【就活、就職が怖い方必見】脱ニート⇒正社員への就職は思っている以上に簡単です。

【就活、就職が怖い方必見】脱ニート⇒正社員への就職は思っている以上に簡単です。

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

今現在、定職についていないニートの方の中には、『脱ニートしなければいけないとは分かっているものの、就活が怖い』と感じている方も多いのではないでしょうか。

「面接で何を言われるか不安」、「どうせこんな経歴では、馬鹿にされるだけ」といったように、就活への恐怖心から、仕事探しが進んでいない状況が続いているとは思いますが、自分が思っている通り、いつかは脱ニートをしなければ、生きていく事は出来ません。

今は親が健在であったり、貯金があったり等々、ニート生活を続けてられる状況にいるかも知れませんが、その状況にもいつか終わりがきます。

また、ニートからの就活の場合、空白期間(無職の期間)が長ければ長いほど、内定獲得が遠のきます。

ですので、脱ニートしないと…と思ったその時に、就活を始めるのが吉なのです。

そして、20代であれば、脱ニートは想像以上に容易です。

今は何も始めておらず、”就活=実態の見えないもの”であるために、過剰に恐怖を感じてしまいますが、いざ就活を初めてみると、スムーズに内定を勝ち取る事は可能なのです。

そこで今記事では、

◆20代であれば脱ニートが容易な理由

◆脱ニートに最適な就活術

上記について書いていきます。

ですので、「就活が怖い」、「就活の方法が分からない…」といったニートの方は参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

■20代=脱ニートが容易な訳

20代=企業側からの需要がある

就職市場において、20代はたとえニートという経歴であろうが、需要のある存在です。

というのも、いつの時代も企業は、将来有望な若手人材を欲しているためです。

ましてや、大手企業や有名企業に若手人材がこぞってエントリーをする”一極集中”のような現状ですので、無名企業や中小企業の場合、『20代からの応募=経歴にマイナスがあろうが、一度面接で会ってみたい』と感じる場合がほとんどです。

中には、「無名や中小企業に就職ってどうなの…」と感じる方もいるかもしれませんが、就活でつまづく事なく脱ニートをするのであれば、無名企業や中小企業に目を向けるのは、現実的な方法と言えますし、会社の規模や有名企業だからといって、働きやすい職場であるという保証はありません。

それは、電通自殺事件は直近8年間で5名の社員が自殺をしている三菱電機を見れば明らかです。

ですので、事前の企業リサーチによって、「無名だけど労働環境が良好な企業」、「会社の規模は小さいけど、待遇・労働環境に問題がない企業」をピックアップして、求人応募をしてみるのが良いかと思います。

未経験OKの求人に応募出来る

また、20代であれば未経験OKの求人に応募可能です。

未経験OKの求人を掲載している企業のほとんどが、27歳までを目安に求人を出しています。

そのため、ニートのまま30代となってしまうと、未経験OKの求人すら、年齢によって弾かれてしまうのです。

そのため、一気に就職出来る可能性が下がってしまいます。

結果的に、生活保護で食いつなぐ惨めな余生を過ごす事になるかもしれないのです。もあり得るのです。

そういった将来が嫌だというのであれば、未経験OKの求人にエントリー出来る20代まで(※できれば27歳までに)に就活に着手すべきなのです。

スポンサードサーチ

■脱ニートに最適な就活術

求人サイト<就職支援への相談

上述した通り、企業側からの需要がある&未経験OKの求人にエントリー出来る20代であれば、脱ニートは容易です。

そのため、そこまで怖がらずに、就活を進めるべきなのです。

しかし、そうは言っても、「志望動機、自己PRなんて思いつかない」、「面接が怖い」といった不安感・恐怖心は消えないかと思います。

そういった方の場合、求人サイトを通じて個人で就活をするのではなく、既卒フリーター・ニートを対象とした就職支援に相談をすべきだと言えます。

というのも、就職支援であれば、専属のアドバイザーの方と二人三脚で就活を進められるので、悩みや不安を常に相談可能なうえ、あらゆる場面のサポートをしてくれるためです。

ですので、ただ求人を探して募集をかける→履歴書の作成や面接といった就活面は個人の技量に委ねられる求人サイトよりも、専属のアドバイザーの支援の元、就活が出来る就職支援の方が、脱ニートに効果的と言えます。

就職支援の相談がベストと言える2つの訳

脱ニートに最適な就活=就職支援への相談だと言える理由としては、下記の2つが挙げられます。

◆ニートという経歴がマイナスにならない

◆納得いくまで面接対策を受けられる

上記2つの理由から、脱ニートに最適な就活と言えます。

既卒フリーター・ニートを対象とした就職支援に求人を出している企業は、その就職支援からエントリーしてくる求職者がフリーターorニートという事を理解しています。

それでもなお、求人を出している=『経歴は特に気にしない』、『書面上の経歴ではなく、会った時の印象で採用に値するか見極めたい』と考えている企業ばかりという事ですので、ニートという経歴がマイナスにならない&過去の経歴に対して、深く追求してこない企業に絞って面接が出来るのです。

また、就職支援自体の就職実績、就活を熟知したプロのエージェントの方が作成した推薦状の力等々、就職支援事態の”ブランド力”、”サポート力”によって、ニートという経歴であっても、複数社と面接が出来る+内定を勝ち取る事が可能と言えます。

そして、就職サポートの一環として、絶対に面接で聞かれるであろう質問への模範的な答え方をレクチャーして貰えたり、面接に同行同席してくれたりと、用意周到な状態で面接を迎えられるように、徹底的にサポートをしてくれます。

ですので、面接への苦手意識や恐怖心を感じている方であれば、相談してみる価値が十分にあると言えます。

中でも、「エージェントNeo」の場合、就職実績および面接対策において、口コミ評価の高い就職支援となっています。

【フリーターが利用するべき就職支援】エージェントNeoのメリット3選!

かくいう私も、ニートという状況ではなかったのですが、1留歴+1年半での短期離職歴+フリーターという、ニート以下の経歴の中相談をしたものの、6社中3社から内定を獲得→1ヶ月ほどで就職が成功しました。

就職サポートも多くの時間を割いてくれましたし、求人紹介においても自分の納得のいく内容のものしか紹介して来なかったので、不快に感じる点はありませんでした。そのため、「就活が怖い」、「就活の方法が分からない…」といったニートの方は、脱ニートのために相談してみるべきだと言えます。

◆15,000名以上もの就職実績あり

◆5,000件以上の未経験OK求人を保有&事前リサーチにより、ブラック企業を排除済み

◆面接対策満足度No1

【公式】第二新卒エージェントneo

■まとめ

「さすがにそろそろ働かなくては...」、「ずっとこのままじゃダメだ」といったように、脱ニートをしなくてはいけないと分かっているものの、就活や就職に関する不安や絶望感、恐怖心から、中々就活に踏み切れずにいるという気持ちも分かります。

とはいえ、冒頭でも書いた通り、”就活をしない”という選択をし続けてしまうと、より一層自らを底辺に追いやるだけです。

結果的に、ほとんどの企業から、年齢によって門前払いされてしまう30代になってから、『若いうちに就活しておけば良かった…』と後悔する羽目になります。

そのため、思い立ったが吉日、就活を始めるべきなのです。

そして、エージェントNeoの場合、これまでに何名ものフリーター・ニートの方の就職を手助けしているため、脱ニートの就活術を熟知しています。

最短ルートで内定獲得をサポートして貰えますし、経歴に対して馬鹿される事もありません。

相談してみれば分かりますが、「なんであんなに怖がっていたのだろう」と感じるはずです。

それくらい、精神的な負担を感じずに、内定獲得&自分の理想とする職場で就業開始が可能です。

ですので、「面接で何を言われるか怖い...」と就活への恐怖心を感じている方、そして、「絶対に就職成功したい」という気持ちのあるニートの方は、まずは無料相談を受けてみるべきです。

下記公式サイトにて、サポートの詳細確認と無料相談の申込が可能です。

無料相談を受けた=絶対に就職支援を受けなければいけないという事もなく、無料相談でのアドバイザーの印象、紹介してもらった求人内容を見てから、継続的にサポートをしてもらえるかを決める事が出来ます。

★エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【就活、就職が怖い方必見】脱ニート⇒正社員への就職は思っている以上に簡単です。
-, , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.