【2社で就職支援経験アリ!】既卒フリーター専門の就職支援の選び方3選!【〇〇な所はやめとけ】

【2社で就職支援経験アリ!】既卒フリーター専門の就職支援の選び方3選!【〇〇な所はやめとけ】

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

フリーターから正社員への就職を考えている方の中には、就職の成功率を上げる&楽に内定を取りたいという気持ちから、就職支援への相談を考えている方も多いかと思います。

とはいえ、就職支援の利用が初めてだという場合、「一体どこの就職支援が良いの…」、「相談しない方が良い就職支援はあるの?」といったように、就職支援の選び方・どこを見て利用する就職支援を決めれば良いのかという点に疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。

確かに、就職支援を利用する事で、内定獲得率は上がります。

1ヶ月ほどで入社が出来るので、とんとん拍子で正社員になる事が可能です。

ただ、その反面”相談するのはやめとけ ”と言える就職支援も存在します。

そこで今記事では、

◆就職支援の選び方

◆利用するのはやめとけと言える就職支援の特徴

 

上記について、2社の就職支援に相談経験のある私の体験談を交えつつ書いていきます。

就職支援の選び方が分からない、就職成功に近づく就職支援が知りたいといった方は、一読してみてください。

スポンサードサーチ

■就職支援の選び方

3つのポイント

ご存知の方も多いと思いますが、既卒フリーターを対象とした就職支援=数多く存在します。

そのため、「どこに相談するのが一番良いの…」と思ってしまうのも無理はありません。

とはいえ、下記3つの点を満たしている就職支援であれば、良い企業への就職が実現可能です。

・就職実績が豊富

・個別サポート型の就職支援

・実際に求人企業の職場を訪問している

 

就職支援を選ぶ際は、上記点を見るのが大切です。

就職実績が豊富=その分だけ企業とやり取りをしてきたという事です。

つまり、企業側との信頼関係が強い証拠なのです。

その結果、信頼している就職支援からの紹介人材=面接をする価値がある・前向きに採用を検討する価値のある人材と評価してくれます。

そのため、躓く事なく内定獲得が可能なのです。

また、実際に求人企業の職場を訪問している就職支援も、就職成功に近づく支援所の特徴と言えます。

というのも、実際に職場を訪問しているため、就活サポートを担当するアドバイザー=求人企業の労働環境の実情を把握しています。

求人票には記載されていない情報(社員の年齢層や直近3ヶ月間の社員の平均残業時間など)もこと細かく説明してくれるので、就職後のミスマッチが起こりづらいのです。

なおかつ、興味のある企業が、定着率の悪い、労働条件の悪いブラック企業だと分かれば、紹介を取りやめます。

そのため、紹介された企業が実はブラック企業だった…という最悪の事態を回避出来るのです。

やめとけと言える就職支援の特徴

冒頭でも書いた通り、就職支援の中には、相談するのはやめとけ ”と言える就職支援も存在します。

その特徴が、「集団サポート型の就職支援」です。

・1人1人の不安を汲み取る時間がない

・サポートに時間が決められている

・希望条件に合った求人を紹介して貰えない

 

上記は、集団サポート型の就職支援を利用した場合に起きるデメリットです。

学生時代に経験をした授業のように、一人の講師が大人数に対してサポートを行う形式であるため、一人一人の悩みにそってアドバイスをするのではなく、「面接を受ける時はこう!」、「志望動機の書き方はこう!」など、就活の”公式”をただ教えていくだけなが、集団サポート型の特徴です。

ただ、大人数を相手にしなければいけない事と、履歴書の作成アドバイスの時間は〇〇時間、面接対策の時間は〇〇時間など、それぞれのサポートに”リミット”が設定されている事=求職者側からしてみれば、物凄い不都合です。

というのも、一人一人就活に関する悩みは違います。

「異業種からの転職の場合、志望動機はどう書けば良いのか…」という人もいれば、「元々夜職をしていて、夜職の経験は自己PRに繋がるのか知りたい」という人もいます。

面接が苦手だから面接対策を重点的にして欲しいという人だっています。

このように、人それぞれ悩みが違うにも関わらず、大まかな履歴書の書き方のコツ、面接のコツしか教えてもらえないので、「もっと具体的なアドバイスが欲しかった」、「もっと面接対策をして欲しかった」という事になってしまうのです。

そのうえ、希望条件に合った求人を紹介して貰えないのも、失敗の可能性を高める原因です。

実際に私自身、ジェイックという集団サポート型の就職支援を利用しましたが、ジェイック側が用意した20社が一同に介する集団面接会によって、就職先を決めなくてはいけませんでした。

当然、こちらの希望条件は反映されなかったどころか、「どういった条件を希望していますか」というヒアリングの時間すらありませんでした。

結果的に、ブラック企業に就職→一年半での短期離職を余儀なくされたので、就職先の条件がマッチしない確率の高い、集団サポート型の就職支援を利用するのはやめとけと言いたいです。

【体験談】JAIC(ジェイック)就職カレッジからブラック企業に入社した話

【体験談】JAIC(ジェイック)就職カレッジからブラック企業に入社した話

私の体験談

記事のタイトルにも書いてあるように、私は2社の就職支援を利用した経験があります。

先ほど書いた集団サポート型の就職支援である「ジェイック」と、個別サポート型の「第二新卒エージェントNeo」という就職支援です。

結果としては、前者を利用した就活→失敗、後者を利用した就活→成功に終わったので、これから就職を検討している既卒フリーターの方は、迷わず個別サポート型の就職支援を利用するのが吉です。

エージェントNeoの場合、無料相談でヒアリングした内容を元に求人の紹介を行ってくれます。

実際に私は、「またブラック企業に就職するのはごめんだ」という気持ちから、サービス残業&休日出勤なし・年間休日120日以上・土日休み・月の平均残業時間45hほどといったように、具体的な労働条件を提示しましたが、きちんとその条件を満たした6社を紹介してくれました。

【体験談】実際に第二新卒エージェントNeoから紹介された求人まとめ!【紹介企業の質は高い】

【体験談】実際に第二新卒エージェントNeoから紹介された求人まとめ!【紹介企業の質は高い】

 

なおかつ、「前職を一年半で辞めた理由」の説明方法であったり、志望動機の添削など、至れり尽くせりなサポートをしてくれたので、1ヵ月ほどで希望条件に合致したIT企業に就職をする事が出来ました。

このように、個別サポート型という事もあって、求職者側の経歴や希望を深掘りしたアドバイスをしてくれますし、いついつまでに就職しなくてはいけないというリミットも存在しません。

ですので、不安要素が無くなるまで面接のロールプレイングをお願いする事も可能ですし、納得いくまで求人を紹介して貰うのも可能です。

そのため、就職成功に役立つ就職支援と言えます。

※詳しいサポート内容について↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

スポンサードサーチ

■まとめ

既卒フリーター専門の就職支援の選び方、利用はやめとけと言える就職支援の特徴について書いていきました。

就職支援選びを間違える=就職失敗に直結するため、きちんと就職実績があり、サポートに時間を割いてくれる就職支援を利用するのが大切です。

例えば、”検索結果で一番上に出てきたから”といってそこに決めるのは危険です。

企業研究のように、事前にリサーチをしたうえで、「ここなら就職成功に導いてくれそう」と思う所に相談をすべきです。

また、私も利用した「エージェントNeo」であれば、無料カウンセリングにて、直接担当者に質問をする事が可能です。

そのうえ、保有求人の一部を見せてもらう事も可能です。

そして、無料カウンセリングで話しをしてから、就活に利用するかしないかを決める事が出来ます。

無料カウンセリングを受けたからと言って、しつこい勧誘もなければ、勝手にサポートを開始される事もありません。

百聞は一見に如かずという言葉がある通り、その就職支援=就職成功に役立つのかを計るには、直接話を聞くのが手取り早いですし、一番正確な情報です。

そのため、就職支援を通じての就活を検討している既卒フリーターの方は、思い立ったが吉日、無料カウンセリングを受けてみるのが良いかと思います。

◆エージェントNeoの無料カウンセリングについて↓

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【2社で就職支援経験アリ!】既卒フリーター専門の就職支援の選び方3選!【〇〇な所はやめとけ】
-, , , , , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.