9月卒業者(秋卒業)の中ですぐに入社したい方は、第二新卒エージェントNeoが最適である3つの理由!【既卒枠での就活でも安心】

9月卒業者(秋卒業)の中ですぐに入社したい方は、第二新卒エージェントNeoが最適である3つの理由!【既卒枠での就活でも安心】

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

「単位が足りずに、9月卒業(秋卒業)となってしまった」、「必修科目を一教科落としてしまい、4月卒業ではなく9月卒業となった」といったように、不本意な形で9月卒業となってしまった方の中には、「卒業後すぐに就職したい」、「元々4月に社会人になる予定だったので、すぐにでも社会人になりたい」と感じている方もいるのではないでしょうか。

中でも、4月卒業で就活を進めていて、内定もいくつかとっていたにも関わらず、卒業時期がずれ込み内定キャンセルせざる負えなかったという方の場合、親への心配をかけたくない、友達に馬鹿にされたくないといった思いから、特にすぐさま就職したいと考えているかと思います。

とはいえ、9月卒業(秋卒業)からの就活となると、

・就職先のランクが下がるのでは

・既卒向けの中途採用の求人がメインとなるので、中小零細企業しか求人が無さそう

・面接での印象が悪そう

 

上記のような不安から、9月卒業(秋卒業)後の就活ってどうすればいいの?と感じているはずです。

確かに、普通に就活をしたとしても、経歴の時点で、就活が不利になる事は明白です。

留年=遊び呆けてた、怠け者、約束や予定の期日を守れない人といったように、企業側からの印象は最悪です。

ただ、就活の方法次第では、上記不安を解決しつつ、希望の職場への就職をする事は可能です。

その方法というのが、就職支援の利用です。そして、「第二新卒エージェントNeo」は、すぐに入社を決めたい9月卒業(秋卒業)の方であれば、相談をする価値のある就職支援です。

【フリーターが利用するべき就職支援】エージェントNeoのメリット3選!

スポンサードサーチ

■第二新卒エージェントNeo=9月卒業者に最適な訳

優良企業のみを相手に就活が出来る

上述したように、9月卒業からの就活をするに辺り、就職先のランクが落ちるのでは…という点が、もっとも気になるかと思います。

というのも、9月卒業となると、新卒採用として募集をかけている人気企業の席はすでに4月卒業者で埋まってしまうため、「新卒採用の募集をかけたが集まらなかった企業」、「新卒採用だけでは枠が余った企業」、「時期を問わず中途募集をかけている企業」の3択となります。

当然、不人気企業=労働環境や待遇に問題がある可能性が高かったり、口コミ評判が悪かったりと訳ありな可能性が高いので、就職できたとしても失敗するのではと不安になる気持ちも分かります。

ただ、第二新卒エージェントNeoの場合、求人を紹介するに辺り、事前にその企業の社内調査を実施(※担当者が実際に職場に行って労働環境を確認)して、労基法に抵触していない事が確認出来た場合にのみ、企業紹介を行います。

そのため、一般的に就職先のランクが下がると言われる、9月卒業者の就活であっても、働きやすい職場で社会人デビューをする事が出来るのです。

確かに、4月卒業生の行う就活と比べると、ネームバリューのある企業は少ないです。ただ、ネームバリューがある事と、働きやすい職場という事がイコールではないのは、電通の自殺問題を見ても明らかです。

そして、きちんと社会人としてのキャリアを形成したいというのであれば、自分が働きやすいと思える環境での仕事が一番大切となります。

就職までのスピード

エージェントNeoの就職までにかかる平均期間は1ヶ月です。

ただ、最短10日間ほどで就職をしたという方もいますので、自分の就活の進め方次第で、いかようにも就職のタイミングを決める事が出来ます。

そのうえ、エージェントNeo側から「早く就職しろ」、「〇〇日までに就職をしてください」といったように、就職を催促される事もないので、自分のペースで就活が可能であり、納得いく求人が紹介されるまでサポートを受ける事が可能なのです。

私自身、エージェントNeoを利用して就職をした身ですが、4週間ほどで就職が出来ました。

しかも、1年留年歴あり+18ヶ月での早期退職歴があるにも関わらず、3社の内定を獲得する事が出来たので、私よりも経歴の良い9月卒業者であれば、より多くの内定を勝ち取る事が出来るかと思います。

また、就職までのスピードが速いからといって、就活サポートが疎かになるという事はありません。

求職者それぞれに、専任のアドバイザーが付きっ切りでサポートをしてくれるため、面接が苦手⇒面接対策を重点的にサポート、就職したい業種がイマイチ思い浮かばない⇒自己分析・適性チェック、各業種の説明を重点的に行うといったように、それぞれの悩みに寄り添ったサポートをしてくれるので、不安点を解消しつつの就活が可能な点も利点と言えます。

面接満足度第1位

既卒向けの就職支援は、多く存在していますが、その中でもエージェントNeo=面接満足度が第1位であり、サポートに費やす時間もトップクラスとなります。

そのため、不安点が無くなるまで、面接のアドバイス、面接の練習をしてくれます。

例えば、9月卒業の場合、「なぜ秋卒業となったのか」、「留年をした理由」などは、面接において必ず聞かれます。そして、企業側が納得いく回答が出来ない限り、内定獲得は出来ません。

ただ、エージェントNeoにて就職サポートを受ける事によって、これまでに数多くの既卒者の就活を内定に導いてきたアドバイザーの方から、上記のような想定される質問に対しての適切な回答をレクチャーして貰えます。

そのうえ、教えてもらった回答がすらすらと言えるようになるまで、面接のロールプレイングもしてくれます。

そのため、個人で就活を始めるよりも、確実に内定獲得率がアップすると言えます。

また、エージェントNeo自体、人材を担当している方の間では、「実績がある」、「たとえ経歴に難ありであっても良い人材を紹介してくれる」と有名な存在ですので、エージェントNeoからの紹介人材というだけで、企業側の印象が良くなるという恩恵も受けられます。

スポンサードサーチ

■まとめ

エージェントNeo=9月卒業者に最適な訳を書いていきました。

やはり、9月卒業となると、個人で就活をしていたとしても、先ほど書いたように”余り物”の求人の中から就職先を選ばなければならないので、就職を後悔する可能性が高まってしまいます。

なおかつ、面接での印象も悪いので、内定が獲得しづらいというデメリットもあります。

そして、面接に負け続ける→ようやく内定獲得…就活の辛さを味わいたくないので、とりあえず就職→実はひどい労働環境の職場だった…といった就活がうまくいかない事による負のスパイラルに陥る事も無きにしも非ずです。

そのため、9月卒業者の方の中で、すぐにでも入社をしたいと考えている方、就職成功させたいと考えている方であれば、就職支援への相談はマストと言えます。

そして、エージェントNeoであれば、就活サポート、就職先のランク、内定獲得のしやすさ、どれを取っても相談する価値のある就職支援です。

下記公式サイトにて、サポートの内容確認および無料相談への申込が出来ます。

無料相談を受けたからといって、絶対に就職支援を受けなければいけないわけではないですし、いくつか保有求人を見せて貰えるので、ひとまず就活相談をしてみて、実際に求人紹介を受けてみたうえで、就活に利用するのか検討可能です。

そのため、就活に関して、少しでも不安があるというのであればまずは無料相談を受けてみるのが吉です。

★エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-9月卒業者(秋卒業)の中ですぐに入社したい方は、第二新卒エージェントNeoが最適である3つの理由!【既卒枠での就活でも安心】
-, , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.