【年収500万円前後は狙える?】ジェイックの就職先の年収水準はどれくらい?給料の高い職場はある?【フリーター⇒正社員を検討中の方必見】

【年収500万円前後は狙える?】ジェイックの就職先の年収水準はどれくらい?給料の高い職場はある?【フリーター⇒正社員を検討中の方必見】

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後に、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。※これまでに3度の就職&3社の就職支援の利用歴アリ。

正社員として働くのであれば給料重視”

給料の高い職場に就職したい”

やりがい<給料”

 

上記のように、フリーターから正社員への就職を考えている方の中には、『給料重視で就職先を選びたい』という方も多いかと思います。

しかしながら、人よりも遅れを取っているフリーターという立場から、”水準以上の年収を貰える職場に就職出来るのか”という疑問と、面接や書類選考に不安を感じている方であれば、”誰かに相談をしながら就活を進めたい”という不安から、就職支援のJAIC(ジェイック)への相談を検討している方もいるのではないでしょうか。

ただ、実際にジェイック経由で就職をした身としては、給料重視で就職先を選びたいのであれば、ジェイックの利用は避けるべきだと言えます。

スポンサードサーチ

給料重視の仕事探し=ジェイックは向かない理由

年収水準が軒並み低い

給料重視の仕事探し=ジェイックは向かないと言える理由としては、『面接会に来る企業=軒並み年収水準が低い』という点が挙げられます。

私が参加をした時は、企業の3/4以上が、社員数10名前後の企業であり、印刷業、石油会社といった斜陽産業の企業も多く、『会社の財政状況が良くないのでは?』と思える企業ばかりでした。

斜陽産業とは、需要が減っており、年々業界規模が縮小されている産業の事を指します。そのため、斜陽産業に就職をする=給料が安いうえ、将来的なリストラもあり得るのです。

印刷業の企業に勤めた他の受講生は、手取り15万円だと話しており、これだけでも、いかに年収水準が低いかが見て取れるかと思います。ちなみに、私がジェイック経由で就職をした企業の年収は、320万円ほどでしたが、それでも、他の研修生からは、良い方だと言われました。

そのため、ジェイックからの就職の場合、年収500万円前後は夢のまた夢であり、年収300万円代※額面20万円前後(手取りはもっと下)の企業に就職出来たら良い方なのです。

ただ、残業代0円にも関わらず、月の残業時間が3桁に達していたので、時給換算した場合、時給500円未満で働かされていたと思います。

 

会社規模=待遇は比例している

前述したように、社員数10名前後の企業が、面接会には多いです。そして、基本的には、「会社規模=待遇は比例していると言っても過言ではありません。

従業員の給与は、会社の利益から賄われているため、それも当然です。ですので、会社規模が小さい企業に勤めた場合、その分給与・賞与が少なくなるのです。事実、私がジェイック経由で勤めた会社は、社員数10名にも満たない会社だった事もあり、年二回のボーナスが、それぞれ5万円と0というあり様でした。そのため、給料重視で就職先を探すのであれば、ジェイックよりも他の就職支援を頼るのが得策です。

 

スポンサードサーチ

給料重視の方向けの就職支援

個別サポート型の就職支援

ジェイックの場合、年収500万円前後はおろか、20代前半の社会人の平均年収である250~300万にも届かない場合が多いのが現状なのです。

それに加えて、大勢の研修参加者に対して、一斉にサポートを行う就職支援(※学校の授業だと思って貰えば分かりやすいかと思います。)なので、自分の要望に沿って就活をする事が難しいのです。

そのため、給料重視で就活を進めたいのであれば、個別サポート型の就職支援を利用するのが得策です。中でも、「エージェントNeoの場合、さすがに、年収500万円以上(※年収500=手取り37~40万円)の求人はありませんが、5,000企業の求人を保有しているだけあり、新卒社会人の年収水準よりも給与の高い企業の求人は複数あります。


【公式】第二新卒エージェントneo

そのため、給料重視で就職先を決めたいと考えているフリーターの方であれば、ヒアリングの際に、”なるべく給料水準の高い職場を希望”と伝える事で、自分の納得いく待遇の就職先を見つける事が可能です。

実際に、ジェイックとエージェントNeo2社を利用しましたが、自分の伝えた内容に沿って求人を持ってきてくれますので、給料水準・労働環境の両面でジェイック<エージェントNeoだと感じました。

 

まとめ

年齢を重ねれば重ねるほど、社会人経験のない方向けの求人の質は落ち込むばかりとなってしまいます。結果的に、手取り12~15万円代の求人の中から、就職先を選ばざるおえない状況になる可能性も無きにしも非ずですので、正社員としての就職を考えているのであれば、絶対に早い方が良いのは確かです。

ですので、”正社員になりたい”と思い立ったが吉日、一度相談をしてみるべきです。エージェントNeoの公式サイトにて、無料相談の申し込みが可能です。

エージェントNeoの無料相談申し込みについて↓
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【年収500万円前後は狙える?】ジェイックの就職先の年収水準はどれくらい?給料の高い職場はある?【フリーター⇒正社員を検討中の方必見】
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.