【既卒フリーターは注意!】選考なし・即面接の求人募集は怪しい?”訳アリ”企業の可能性大!

【既卒フリーターは注意!】選考なし・即面接の求人募集は怪しい?”訳アリ”企業の可能性大!

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

経歴に難のあるフリーター・ニートの方であれば、『なるべく書類選考は受けたくない』、『即面接の求人を受けたい』と考えている方もいるのではないでしょうか。

履歴書・職務経歴書での選考がある場合、経歴によるマイナスが如実に表れるフリーター・ニートという立場だと、どうしても企業側からのイメージが悪く、面接を受ける事すら出来ない事が多いのは事実です。(※中には書類選考10連敗したという方もいます。)

そのため、面接のみで採用不採用が決まる即面接の企業に絞って就活をしたいと考えているはずです。

しかし、”書類での選考がない企業ってどうなの?”、”即面接の企業ってブラックなのでは?”といったように、企業の質が気になるという方もいるかと思います。

確かに、”履歴書や経歴書での選考なし”と謳っているだけあり、『これまでの職歴に関して特に気にしていない』というスタンスの企業が多いので、スムーズな内定を狙えます。ただ、経験上選考なし・即面接の求人=怪しい”訳アリ”企業が多いと言えます。

スポンサードサーチ

選考なし・即面接の求人=怪しい”訳アリ”企業が多い理由

募集のハードルを下げないと応募が来ない企業

1個目の理由は、”募集のハードルを下げないと応募が来ない”という点です。

例えば、”新卒から全く相手にされないほど企業の質が悪い”、”長期間求人を掲載しているのに、応募が0”といったように、会社の規模・労働環境・待遇のいずれかに問題を抱えている、あるいは、ブラック企業である事が口コミ等で広まっているために、求職者から全く相手にされていない企業である可能性が高いのです。

そして、労働環境・待遇で勝負が出来ない事から、就活の工程を”手軽”にする事で、求職者からの応募を狙っているという訳なのです。

そのため、選考なしという文言に惹かれて面接を受けて入社をしたものの、「毎日14時間以上働かされる...」、「労働時間と給料が見合っていない」といった事態を招く恐れがあるので、選考なし・即面接可の求人には注意をするべきだと言えます。

 

人手不足である可能性が高い

 

2個目の理由は、”人手不足である可能性が高い”という点です。

選考なし・即面接の就活は、内定獲得までのスピードが速く、1ヵ月掛からずに入社をする事も可能です。

確かに、求職者からしてみれば、すぐに就職先が決まるという事は、メリットでしかないのですが、選考なし・即面接可の求人を出している企業の中には、そのスピード感に目を付け、”人手不足で明日にでも働ける人が欲しい...”という考えを持った企業も求人を出しているので注意が必要です。

人が足りていない企業に就職をしてしまった場合、社員一人当たりがこなす仕事量が多く、毎日終電間際までの残業を強いられる恐れがあるとともに、”人が足りていない”事を理由に、入社後研修に時間を費やす事なく、入社後すぐに仕事にアサインされる可能性が非常に高いため、既卒フリーター・ニート⇒正社員への就職の際には、非常にキツイものとなってしまいます。

 

怪しい企業の見極め方

前述した理由から、 選考なし・即面接の求人=怪しい企業が多いと言えます。

そして、既卒フリーター・ニートの就活の場合、 選考なし・即面接の求人以外にも、”怪しい”企業の求人が多いため、就職失敗を招く可能性が高いのです。

下記記事に、ブラック企業の求人にありがちな文言、求人票の嘘の見分け方をまとめているため、就職失敗を回避したいという方は、参考にしてみて下さい。

【既卒フリーター就活】学歴不問・経験不問の求人には”求人詐欺”が多い!【求人票の嘘の見分け方】

また、「一人で就活をした場合、就職失敗しそう...」と感じている方であれば、既卒フリーター・ニートを対象とした就職支援に相談をするのが得策です。

というのも、自分の要望通りの求人に絞って就活が出来るとともに、ほとんどの就職支援が、担当アドバイザーの方の推薦状+就職支援時代の実績によって、書類選考の突破率が高くなるため、書類選考=あるようでないのが現状です。

そのため、労働環境・待遇に申し分のない企業に絞って、ほぼ即面接状態で、就活を進める事が出来るのです。

中でも、私も一度目の就職失敗の後に、「エージェントNeoという就職支援を利用しましたが、選考突破率は8割を超えているという前評判通り、6社中1社だけしか書類で落とされる事がありませんでした。


【公式】第二新卒エージェントneo

スポンサードサーチ

まとめ

選考なし・即面接の求人に惑わされず、まずは就職支援に相談をするのが吉

ほとんどの企業が選考を行い、ある程度求職者を厳選したうえで面接を実施するのに対して、選考を行わないという事は、企業側の思惑としては、離職率が高く、すぐにでも”捨て駒”となる人材を採用したいか、企業としての魅力がなく、求職者からの募集がないかのいずれかとなります。

そのため、選考なし・即面接という甘い誘惑に惑わされずに、就活を進めるのが吉です。

そして、就職の成功率を上げるためにも、怪しい企業の求人を徹底排除している(※労働環境、福利厚生に基準を設けており、その基準を満たした企業の求人のみを厳選して紹介している)、就職支援に相談をして、担当アドバイザーの意見を聞きながら、就職先を選ぶのが得策だと言えます。

下記公式サイトにて、詳しいサポート内容の確認&無料相登録が可能です。

エージェントNeoの公式サイト↓
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【既卒フリーターは注意!】選考なし・即面接の求人募集は怪しい?”訳アリ”企業の可能性大!
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.