あなたはどのタイプ?フリーターには3つのタイプがあります!

あなたはどのタイプ?フリーターには3つのタイプがあります!

投稿日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

学校を卒業して以降も、「正社員にならずに、フリーターのままでいる」という方も多いかと思います。そして、毎日の中で、「未来は暗い」、「就職しないといけないとは思っているけどなあ…」といったように、漠然と将来の不安や就職への焦りを感じる瞬間があるという方もいるのではないでしょうか。

当然、そのままフリーターで居続けたとしても、将来が先細るのは明白です。とはいえ、一括りにフリーターと言っても、フリーターには大きく分けて3つのタイプがありますし、タイプごとに仕事探しの指標・重視するべきポイントが異なってきます。そのため、まずは自分がどのタイプのフリーターなのかを把握する事から始めるのが大切です。

スポンサードサーチ

フリーターの3タイプ

モラトリアム型

モラトリアム型の特徴としては、下記のような特徴が挙げられます。

・特にやりたいと思える事がない

・自分の時間を大事にしたい

・気楽に働きたい

 

要するに、特にやりたい仕事がないために、無駄に責任感が増えたり、自分の時間が奪われる正社員ではなく、気楽に働き続けられるアルバイトという道を選んでいるフリーターが、モラトリアム型だと言えます。

そして、いま現在、フリーターをしている方の中で、もっとも多いのもこのモラトリアム型です。モラトリアム型フリーターの方の場合、まずは業種の調査や企業研究を行い、自分のやりたい仕事は何なのか、やりたい仕事が思いつかないのであれば、自分の得意な事から、逆算して仕事探しをするのが吉です。また、仕事とプライべートの時間を両立できるワークライフバランスに富んだ職場を条件に仕事探しをしてみると、就活が捗るかと思います。

夢追求型

夢追求型の特徴としては、下記のような特徴が挙げられます。

・目指している仕事で結果を出したい

・自分の目標に向かって頑張っているので、なんだかんだ充実している

 

やりたい仕事で結果が出るまでの、”つなぎ”のような物ですので、このタイプは、特に就職に関して考えていないかも知れません。ただ、「さすがに夢を追うには歳を取りすぎた」と感じているのであれば、就活に目を向けるのも悪くない選択と言えます。

というのも、夢追求型のフリーターの場合、他のタイプの方以上に、「自己PRのエピソードを持っている」、「コミュニケーション能力や人前で何かをする事に長けている」といったように、多くの強みを持っているため、年齢や経歴によるデメリットが足を引っ張る事なく、就職する事が出来るためです。

特に、コミュニケーション能力の活かせる仕事を第一に、仕事探しをする事で、とんとん拍子でフリーターからの脱却が出来るはずです。

やむを得ず型

やむを得ず型の特徴としては、下記のような特徴が挙げられます。

・就職浪人(※就活をしているのに内定が取れずにいる)

・家庭の事情、トラブル等でフリーターとして働いている

 

やむを得ず型のフリーターの中で、特に就活をしているのに内定が取れないので、やむなくフリーターを続けているという方の場合、ひとまず内定が取れない理由を分析しない事には、ズルズルとフリーター生活が長引くだけとなります。そのため、まずは書類作成・面接での受け答えを見直す所から始めるべきです。

スポンサードサーチ

一番やばいタイプはどれ

悲惨な人生を歩むのは○○

モラトリアム型・夢追求型・やむを得ず型と、フリーターのタイプに関して書いていきました。自分がどのタイプなのかが、多少なりとも把握できたかと思います。そして、どのタイプが一番ヤバイのかと言うと、ずばりモラトリアム型です。

というのも、夢追求型のフリーターであれば、前述したように就活にスイッチした際に、アピール力のある武器を備えていますし、やむを得ず型のフリーターに関しても、就活のノウハウを理解する事で、内定を獲得するのは容易だと言えます。

ただ、モラトリアム型の場合、就活が上手くいく上手くいかないという話の以前に、やりたい仕事がない・分からないという状態となりますので、「そのままフリーターを続けて負け組人生を歩む」か「今の状態で就活をしたとしても明確な目標がないために就職失敗を招くか」のいずれかの結果しか残されていません。

そのため、意識を変えない事には、時たま感じる不安が、そのまま現実のものになるだけとなります。

しかし、そうは言っても、「業種・企業の事を調べるのはめんどくさい」、「自己分析の方法が分からない」といったように、重い腰が上がらない方がほとんどだと思います。そういった方であれば、迷わず就職支援に相談してみるのが吉です。

これまでに数千名以上ものフリーターの就活に携わってきた方が、自己分析シートを用意してくれたり、業種の説明をしてくれたり、希望条件に該当した求人を紹介して貰えたり、面接練習をしてくれたりと、至れり尽くせりなサポートをしてくれますので、悲惨な人生からの脱却に効果的だと言えます。

就職支援の中には、悪質な所もあるのは事実ですが、下記記事を参考にして貰えれば、安心して相談できる就職支援がどこなのかが分かるため、将来への不安をもう感じたくない、就職しないといけないと少しでも感じているのであれば、参考にしてみて下さい。

【体験談】JAIC(ジェイック)就職カレッジからブラック企業に入社した話

記事下




記事下




-あなたはどのタイプ?フリーターには3つのタイプがあります!
-, , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.