【20代までに就職をするべき理由!】30代職歴なし無職の社会復帰/就職ははっきり言って厳しいです!

【20代までに就職をするべき理由!】30代職歴なし無職の社会復帰/就職ははっきり言って厳しいです!

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後に、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。※これまでに3度の就職&3社の就職支援の利用歴アリ。

 

20代後半・職歴なし・フリーターという方の場合、「さすがに就職しないとまずい...」と焦燥感に苛まれている方も多いかと思います。

ただ、頭では”就職しなくては...”と分かっているものの、「ダメ人間だと評価されるのが怖い」、「どうせ面接を受けてもバカにされるだけ」といったように、就活・就職への恐怖心から、就活が出来ずにいるという方も多いのではないでしょうか。

私自身、「他人に評価をされる場に行くのが怖い...」という気持ちから、大学の時は就活を一切しませんでしたし、一度就職が失敗に終わった後も、就職への恐怖心から半年間ほど何もしない期間があったので、就活・就職への恐怖心は痛いほど分かります。

ただ、そのまま30代・職歴なし・無職/フリーターとなってしまった場合、『正社員としての社会復帰は絶望的、何とか就職出来たとしても、ブラック社畜としてしか生きられない...という状況になる事は避けられません。

スポンサードサーチ

30代職歴なし無職・フリーターになるとどうなる?

社会復帰が絶望的

20代後半である自分自身が感じている通り、30代職歴なし無職・フリーター=正社員としての就職は厳しい」のが現状です。

30代を企業側はどう評価するのかと言いますと、「即戦力である事はもちろん、将来的に会社の主軸になりうる人材」、「社会人として10年ほどキャリアを積んできたので安心できる」といったように、中堅・ベテラン社員として30代を見ています。

しかしながら、20代の間をずっと無職とフリーターで過ごしていたとなれば、20代何してたの?」、「30代で職歴なしを採用するほど会社的余裕はない」といったように、履歴書を送った段階で門前払いを受ける事が濃厚なのです。

また、既卒向けに就職サポートを行ってくれる就職支援のほとんどが、20代限定と年齢制限を設けており、30代となってしまうと、就職支援のサポートも受けられなくなるため、個人で就職先を見つける方法しか残されていないのです。

結果的に、「楽に就職出来る20代の内に、何で就活をしてこなかったのだろう...」と後悔を抱えたまま、30代をアルバイト生活で過ごす事になってしまうのです。

 

同年代との収入格差が如実に表れる

20代の段階では、フリーターと正社員の給与の差はそこまでありませんが、30代以降はぐんぐん差が広がっていきます。それは、フリーターと正社員の生涯年収の差に一億近い差がある事からも明白です。

同年代の友人が、手取り30万~40万円+年二回の賞与を受け取る中、月~土×毎日8時間働いてようやく手取り20万円代+賞与0という生活を一生続けなくてはいけなくなります。

当然ながら、同年代の友人からは「あいつフリーターらしいよ...」、「惨め」といった目で見られますし、たまたまバイト先に、学生時代の友人が来て気まずくなるという事もあり得ます。

その状態に耐えられるメンタルを持っているのであれば、30代を無職・フリーターとして生きるのもアリですが、30代になった時に、「フリーター(無職)をしています」と友人に面と向かって言えないのであれば、20代の内に就活をしておくべきです。

 

学生に混じってのアルバイト生活で一生を終える

前述したように、正社員としての社会復帰が絶望的となるため、30代以降も学生に混じってのアルバイト生活を強いられる、もしくは無職となり引きこもる生活になる可能性が高いです。

当然ながら、学生がメインであるアルバイトの職場が多いので、独りだけ30代、40代でバイトとなると、「あのおっさんヤバいな」、「絶対あんな大人にはなりたくない...と毛嫌いされる事は間違いありませんし、仮に、バイト先の経営状況が悪化した場合に、真っ先に首を切られるのは、30代・40代のバイトです。

融通が効く・将来性がある学生に対して、バイト先で浮いている、フレッシュさのないおっさんが切られるのは当然です。

そのため、30代職歴なし無職・フリーターという絶望的な未来を回避するためにも、精神的な負担が少ない就活方法を実践して、就職先を探すべきなのです。

「そんな方法あるの?」と思うかも知れませんが、就職支援を利用する事で、20代後半・職歴なし」、「数年間無職期間がある」という方であっても、経歴に対して馬鹿にされる事もなく、就活が可能です。

また、担当エージェントの方が、就活のすべて(履歴書の添削、面接対策、求人紹介、ビジネスマナー講習、入社後のフォロー等)をサポートしてくれますので、スムーズに内定を獲得する事が出来ます。

 

スポンサードサーチ

就職支援の利用=精神的な負担が少ない就活方法と言える理由

経歴に”優しい”企業に絞って就活できる

就活に躊躇をしてしまう一番の理由としては、「ダメ人間だと評価されるのが怖い」、「どうせ面接を受けてもバカにされるだけ」といったように、”20代後半、職歴なし無職orフリーター”という経歴が、自分自身どう見られるのかが分かっているからという点だと思います。

ただ、就職支援の場合、”第二新卒・既卒フリーターを対象とした”就職支援である事を、企業側は理解したうえで、求人応募を掛けています。そのため、「”20代後半、職歴なし無職orフリーター”という経歴を気にしない」、「自社で育てたいという気持ちを持っている」といった意志のある企業に絞って就活が出来るので、自分が想像しているような、人格攻撃、人格否定のない面接を受ける事が可能です。

 

キャリアカウンセラーの方と二人三脚で就活を進められる

履歴書の作成/添削、自己PR文・志望動機の作成/添削、面接対策、求人紹介、ビジネスマナー講習等々、全ての場面において、専任で付いてくれるキャリアカウンセラーの方に相談やアドバイスを貰いながら就活を進めるため、孤独に就活を進めるよりも、不安を感じる事なく、就活を進める事が可能です。

また、電話やメールでも相談をする事が出来るので、不安点・疑問点が出てきたらすぐに相談⇒アドバイスを貰う事も出来るため、就活・就職への不安・恐怖心を抱えているのであれば、相談してみる価値は大いにあると言えます。

 

まとめ

20代後半・職歴なし無職orフリーターという経歴は、他の同年代よりも劣った経歴であるため、どうしても就活への怖さを感じてしまうのは分かります。

しかし、今記事で書いたように、今のまま30代を迎えてしまった場合、就職出来るチャンスそのものが無くなってしまう事になるので、やはり今のうちに就活を進めるべきなのです。

そして、就職支援であれば、不安を相談しながら就活サポートを受ける事が出来る+労働環境・待遇に問題がないと確認が取れた企業のみを紹介して貰えるため、就活方法の中でも、特に精神的な負担が少なく、働きやすい企業に就職出来るはずです。

私自身、就職支援を2社利用して、就職失敗も就職成功も経験しましたが『エージェントNeoであれば、これまでの経歴を馬鹿にされる事も無ければ、面接において人格攻撃をされる事もありません。


【公式】第二新卒エージェントneo

※私自身、6社ほど面接を受けて、一度も経歴に対して否定的な言葉、モラハラ的な言葉を投げられる事はありませんでした。

それに加えて、就職支援の中でも満足度がNo1というだけあり、就活サポートにかける時間が多く、就活、就職に関する不安を一つずつ丁寧に解消してくれますので、就活・就職に対しての恐怖心、不安から中々就活を始められずにいるという方であれば、相談をしてみるのが吉です。

無料相談を受けたからといって、即サポート開始される事も無ければ、勧誘の連絡が引っ切り無しに来る事もありません。また、伝えた要望に沿った求人を無料相談の段階で13件ほど紹介して貰えますので、「どういった求人を保有しているのか」を確認したうえで、実際に就活に利用するかを検討してみるのが良いかと思います。

下記公式サイトにて、詳しいサポート内容、入社までの流れの説明および、無料キャリアカウンセリングの申し込みが可能です。
エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【20代までに就職をするべき理由!】30代職歴なし無職の社会復帰/就職ははっきり言って厳しいです!
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.