【デメリット多し】既卒フリーター・ニート=トライアル雇用は避けるべき理由

【デメリット多し】既卒フリーター・ニート=トライアル雇用は避けるべき理由

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

既卒フリーター、ニートから正社員への就職を考えている方の中には、ハローワークが実施している制度である「トライアル雇用」での就職を考えている方もいるのではないでしょうか。

トライアル雇用(とらいあるこよう)とは、公共職業安定所(ハローワーク)の紹介によって、特定の求職者を短期間の試用期間を設けて雇用し、企業側と求職者側が相互に適性を判断した後、両者が合意すれば本採用が決まる制度。

引用:ウィキペディア

トライアル雇用で人を採用した企業には、国から奨励金が支給されるため、企業側もトライアル雇用での採用には積極的です。

そのため、普通に就活をするよりも、入社しやすいという側面があります。

こうして聞くと、経歴に不安のあるフリーター・ニートからの就活において、最適な方法なのでは?と感じるかも知れません。

ただ、実際のところは、メリットよりもデメリットの方が目立つ就職方法と言えますので、トライアル雇用での就職は避けるべきです。

今記事では、

・フリーター・ニートがトライアル雇用を避けるべき理由

・フリーター・ニートの最適な就活方法

上記に関して書いていきますので、就職を考えているフリーター・ニートの方、就活の始め方が分からない方、就職成功したいという方は参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

■トライアル雇用を避けるべき理由

必ず就職出来るとは限らない

トライアル雇用は、いわば派遣社員・契約社員のように、決められた期間雇用される形態となっています。

そして、企業側から正式に採用したいと思われない限り、契約期間満了を持って、トライアル雇用の打ち切りもあるのです。

事実、能力不足や勤務態度を理由に、途中で打ち切りの憂き目に合った方もいます。

仮に、打ち切りとなってしまった場合、就活を一からやり直さなければいけませんし、トライアル雇用の期間中が全くもって無駄となってしまいます。

また、正式に採用して貰えなかったという失敗が尾を引き、「やっぱり自分には就職は無理なのかな」と就活・就職に対して、ネガティブ思考となる可能性も無きにしも非ずです。

そのため、”楽に仕事にありつける”からといって、トライアル雇用で就職をしてしまうと、結果的に後悔する事になる恐れがあるのです。

採用目的ではない企業も多い

冒頭で書いた通り、トライアル雇用で採用をした場合、企業は国から奨励金を貰う事が出来ます。

そのため、採用目的ではなく、奨励金を受け取るのを目的に、トライアル雇用を行っている企業も多いのです。

企業を紹介するハローワーク側からしてみれば、企業側が何を思ってトライアル雇用をするのか、把握する事は出来ません。

仮に、奨励金目当てのトライアル雇用であっても、「トライアル雇用で採用したけど、能力面に問題があった」、「即戦力の人材を採用できたので、今回はお断りしたい」といったように、建前上の理由を伝えさえすれば、違法性もなくトライアル雇用の契約を解除する事が出来ます。

そのうえ、トライアル期間=試用期間と見なされますので、きちんと正社員として採用して働かせるのと比べて、トライアル雇用でかかるコストは非常に安いのです。

ですので、「通常の採用よりも人件費を抑えて一人の”駒”をゲットできるので得」といったように、この制度を悪用している所もあります。

そういった企業に”当たって”しまうと、どんなに頑張っても、正社員になれる事はありませんし、長時間労働を課せられる可能性もあるので、トライアル雇用で入社するんじゃなかったと後悔する羽目となります。

企業の選択肢と質に問題アリ

フリーター・ニートの方向けに、ハローワークがトライアル雇用を推進しているとはいえ、まだまだ認知度の低い制度なのが現状です。

そのため、トライアル雇用を取り入れている企業が少なく、「求人職種の幅が狭い」というデメリットも孕んでいます。

結果的に、「トライアル雇用の相談しに行ったものの、希望する業種の求人がなかった…」という事も大いにあり得るのです。

また、求人サイトや就職支援の場合は、運営会社にお金を支払って、求人を掲載して貰うのに対して、ハローワーク=国が管轄をしている都合上、企業側が求人掲載にかかる費用がありません。

ですので、お金のない企業、社員数10名未満の企業、離職率が高く、常時求人を掲載している企業等々、ブラック企業もこぞって求人を出しています。

そういった状態のハローワークが実施している制度となりますので、当然ながら企業の質も高くないと言えます。

スポンサードサーチ

■フリーター・ニートの最適な就活方法

求人サイトよりも就職支援を利用すべし

上述した通り、トライアル雇用=メリット以上にデメリットの目立つ就職方法なのです。

フリーター・ニートからの就活の場合、将来の不安や今の立場から来る不安によって、「就活を早く・楽に終わらせたい」、「面接が恐ろしい…」など、”就活”にしか目が行っていない方も多いと思います。

ただ、就職成功の基準=長く働ける職場に就職をするという事ですので、就職先の労働環境に目を向けるべきなのです。

そして、先ほど書いたように、トライアル雇用の場合、労働環境に難があったり、契約期間中の打ち切りもあり得るので、長く働く事は難しい就職になりがちです。

そのため、フリーター・ニートの方で、”就職成功”したいというのであれば、トライアル雇用でも求人サイトでもなく、迷わず就職支援を利用すべきです。

◆担当者が希望に応じた求人厳選をしてくれる

◆志望動機や自己PRの作成、面接対策といった就活サポートを受けられる

◆非公開求人も保有しているので、求人数が多い

◆労働環境に関して厳しい審査を行っている

 

上記の理由から、就職支援=フリーター・ニートの最適な就活方法と言えます。

中には、「こんな自分を採用してくれる企業なんてない」、「面接で叱責を受けるのは嫌なので、とにかく楽に就職したい」といったように、自分の経歴のマイナスを懸念する方もいるとは思いますが、就職支援に求人を掲載している企業側は、求職者の経歴に傷があると理解しており、それでも話しを聞いてみたいと採用に前向きなので、”ノーバイアス”であなたを見てくれます。

そのため、就活に不安要素がある場合は、相談してみる価値があるのです。

避けるべき就職支援と利用するべき就職支援

しかしながら、中には悪質な就職支援も存在します。

私自身、複数者の就職支援を利用した事がありますが、失敗も成功も経験してきました。

そして、経験上、『集団サポート形式の就職支援=避けるべき、個人サポート形式の就職支援=利用すべき』と言えます。

※集団サポート形式の就職支援を利用して失敗した話・就職先の労働環境等は下記記事に書いています。

【体験談】JAIC(ジェイック)就職カレッジからブラック企業に入社した話

というのも、集団サポート形式の場合、求職者それぞれに時間を割いて就活サポートを行う事が出来ません。

結果的に、「もっと面接練習がしたかったのに」、「希望条件とは全然違う求人も紹介された」といった事態を引き起こします。

逆に、個人サポート形式の場合、担当アドバイザーの方が一対一でサポートをしてくれるので、希望に応じた求人厳選、納得いくまで就活サポートを行ってくれます。

どちらが就職成功に近づけるかは、火を見るよりも明らかだと思います。

中でも、「エージェントNeo」は、フリーター・ニートを対象とした就職支援の中でも、面接対策満足度、これまでの就職成功者数、未経験OKの求人保有数といった面で、トップの実績を誇っています。

随時無料相談が可能なので、就職成功したいフリーター(ニート)の方、就活のやり方が分からないという方は、相談してみる価値があると言えます。

★エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

■まとめ

上述したように、トライアル雇用=デメリットの多い就活方法であり、就職成功したいのであれば、就職支援への相談が得策と言えます。

そのうえ、トライアル雇用の場合、社会人として必要なビジネスマナーが伴っていない状態で、すぐさま社会人デビューしなくてはいけないのに対して、就職支援であれば、事前に社会人として必要なビジネスマナー(名刺の交換手順、ビジネス文書の作成方法、髪型・スーツの着こなし方など)を学ぶ事が出来るので、社会人デビューをした時に、「これだからフリーター(ニート)は…」と馬鹿にされる事もなければ、業務以外の事でつまづく事もありません。

そのため、本気で就職を考えているのであれば、どの側面を見ても、トライアル雇用よりも就職支援の方がベストなのです。

記事下




記事下




-【デメリット多し】既卒フリーター・ニート=トライアル雇用は避けるべき理由
-, , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.