【役者→正社員への就職を検討中の方へ】元役者・舞台俳優の最適な就活方法!【年代別】

【役者→正社員への就職を検討中の方へ】元役者・舞台俳優の最適な就活方法!【年代別】

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

「年齢的にもそろそろ就職を考えている」、「役者として鳴かず飛ばずだし役者を諦めて就職を考えている」といったように、役者/舞台俳優の道を諦めて正社員への就職を検討している方もいるのではないでしょうか。

とはいえ気になるのが、「就活が上手くいくのか」という点だと思います。

というのも、これまでずっと役者業に集中していたため、就活のやり方を分からない方、学校卒業からの経歴=アルバイト経験しかないという方も多いはずです。

一般的に、学校卒業以降正社員としての経験がない方=企業側からは良く思われません。「遊び呆けてたやつ」、「役者をしていたというけど、結果が出なかった人なんだ」といったように、ネガティブなイメージを持たれてしまい、なかなか内定が貰えません。

それこそ、就活の方法を知らないと、10社受けて1社も内定が貰えない、もしくはブラック企業と知らずに入社してしまい、就職後に後悔するかのいずれかとなります。

そのため、「自分の経歴で就活が上手くいくのか…」と不安になる気持ちも分かります。

ただ、そうした元役者/舞台俳優の方でも、スムーズかつ良い職場に絞って就活が出来る方法があります。

そこで今記事では、

◆元役者/舞台俳優の方に最適な就活方法

 

上記について書いていきます。

・そろそろ役者の道を諦めて就職を考えている

・親からも就職をしろと言われるので、夢を諦めて就職を考えている

・役者活動とバイトの両立に疲れた

上記のような方は、是非とも参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

◆元役者/舞台俳優の方に最適な就活方法

個別支援タイプの就職支援への相談

結論から言いますと、就活の仕方が分からない、自分の経歴に不安があるという方の場合、「個別支援タイプの就職支援への相談」がベストです。

求人サイトに登録をしたりハローワークに相談をしに行くよりも、俄然良い企業に就職が出来ます。

【実際どうなの?】ハローワークを利用しての就活はブラック求人・空求人が多い!就職支援を利用した方が良い理由とは

なおかつ、これまで役者業とバイトしかしてこなかったという方であっても、その経歴が不利になる事はありません。

就職支援=既卒フリーターを対象としており、既卒フリーターの就活法を熟知しているためです。

◆自分の希望条件をベースに求人紹介して貰える

◆アピール力のある志望動機・自己PRの書き方をレクチャーして貰える

◆面接対策によって、”聞かれる質問”への模範解答を教われる

◆ブラック企業を除外しての求人紹介

◆1〜2ヶ月で就職可能

 

上記のように、就活で不安になる部分(履歴書の書き方、面接、紹介求人の質など)を全てカバーしてくれるのです。

当然、自分と同じような経歴の方を何名も就職に導いた実績のある、プロのアドバイザーがつきっきりでサポートしてくれるのと、”就活ど素人”の自分1人で就活をするのとでは、どちらが就活が上手くいくかは明白です。

演技の世界でも、演技指導なしに本番を迎えられる天才はいませんし、まずは経験豊富な役者から技をレクチャーして貰うはずです。

それと同じで、就活のノウハウを知り尽くしたアドバイザーから直々に、アピール力のある志望動機・自己PR書き方、面接でよく聞かれる質問への模範解答といった、内定が取れるコツを伝授して貰ってから就活を始めるべきなのです。

そっちの方が、確実に良い結果を手にする事が出来るはずです。

なおかつ、就職支援に求人を出す企業=応募してくる人が既卒フリーターである事を理解しており、それでも採用したいと思っている企業となります。

つまり、就職支援に相談をする事で、たとえ空白期間が数年間あろうが、そこが不利にならないのです。

むしろ、「舞台俳優をしていた」と話す事で、「単なる既卒フリーターじゃない。面白そう」と食いついてくれるはずです。

集団支援タイプの就職支援はやめとけと言える理由

上述した通り、個別支援タイプの就職支援=相談する価値があります。

とはいえ、就職支援は就職支援でも、集団支援タイプの就職支援=相談しない方が良いと言えます。

そう言える理由は、私自身の体験談にあります。

私自身、ジェイックという就職支援を利用した経験があります。

このジェイックは、10日間の研修によって就活のノウハウを学び、その後実施される集団面接会で就職先を決める流れになっています。

そして、一緒に研修を受けていた中に、役者の道を諦めてジェイックに来たという方が1人いました。

ただ、その人がジェイックを利用してどうなったかと言いますと、結局時間を無駄にしただけだったのです。

というのも、集団面接会にて3社の企業から内定獲得→良い条件の企業がなく内定を蹴る→結局別の就職支援(個別支援タイプの就職支援)を通じて就職という道を辿っていたので、ジェイックの利用=全く意味がなかったと言えます。

そして、集団支援タイプの就職支援を利用する事で、同じように「良い条件の企業(自分の希望に合わない企業)がない」という事になりかねません。

集団支援タイプの就職支援の場合、

・学校の授業のように、一度に大勢の方に就活のノウハウを教えるだけ

・不安要素に時間を割いてくれない

・就職先の質が悪い

※自分の希望条件だけを聞いてくれる訳ではいため

 

上記のように、デメリットが多いのです。

個別支援タイプの就職支援とは違い、担当アドバイザーとマンツーマンで就活の相談が出来ません。

学校の授業のように、大勢に対して一緒くたに就活のサポート、求人紹介を行います。

その結果、「もっと面接対策をして欲しかったのに」、「希望条件に合わない企業ばかり紹介される…」という事態に陥りやすいのです。

ジェイックを例にして言うと、10日間の研修で就活のサポートが行われ、研修後すぐに「集団面接会」という時間的な制約があります。

当然、講師には、研修用のプログラムがあり、それを集団面接会までに消化しなければなりません。

つまり、講師の方=一人一人の相談に時間を割いてしまうと、集団面接会までに作成したプログラムを消化出来ないという事態になってしまうのです。

その結果、「もっと面接対策したかったのに…」、「もっと自分のペースで就活を進めたかった…」といったように、不満と不安が残ったまま、面接会に参加をしなければならないのです。

ましてや、元役者からの就活の場合、他にはいない経歴です。

当然ながら、 なぜ役者の道を諦めてうちを志望しようと思ったのか」、「就職に切り替えた理由」などは、面接で必ず聞かれます。

そして、それに”上手い返し”が出来ない限り、内定獲得は無理です。

そのため、そうした珍しい経歴な人の場合、他の人と同じサポートを受けたとしてもあまり意味をなしません。

個別で就活の相談に乗ってくれ、サポートをしてくれる就職支援を使って、元役者/舞台俳優からの就活の勝ち方を学ぶべきなのです。

利用する価値のある就職支援3選

先ほどは、私も経験したジェイックという就職支援を例に出して言いましたが、集団支援タイプの就職支援=思うような就活が出来ないという事になりかねません。

多くの時間サポートに費やしては貰えないのが、その要因です。

ですので、就職支援への相談に興味を持った方の場合、

・個別支援タイプの就職支援

・就職実績が豊富な就職支援

 

この2つの条件を満たしたところに相談をするのがベストです。

例えば、20代であれば、「エージェントNeo」、「ウズキャリ既卒」は、特に就職実績が豊富(両社とも数万名もの就職実績あり)であり、サポートに費やす時間も合計8時間以上です。

つまり、プロのアドバイザーととことんまで朱克の相談が出来て、納得のいく求人を紹介して貰えます。

◆エージェントNeo

・サポート満足度3冠

・1万5000名もの就職実績

・ブラック企業を除外しての求人紹介

 

※公式サイト↓

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

◆ウズキャリ既卒

・定着率95%

・就活サポートの平均時間20時間以上

※他社の10倍以上

・ブラック企業を除外しての求人紹介

・1,500社以上の求人を保有

 

※公式サイト↓

【ウズキャリ既卒】

上記のように、就職実績が豊富です。

当然ながら、元役者/舞台俳優から就職を検討している方へのサポート経験もあります。

なおかつ、両社とも、求人を紹介する前に、担当者が企業を訪問→労基法に抵触していない働き方である事を確認してから、求人を提示してくれます。

そのため、既卒からの就職であっても、ブラック企業への就職を回避出来るのです。

また、両社とも、無料カウンセリングを実施しており、実際に担当者と話をしてみたうえで、就活に利用するかしないかを決める事が出来ます。

無料カウンセリングは、それぞれの公式サイトから申込が可能となっていますので、百聞は一見に如かず、まずは直接話を聞いてみたうえで、相談するかを決めるのが良いかと思います。

※両社とも20代限定の就職支援となります。

30代の方は、「就活エクスプレス」という就職支援=相談する価値があると言えます。就職実績が豊富であり、何より30代以上の既卒者を対象としているところがない中、そこの就活に特化をしているだけあり、30代以上の既卒者の就活のノウハウを熟知しています。

【2021年最新版】就活エクスプレス=悪評が多い?評判をまとめてみた【口コミまとめ】

スポンサードサーチ

■まとめ

役者の道を諦めて就職を選択した方の場合、これまで就職という道が、全く頭になかった方がほとんどだと思います。

その状態から、いきなり1人で就活をしたとしても、待ち受けているのは、就職の失敗→経歴を汚して再就職活動をしなければいけないという末路だけです。

そうした破滅的な末路を迎えたくないというのであれば、”早く就職しなくてはいけない”という気持ちで突っ走るのではなく、適性診断からサポートをしてくれ、不安点が解消されるまで時間を取ってくれる個別支援型の就職支援に相談をすべきなのです。

先ほど挙げた就職支援=無料カウンセリングにて、どういったサポートをしてくれるのか、どういった求人を保有しているのかを直接提示してくれるので、就活に不安を抱えている方であれば、無料カウンセリングを受けるだけでも、多少の不安は解消されるはずです。
ですので、”就活の第一歩”としては、最適だと言えます。



記事下




記事下




-【役者→正社員への就職を検討中の方へ】元役者・舞台俳優の最適な就活方法!【年代別】
-, , , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.