ジェイック=情報収集のためだけの利用は不向き!その理由を解説⇒

ジェイック=情報収集のためだけの利用は不向き!その理由を解説⇒

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

フリーターから正社員への就職を検討している方の中には、まずは就職市場の情報(業界情報・求人情報等)を収集したうえで、就活をしたいと考えている方もいるかと思います。

そして、情報収集のためにJAIC(ジェイック)への就職相談を検討している方もいるのではないでしょうか。

履歴書や職務経歴書での選考なしに数十社と面接が出来るため、”情報収集後にすぐに就職出来そう”と感じて、好意的に捉えている方も多いかと思います。

ただ、実際のところは、ジェイック=情報収集のための利用は不向きだと言えます。

スポンサードサーチ

ジェイック=情報収集のための利用は不向きだと言える理由

研修への参加が義務付けられている

ェイックで、求人の紹介や、就職相談をしたいという場合、10日間の就職カレッジ、セカンドカレッジ(中退者向けの研修)、女子カレッジのいずれかに参加をしない限り、就活サポートを受ける事が出来ません。

そのため、”情報収集をしてから就活をしたい”、”まだ就職するか明確に決めていない”といった方の場合、ニーズに合わないのです。

それに加えて、研修に参加をするとなると、10日間・9:00~18:00まで研修を受ける生活となるため、ジェイック以外での就職が出来ない状況となります。要するに、情報収集もままならないまま、面接まで進んでしまう事になってしまうのです。

ジェイックの集団面接会参加企業の業種はこちら↓

【集団面接会レビュー】ジェイック面接会の職種割合!【営業以外(事務職、プログラマ)への就職は可能?】

求人情報の開示が遅い

2つ目の理由としては、「求人情報の開示が遅い」という点が挙げられます。

上述したように、ジェイックは、研修の参加が義務付けられています。

そして、研修に参加をした段階で、求人の情報をいくつか教えてくれるのであれば、その後の研修に参加し続けるか、辞退するかを早い段階で決める事が出来るため、そこまでのマイナスにはなりません。

しかしながら、面接会に来訪する企業の求人情報が告げられるのは、研修終了日の2日前となっています。そのため、求人情報が開示⇒自分の良いと思える企業が無かったとなれば、「何のために研修を受けたのか...」という事になってしまうのです。

そのため、情報収集のための利用には、ジェイックは不向きなのです。

 

スポンサードサーチ

情報収集に最適な就職支援

マンツーマンサポートの就職支援

研修への参加が義務付けられている

求人情報の開示が遅い

 

上記の理由から、ジェイック=情報収集には不向きな就職支援だと言えます。そして、業界情報・求人情報を収集しながら、最適な業種・求人を精査していきたいと考えている方であれば、マンツーマンサポートの就職支援を利用するのが吉です。

マンツーマンサポートの就職支援であれば、相談を軸に就活を進めていくため、自分の納得いくまで、企業選び、情報収集をする事が可能です。そのため、就職の失敗を回避しやすいのが特徴です。

中でも、「エージェントNeoは、最初に実施される無料相談の段階で、就活市場の状況や保有求人のいくつかを紹介してくれますので、これからの情報収集に役立てる事が可能です。


【公式】第二新卒エージェントneo

私自身、ジェイックでの就職が失敗に終わった後に、同じ二の足を踏みたくなかったので、「とりあえず相談してみて、怪しいと感じたら利用するの辞めよう」という気持ちで相談をしたのですが、実際に保有している求人(※話した条件に該当するものをピックアップしてくれる)4件ほど見せてくれただけでなく、早期退職歴のある方の就活状況や、求人の企業情報(※有給取得率や離職率など)を事細かく話してくれたので、安心して利用に踏み切る事が出来ました。

就活サポートを利用する事で、ヒアリングで伝えた条件に合致した求人情報が随時メールで送られて来るので、情報収集には最適だと思いますし、情報収集だけの登録者も実際にいるとの事なので、”情報収集をしてから就活をしたい”、”まだ就職するか明確に決めていない”という方であれば、ジェイック<エージェントNeoだと思います。

 

まとめ

フリーター⇒正社員への就活の場合、就職に失敗する(※ブラック企業に就職)事で、さらに周りの同年代よりも遅れを取る事になりますし、再就職の際に、早期離職歴も職歴についてしまいますので、今以上に就職先が絞られる+質が落ちてしまいます。

そのため、きちんと情報収集をしたうえで、就職先を精査するべきなのです。

そして、情報収集に一番最適な方法というのが、就職市場の情報、業界の現状、求人情報の説明、アドバイスをきちんとしてくれる就職支援の利用となりますので、就職を成功させたいフリーターの方であれば、相談をしてみる価値は大いにあると言えます。

無料相談を受けたからといって、しつこい勧誘や即利用開始とはなりませんので、気軽に相談をしてみるのが吉です。

下記公式サイトにて、無料相談の申し込みが可能です。

エージェントNeoの無料相談に関して↓
既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-ジェイック=情報収集のためだけの利用は不向き!その理由を解説⇒
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.