【就職できます】30代職歴なしフリーター=手遅れは嘘!優良企業を狙える就活方法

【就職できます】30代職歴なしフリーター=手遅れは嘘!優良企業を狙える就活方法

投稿日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

30代・職歴なしのフリーターだという方の中には、「もう正社員になるのは手遅れ」、「こんな経歴じゃどこも雇ってくれない」といったように、正社員になる事を諦めかけている方もいるかと思います。

確かに、30代で職歴なしのフリーターという経歴=誇れるものではありません。

面接官からも、「なぜ今まで就職してこなかったのか」という疑問を抱かれます。

そのため、”もう一生フリーターとして生きていくしかない”と絶望する気持ちも分かります。

ただ、実際のところは、30代・職歴なしのフリーターだとしても正社員としての就職は狙えます。

手遅れなんかではありません。むしろ、手遅れと感じて何も行動しない方が”やばい”です。

今記事では、

30代職歴なしフリーターでも就職が狙える就活方法

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

30代職歴なしフリーターでも就職が狙える就活方法

30代専門の就職エージェントを使う

これから仕事を探すとなると、まずハローワークへの相談が思いつくかと思います。

しかしながら、職歴なしの30代がハローワークに行っても、紹介してくれる求人はほぼ皆無です。窓口の人に”その経歴じゃ無理だよ…”と門前払いを食らって惨めな思いをするだけです。

そのため、正社員を狙うのであれば、ハローワークではなく「30代専門の就職エージェント」に相談をするのが吉です。

30代専門の就職エージェントであれば、相談者=あなたと同じ30代で職歴のない方、ブランク期間の長い30代の方となるので、担当者から嫌味を言われる事はありません。

きちんと30代の人材を求めている企業を紹介して貰えます。

そのうえ、面接対策や履歴書の作成/添削のアドバイスもして貰えるので、内定獲得率もアップします。

”どうやって志望動機を書けば印象が良くなるか”、”就職してこなかった理由はどう説明すればいいのか”といった点は、分からないはずです。

ただ、30代専門の就職エージェントを介する事で、そうした”内定獲得に必要な事”を教えてもらえるのです。

これは、ただ求人を紹介するだけのハローワークにはない、就職エージェントのメリットと言えます。

バイト先に就職をする

また、バイト先に正社員として就職をするのも一つの手です。

既に知っている職場、働き方となるので、新しい職場に入社をするよりも、不安なく働けるのがバイト先へ就職するメリットです。

とはいえ、職場によっては、正社員を募集していないという所もあれば、”正社員として雇ってくれと言うのは言いづらい”という方もいるかと思います。

はたまた、バイト先=社員になったら絶対ブラックと感じているので就職したくないという方もいるはずです。

このように、バイト先に就職をするのに抵抗感があるのであれば、上述の通り30代でも相談出来る就職エージェントを介して就職先を探すのが吉です。

相談する価値のある就職エージェント

先ほども書いたように、30代向けの就職エージェントであれば、職歴なしフリーターという経歴を馬鹿にされる事はありません。

”もう手遅れです”と門前払いに合う事もありません。あなたの不安や希望に寄り添って、就職のサポートをして貰えます。

中でも、東京で就職を考えている方であれば、「就活エクスプレス」は、相談してみる価値があります。



◆5日間の研修で内定獲得のノウハウをレクチャー

◆相談者=全員30代職歴なし、ブランク期間が長い方なので相談しやすい

◆内定獲得率80%以上

◆書類選考なしで面接が受けられる

◆担当者とのマンツーマンサポート

 

5日間の研修に参加する必要がありますが、ただそこで志望動機の書き方、履歴書の書き方、経歴の説明の仕方、面接でよく聞かれる事への模範解答、求人の紹介といった就活に関するあらゆるサポートを受けられます。

そして、就活エクスプレス=「30〜54歳の非正規雇用経歴がある方で、早期に正社員での就職を目指す方が対象」の就職エージェントです。

つまり、相談者全員があなたと同じ職歴なし、正社員を辞めてから何年も経つフリーターなのです。

そのため、他の相談者と経歴を比較される事もありませんし、担当者も”傷のある”相談者への相談に慣れています。普通の就職エージェント以上に相談はしやすいと思います。

面接をする企業側も、あなたの経歴を特に気にしません。

就活エクスプレスが、上記のような人を募っているエージェントである事を知ったうえで、求人を提出しているからです。

書類選考がないのがその何よりの証拠と言えます。経歴も加味した上で内定者を決める企業であれば、そもそも就活エクスプレスに求人を出しませんし、書類選考を取っ払う事もしません。

ですので、面接で”経歴差別”を受ける事もなければ、圧迫面接をされる事もないのです。

下記公式サイトにて、詳しい就活の流れ、口コミを確認出来ます。

実際にどういった流れで就活が進むのかをみた上で、良いと感じるのであれば、無料説明会に申し込んでみるのが良いかと思います。

◆就活エクスプレスの公式サイトはこちら↓

【就活エクスプレス】

また、IT業界の場合、他業種よりも年齢や経験を重視しない風潮ですので、これからの事を考えてプログラミングを習得してみるのもアリです。

例えば、「tech boost(テックブースト)」は、30代の未経験者も対象としたプログラミングスクールとなっているので、30代・職歴zしという経歴でも、無碍に扱われる事はありません。

◆キャリアサポート満足度3年連続1位

◆利用満足度第1位

◆現役プログラマーが徹底サポート

 

プログラマー=常に需要のある存在ですので、一度プログラミングを習得してしまえば、たとえこれまでの経歴が悪くとも、一発逆転を狙えます。

40代までにキャリアアップをして年収400〜500万円代も実現可能(人材不足のためプログラマーの給与水準は年々上がっている。業種の110万円以上年収が高い)ですし、フリーランスとして会社に縛られない働き方をする事だって出来ます。

確かに、”学習”と聞くと、だるいと感じるかも知れません。ただ、学習期間である数ヶ月間を乗り越えてしまえば、その先の人生は豊かなものになります。これまで先を走っていた同級生の年収も追い抜けます。

そして、tech boost(テックブースト)の場合、現役のプログラマーが講師を勤めている事もあり、全くパソコンを触れていない未経験者からプログラマーとしての入社をさせたという実績が豊富にあります。

そのため、将来を見据えて、”手に職”をつけるのも良い選択肢なのです。

スポンサードサーチ

■まとめ

個人で就活をした場合、確かに30代職歴なしフリーターという経歴では、どこも採用してくれません。

30代=即戦力でなければいけない歳であり、中途採用も即戦力クラスの人材を獲得するのが目的です。

ですので、”新卒者と変わらない経験なのに、年だけいってる”人材という烙印を押されて、書類選考の段階で弾かれます。

とはいえ、上述した通り、就活を工夫する事で、そうした現状を打開する事が可能です。

バイト先に就職をするのであれば、既にあなたの仕事のレベルを企業側の人間は把握してくれているので、社員との関係が良好であれば、すんなりと採用してくれます。

また、30代も受け入れている就職エージェントやプログラミングスクールであれば、経歴を気にしない企業に絞って面接が出来るうえに、面接対策も入念に行ってくれます。

そのため、30代職歴なしフリーターであっても、正社員としての就職を狙えるのです。

手遅れだと諦めて、そのままフリーター生活をしてしまうと、本当に終わりです。

職歴なしの40代となってしまえば、いよいよ受け入れてくれる就職エージェントもありません。

本当に手遅れになる前に、思い立ったが吉日、就活を始めてみるのが得策なのです。



記事下




記事下




-【就職できます】30代職歴なしフリーター=手遅れは嘘!優良企業を狙える就活方法
-, , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.