、とことんまでブラッシュアップをかけたおかげもあり、前職を1年半ほどで退職したものの、1ヶ月ほどで再就職出来たので、是非とも参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

■退職理由の伝え方

重要な3つのポイント

企業側が納得をする退職理由を伝えられない限りは、冒頭で書いたように、「採用して大丈夫なのか…」と思われてしまい、内定を獲得する事は出来ません。

そのため、企業側の悪いイメージを払拭するような内容を伝えなければならないのです。

そして、下記3つのポイントを踏まえて、文章を構成する事で、前職の在職期間が短い場合であっても、マイナス評価にならないと言えます。

◆短期離職をした事を素直に反省する

◆短期離職の経験から企業選びをした事を伝える

◆前向きな転職理由を伝える

 

上記3つの点を抑えて、退職理由の文章を構成するのが吉です。

たとえ短期離職をした理由が、労働環境が悪かった、人間関係がこじれたなどの、会社に非があるものであっても、他人のせいや前職への不満を漏らす事で、「自分の非を認めない自己中心的な人間」、「協調性がなくトラブルメーカーになる可能性大」といったように、ネガティブな評価をされる事になります。

ですので、”他人”のせいにするのではなく、自分が至らなかったという事を素直に認めるのは大切な事です。

また、「短期離職の経験から企業選びをした事を伝える」とはどういう事かと言いますと、短期離職をした理由が、「思っていた仕事内容と違った」、「聞いていた部署と違う部署に回された」といった終業後のミスマッチだった場合、

それを素直に伝えたところで、「企業研究不足でしょ」、「きちんと情報収集していればそんな事にはならない」と評価されてしまいます。

そのため、

「前職を短期離職した原因として、仕事内容のミスマッチがあります。ですので、今回の就活は、同じ二の足は踏まないように徹底的に企業研究を行いました。そして、御社の業務内容、経営理念(※具体的な仕事内容や会社情報など、詳しい内容であればあるほど信憑性が伝わる)に感銘を受けたので、是非とも御社で仕事がしたいと思い志望しました。」

といったように、短期離職をした反省を踏まえて、就活をしている事をアピールして、企業側から「前の経験を活かしている」と思わせる伝え方をすべきです。

そして、「前向きな転職理由を伝える」のも非常に重要です。

具体的には、志望した企業で何がしたいのか、志望動機などを交えて伝えると、本気度が伝わります。

退職理由の例文

先ほどの3つの点を踏まえた退職理由の例文は下記となります。

「退職した理由としては、大きく2つの理由があります。まず第一に、自分に向いている仕事内容であるのかを見抜けなかった自分に責任があります。

そして、第二の理由としては、志望していた部署とは異なる部署に配属され、今後も異動の可能性が薄かったので、退職を決意しました。

自分の志望していない仕事であったものの、結果を出す努力をしていたのですが、私自身としては、○○(志望職)で仕事をするという事が諦めきれず、今後を考えると目指すべき道を早くに選んだ方が良いと判断し、不本意ではありましたが、短期退職をする事に致しました。

そして、前職のようなミスマッチを起こさないために、徹底的に業界調査、企業研究を行い、御社の業務内容がもっとも自分のやりたい仕事と合致をしていたので、志望させて頂きました。

採用していただけるのであれば、御社の〇〇部署にて新商品の開発・販促をしていきたいです。」

 

上記のように、謙虚に短期退職の非を認めたうえで、再就職を狙っている企業が、自分のやりたい仕事である事をアピールしていくのが最適です。

ちなみに、この退職理由の作り方は、私自身お世話になった【第二新卒エージェントneo】という就職支援にてアドバイスを受けたものです。

おかげで、前職を1年半ほどで辞めたにも関わらず、6社中3社から内定→1ヶ月で再就職を果たす事が出来ました。



スポンサードサーチ

■まとめ:不安なら就職支援に相談するのがベスト

退職理由の伝え方、例文を書いていきました。

しかしながら、中には「自分で考えた退職理由の文章に自信が持てない」、「中々短くまとまらない」といったように、自分の考えた退職理由の文章で、企業側のマイナス評価を覆す事が出来るのか不安といった方もいるはずです。

そういった方の場合、迷わず既卒フリーター向けの就職支援へ相談をすべきです。

というのも、先ほども書いたように、今記事で書いた退職理由を伝える時のポイント・退職理由の例文は、エージェントNeoという就職支援で私が教わった事ですし、これまでに何名もの経歴に難のある方の就活を成功に導いてきたアドバイザーの方が、一緒になって文章を考えてくれるので、企業側が納得する退職理由を伝える事が可能だからです。

 

そのうえ、エージェントNeo=20代の既卒フリーター・第二新卒の求職者を紹介する就職支援という事を分かったうえで、企業側も求人を出していますので、経歴の傷に対して寛容なのです。

そのため、たとえ前職の在職期間が短い場合であっても、通常の就活よりも内定獲得がしやすいという利点もあります。

「前職の在職期間が短いので不安」、「退職理由の伝え方が分からない」、「誰かに相談をしながら就活したい」といった方であれば、アドバイザーの方に常に相談が出来るため、相談をしてみる価値があると言えます。

下記公式サイトにて、サポートの詳細&無料相談の申し込みが可能です。

短期離職歴がある場合、すぐさま就活を始めないと、”空白期間の長さ”が経歴に上乗せされてしまいます。要するに、就活を先送りにすればするほど、より経歴が悪くなるので、内定獲得が難しくなるのです。

ですので、思い立ったが吉日、相談をしてみるべきなのです。

※20代限定の就職支援となりますので、20代以外の方は利用できません。

★エージェントneoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【例文あり】前職の在職期間が短い場合の退職理由の最適な伝え方とは。【20代の就活】
-, , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.