【フリーター限定】きつい・汚い・危険な3K業界で働きたくない方が実践すべき就活方法

【フリーター限定】きつい・汚い・危険な3K業界で働きたくない方が実践すべき就活方法

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

フリーターから正社員への就職を検討している既卒者であれば、当然ながら 3K(きつい・汚い・危険)業界では働きたくないと感じているはずです。

それもそのはず、3K業界=飲食、介護、建設、清掃業界といった業種を指す言葉であり、それらの業界=ブラック企業である可能性が高いためです。

仮に就職してしまった場合、残業時間と給与が見合っていない、サービス残業や休日出勤は当たり前、週一日休みしかないといったように、労働環境への不満を抱える事になります。

結果として、せっかく就職したにも関わらず、早期で辞めてしまう事に繋がります。

要するに、3K業界=就職が失敗しやすい業界なのです。

そのため、これから就職を検討しているフリーターの方であれば、絶対に3K業界では働きたくないはずです。

とはいえ、気になるのが、「フリーターからの就職=就職先が限られるのでは」という点だと思います。

確かに、フリーターからの就職となると、大手企業への就職は不可能に近いです。

そのうえ、既卒枠の求人=中小零細企業の求人がメインであり、上記で挙げた3K業界の求人も多いです。

3K業界=離職率が高いため、年がら年中人を募集しているためです。

ただ、そんなフリーターからの就職であっても、3K業界を100%回避出来る就活方法はあります。

今記事では、

◆3K業界を回避出来る就活方法

 

上記について書いていきます。

きつい・汚い・危険な3K業界で働きたくないフリーターの方は、是非とも一読してみてください。

スポンサードサーチ

3K業界を回避出来る就活方法

迷わず就職支援に相談をする

結論から言いますと、既卒フリーターを対象とした就職支援に相談をする事で、3K業界は100%回避出来ます。

というのも、就職支援=離職率の高い業界・企業、過去に紹介した人材がすぐに辞めた企業、労基法に抵触するようなブラック企業の求人を弾いた求人紹介を徹底しているためです。

当然、その中には3K業界の企業も含まれています。

実際に、「飲食・サービス業、投資用不動産(歩合制の職場)などはご紹介致しません」と公式サイトに記載している就職支援もあります。

そのため、就職支援に相談をする事で、3K業界を排除した就活が容易に出来るのです。

就職支援=本当に就職成功するの?

とはいえ中には、「本当にブラック企業を排除しているの?」、「優良企業に就職できるの?」といった疑問を感じている方もいるかと思います。

確かに、就職支援の中にはブラック企業でも平気で紹介してくる所は存在します。

これは私自身、ジェイックという就職支援を活用して就職が失敗した経験からそう言えます。

そのため、「絶対に就職成功します!!!」とは言えません。

ただ、個別サポート型の就職支援であれば、自分の希望に応じた求人紹介を受けられるので、納得のいく労働条件の職場に絞った就活が可能です。

※ジェイック=学校の授業のように集団支援型の就職支援

当然、3K業界の求人は排除してくれていますし、労働条件に納得がいくまで求人を紹介し続けてくれます。

ですので、個別サポート型の就職支援であれば、優良企業への就職も狙えますし、就職成功に一役買ってくれるはずです。

就職支援を活用した私の体験談

上述の通り、私は1度目の就職=失敗に終わりました。

ただ、2度目の就職に関しては、個別サポート型の就職支援を通じて就活した結果、提示した条件を満たした職場への就職を果たす事が出来ました。

私が相談したのは、「エージェントNeo」という就職支援だったのですが、希望に応じた求人紹介+担当者が直接社内を訪問→労働環境に問題がない事を確認したうえでの求人紹介を徹底していただけあり、紹介された6社全てが、満足いく労働条件の職場でした。

【体験談】実際に第二新卒エージェントNeoから紹介された求人まとめ!【紹介企業の質は高い】

【体験談】実際に第二新卒エージェントNeoから紹介された求人まとめ!【紹介企業の質は高い】

 

そのため、3K業界を回避する事が出来るだけでなく、労働環境や待遇に不満を感じる職場まで回避する事が可能なのです。

また、社内を訪問して直接社員とやり取りしているだけあり、「有給取得率」、「過去3年間の離職率」、「直近のボーナス支給額」、「社員旅行や飲み会等は頻繁に行われるのか」など、求人票に記載されていないような情報まで担当者は把握しています。

つまり、残業時間や給与以外の社内状況を知った上で、就職先を決められるので、就職後のミスマッチが起こりにくいのです。

事実、エージェントNeo=利用満足度3冠を受賞しています。利用満足度が高い=就職がうまくいったという人が多いという事ですので、あなたも就職が成功する確率が高いという訳です。

かくいう私も、「残業時間月45h以下・完全週休二日制・前職の給与水準を下回らない・土日休み・経験を活かせるIT関連の企業」といったように、細かく条件を伝えましたが、きちんとそれに合致した企業を紹介してくれて、利用して良かったと感じています。

ですので、これから就活を考えているフリーターの方で、「納得のいく労働条件の職場に就職したい」、「就職を失敗したくない」というのであれば、相談してみる価値があるかと思います。

エージェントNeoのサポートの詳しい内容は利用者の体験談に関して↓

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

スポンサードサーチ

■まとめ

3K業界を回避する就活方法について書いていきました。

ただ、就職支援=20代のフリーター限定で相談出来るサービスですので、30代以上の方は残念ながら、茨の道である個人で就活をする方法しか残されていません。

ですが、20代のフリーターの方であれば、どんな経歴であっても相談可能です。

そして、上述の通り、就職支援への相談が、もっとも3K業界を回避する事が出来る方法であり、就職成功に近づく方法です。

3K業界=慢性的な人手不足&定着率が悪いため、一向に労働環境が改善される事はありません。

1人あたりの仕事量がエゲツないので、残業は当たり前、安月給で使い倒されるのは必須です。

飲食、介護、建設、清掃業界に魅力を感じているという方以外は、就職するべきではない業種と言えます。

そのため、就職成功したい、納得いく労働環境の職場に就きたいというのであれば、迷わず就職支援に相談するのが吉です。

また、エージェントNeoであれば、無料相談にて、直接担当者の話を聞いたうえで、就活に利用するかを決める事が出来ます。

百聞は一見に如かずという言葉がある通り、ネットで情報収集するよりも、直接話を聞いた方が、欲しい情報は手に入ります。

ですので、就職を検討しているフリーターの方は、思い立ったが吉日、無料相談をしてみるのが良いかと思います。

◆エージェントNeoの無料相談について↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【フリーター限定】きつい・汚い・危険な3K業界で働きたくない方が実践すべき就活方法
-, , , , , , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.