【必見】既卒3年目=新卒扱いとはいえ面接の連敗必須!最適な就活方法は?

【必見】既卒3年目=新卒扱いとはいえ面接の連敗必須!最適な就活方法は?

投稿日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

既卒3年目を迎えた方の場合、「今年こそ就活を始めないと…」と焦りを感じている方も多いはずです。

それもそのはず、既卒3年目までが新卒扱いされますので、来年の就活となると、第二新卒枠or既卒枠での就活を余儀なくされます。

当然、新卒採用の方が就職先の質が高く、それを逃すと大手企業・名の知れた企業への就職は不可能といっても過言ではありません。

しかしながら、中には「既卒3年目=いくら新卒扱いされるとはいえ、経歴が不利になるのでは」、「本当に新卒採用を狙えるの…」といったように、新卒で面接を受けて”勝ち目”があるのか気になる方もいるのではないでしょうか。

確かに、面接で必ず聞かれるであろう「なぜこれまで就職をしなかったのか」という問いに対して、良い返答が出来なければ内定は貰えません。

なおかつ、現役の新卒と内定の席を争うため、年齢の面で不利です。自分を上手く売り込まない限りは、フレッシュさで勝る現役の新卒者を企業は採用します。

そのため、現役の新卒者と比べると、内定を取るのは難しいのは事実です。

ただ、就活の方法を工夫する事で、既卒3年目であっても、1ヶ月で就職出来ます。

そのうえ、優良企業を狙う事が可能です。

今記事では、

◆既卒3年目の最適な就活法

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

既卒3年目の最適な就活法

就職支援がベスト

結論から言いますと、就職支援に相談をするのがもっとも就職成功に近づきます。

◆優良企業に絞った求人紹介

◆就職支援のネームバリューを使える

◆面接対策によって模範解答を教われる

 

上記のように、様々な恩恵を得る事が出来て、既卒3年目という経歴が足を引っ張る事がありません。

先ほども書いた通り、既卒3年目からの就活となると、「大学卒業から就活を始めるまでの2年間で就職をしなかった理由」、「卒業後何をしていたのか」という点は必ず聞かれます。

そして、受け答えによって、企業側が抱いている猜疑心を拭い去らなければ内定獲得はあり得ません。

ただ、就職支援を介する事で、質問に対しての”正解”を教えてくれます。

なおかつ、過去の面接者のフィードバックデータを保有しているので、その企業が実際に求職者にした質問の内容を把握しています。(紹介企業=過去にも求職者に紹介した事がある企業がメインであるため)

つまり、ばっちり予習をした状態で面接に臨めるのです。

そのうえ、就職支援に求人を出している企業=その就職支援の実績や考えに賛同したために求人を渡しています。

つまり、信頼している就職支援からの紹介人材となれば、「信頼出来る人材」、「採用に値する人材」というポジティブな印象を持ちます。

そのため、既卒3年目という経歴であっても、書類選考で落とされる事もなければ、現役の新卒者と比較されて、理不尽に落とされる事もないのです。むしろ、”就職支援が推している人材”という肩書きがつく分、選考突破しやすいのです。

相談する価値のある就職支援

上述の通り、就職支援を介して就活をする事で、一般的に不利とされる既卒3年目という経歴であっても、十分新卒採用を狙う事が出来るのです。

中でも、「いい就職ドットコム」は、適性診断、履歴書の作成、自己PR文および志望動機の作成と添削、面接対策、企業紹介と、内定獲得までに必要な工程の全てをサポートしてくれます。

そのため、「就活を始めなければと思っているけど、進め方が分からない」、「自分に向いている仕事が何なのか分からない」といったように、”就活初心者”という方でも、問題なく内定獲得までたどり着く事が可能です。

◆5,000社以上の求人を保有

◆2分で適職が分かる適性診断

◆ブラック企業を排除しての求人紹介

◆個別面談により随時アドバイザーに相談可能

 

■いい就職ドットコムの詳しいサポート内容はこちら↓

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

 

当然、面接対策も充実しており、想定される質問に対する正解を把握する事も出来ます。

就活のサポートをするアドバイザー=これまでに何名もの方を就職成功に導いており、その中にはあなたと同じように既卒3年目で新卒採用を狙っている方もいます。

つまり、既卒3年目の就活の攻略法を熟知しているのです。

スポンサードサーチ

■まとめ

右も左も分からない状態で個人で就活をするのと、就活のプロと二人三脚で就活をするのとで、どちらが内定獲得出来るのかは一目瞭然だと思います。

そのうえ、離職率の高い企業・職種の求人を排除しているため、ブラック企業に引っかかる恐れもありません。

これがもし、個人で就活をしたとなるとそうはいきません。

既卒3年目という事で、既卒枠の求人も混ざってきます。

ハローワークで就活をしたとしても、既卒枠の求人を第一に紹介されます。

冒頭でも書いた通り、既卒枠の就職先=新卒採用の企業のレベルよりも低いです。中小零細企業がメインとなるので、ブラック企業も溢れています。

【実際どうなの?】ハローワークを利用しての就活はブラック求人・空求人が多い!就職支援を利用した方が良い理由とは

【実際どうなの?】ハローワークを利用しての就活はブラック求人・空求人が多い!就職支援を利用した方が良い理由とは

つまり、就活の経験が少ない場合、訳もわからず就活を進めてしまい、結果としてブラック企業に入社をしてしまった…という事にもなりかねないのです。

そのため、既卒3年目の就活に一ミリでも不安を感じているのであれば、就職支援に相談をするのが吉です。

いい就職ドットコムの場合、全てのサポートを無料で受けられるので、相談して損はないかと思います。

◆いい就職ドットコムの公式サイト↓

就職活動に行き詰ったら、まずは「いい就職アドバイザー」に相談してみよう!

記事下




記事下




-【必見】既卒3年目=新卒扱いとはいえ面接の連敗必須!最適な就活方法は?
-, , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.