【余裕で突破】フリーター就活での筆記試験/一般常識テスト対策は〇〇を活用すべし!

【余裕で突破】フリーター就活での筆記試験/一般常識テスト対策は〇〇を活用すべし!

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

フリーターから正社員への就職を検討している方の中には、優良企業に就職出来るのかもさる事ながら、「筆記試験・一般常識テストを突破出来るのか不安」という方もいるかと思います。

フリーターからの就活であっても、新卒同様に筆記試験(一般常識テスト)があります。

そして、合格点に達しなかった場合、内定は貰えません。

つまり、面接対策のみならず、筆記試験/一般常識テストの対策もする必要があるのです。

とはいえ、就活をするのが初めてだという方の場合、「どういう問題が出題されるの…?」、「出題傾向がわからないから対策のしようがない…」といったように、どう対策して良いか分からないのが本音なはずです。

ただ、既卒向けの就職支援を活用する事で、問題は解消されます。

筆記試験/一般常識テストを余裕で突破する事が可能です。

今記事では、

◆筆記試験対策=就職支援がベストな理由

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

筆記試験対策=就職支援がベストな理由

筆記試験対策もサポートに含まれる

ご存知の方も多いと思いますが、就職支援=履歴書の作成、志望動機・自己PRの作成、面接対策、企業紹介といったように、就活のあらゆる面をサポートしてくれます。

当然ながら、その中には、筆記試験対策も含まれています。

就活における筆記試験の内容は、「一般常識テスト」、「適性チェック」、「論文」この3項目が一般的です。

そして、就職支援側は、「一般常識テスト=どうすれば点を稼げるか」、「論文の適切な文章構成方法」などを把握しています。

それもそのはず、数百数千名ものフリーター就活をアシストしてきた方が、サポートをしており、その経験からどうすれば筆記試験を突破出来るかを熟知しています。

つまり、就職支援に相談をする事で、「筆記試験対策のために何をすれば良いのか」、「どういった点を勉強すべきなのか」という点が分かるので、筆記試験の突破が容易となるのです。

過去の出題内容を把握している

また、就職支援が紹介する企業=過去にその就職支援から採用した経験を持つ”リピート”企業がメインとなります。

そのため、過去にその企業を受けた方のフィードバックを就職支援側は保有しており、面接の内容(面接の時間、どういう質問をされたのか、筆記試験の出題内容など)を把握しているのです。

その結果、事前に筆記試験の内容、出題傾向を把握した状態で面接に臨む事が出来るのです。

「過去問と違う内容になるのでは」と思う方もいるかも知れません。

確かにその可能性は0ではありません。

ただ、私自身、後述する就職支援を通じて就活をしていましたが、事前に知らされていた内容と全く同じ問題(※私が受けた企業では、海外刑事ドラマのトリックにも使われていた謎解き問題が出題されました)が出題されました。

変更されていた点は、計算問題の数字が少し違う程度でした。

ですので、事前に出題内容を知れる就職支援のサポートは面接突破に役立つものと言えます。

〇〇=利用満足度3年連続1位

上述の通り、就職支援を利用する事で、万全の状態で筆記試験に臨む事が出来ます。

中でも、私自身利用した「エージェントNeo」は、利用満足度3年連続1位である事からも分かる通り、筆記試験対策をはじめとした、各種サポートが手厚いです。

私が面接したところがIT企業だったせいか、筆記試験では上述した謎解き問題の他に、「フローチャートを完成させろ」、「円の面積を答えよ」といった、理数系の問題がメインに出題されました。

とはいえ、フリーターとして生きてきて、全く勉学に触れていなかった状態から、それを解けと言われても絶対に解けなかったと思います。

円の面積の解き方なんて、パッとは出てこないはずです。

ただ、担当アドバイザーから、事前に出題内容と傾向を教えて貰っていた事もあり、難なく筆記試験を突破→内定獲得をする事が出来ました。

このように、エージェントNeoを通じて就活をした場合、過去の面接者のフィードバックを元に、筆記試験および面接の対策を行ってくれるのです。

なおかつ、就職を急かされる事もありません。

不安要素が無くなるまで、そうした対策に付き合ってくれますし、入社したいと思える企業に出会えるまで求人紹介をしてくれます。

そのため、就職を成功させたい方はもちろん、「筆記試験対策のために何をすれば良いのか」、「どういった点を勉強すべきなのか」という点を知りたいという方は、就活に利用する価値があるはずです。

◆エージェントNeoのサポートの詳細はこちら↓

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

スポンサードサーチ

■まとめ

就活と聞くと、ついつい面接や求人についてばかり考えてしまうかと思います。

ただ、筆記試験の点数=内定獲得に影響してくるポイントですので、筆記試験対策も入念に行うのが吉です。

企業側は、筆記試験の点数および適性チェックによって、「自社に合う人材なのか」を判断します。

それを計るために、一般常識テストの内容=各業種ごとに適した問題が出題されます。

例えば、IT業界や事務職であれば、計算問題がメインであったり、営業関係であれば、文章構成力を見る論文に比重を置いていたりと、その業界で働く上で必要な能力を使う問題を出題してきます。

要するに、筆記試験の点数が悪ければ、イコール自社に相応しくない人材(自社で働く上で必要な能力を備えていない人材)として見られてしまうのです。

そして、上述の通り、筆記試験=事前に内容を把握していない限り、解くのが困難です。

そのため、きちんと筆記試験対策に時間を割いてくれるうえに、フィードバックを元に、出題傾向と過去問を開示してくれる就職支援に相談をするのが得策なのです。

エージェントNeoであれば、無料相談を実施しており、実際に話を聞いてから、就活に利用するかを判断する事が出来ます。

無料相談を受けたからといって、強制的に利用させられる事もないので、就活に少しでも不安があるのであれば、相談してみるのが良いかと思います。

フリーター生活を続けていても、人生は先細るだけです。

それを理解しているために、就活を考えているのだと思います。

確かに、就活に不安は付き物です。経験がないのであれば、尚更怖いと思います。

ただ、エージェントNeoに関しては、就活のプロと言えるアドバイザーの方が付きっきりでサポートをしてくれますし、面接に同行してもらう事も可能です。

そのため、個人で就活をするよりか、精神的に楽に就活をする事が出来るはずです。

人生を上向かせるためにも、思い立ったが吉日、相談してみるのが吉です。

◆エージェントNeoの無料相談について↓

【公式】第二新卒エージェントneo

記事下




記事下




-【余裕で突破】フリーター就活での筆記試験/一般常識テスト対策は〇〇を活用すべし!
-, , , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.