【派遣社員歴が長い=正社員への就活に不利?】派遣社員⇒正社員への就職にはどこの就職支援に相談をするべき?

【派遣社員歴が長い=正社員への就活に不利?】派遣社員⇒正社員への就職にはどこの就職支援に相談をするべき?

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

不安定な立場である派遣社員をそろそろ辞めたい”

長期派遣をしたものの直接雇用の見込みがないので、別企業で正社員就職を考えている”

周りが正社員として働いているので焦りを感じている”

 

将来が不安定である、派遣社員として仕事をしているという方の中には、上記のように感じている方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、派遣社員歴が長いという方の場合、「派遣社員としての経歴しかない=就活が不利なのでは」、「面接で経歴をどう説明すればいいのか分からない」、「面接が不安」といったように、派遣社員としての経歴が長い、派遣社員歴しかないという方の場合、就活/就職に大して不安点を抱えている方も少なくないかと思います。

確かに、普通に就活をした場合、「派遣社員歴が長いのはなぜ」といったように、経歴に関する質問が投げられるのは必須です。そして、上手い返しが出来ない限り、内定を獲得する事は出来ません。ですので、派遣社員歴が長い方の中で、正社員への就職を検討しているのであれば、迷わず就職支援に相談をするのが得策だと言えます。

 

スポンサードサーチ

派遣社員歴が長い方=就職支援の利用が最適なワケ

就職支援の実績が考慮される

企業によっては、正社員としての経歴以外は、職歴に含まないという企業がありますし、一般的には、正社員としての職歴>派遣社員としての職歴となります。そのため、派遣社員歴が長い場合、就活が不利になる事は避けられません。しかしながら、就職支援を利用する事で、たとえ経歴にウィークポイントがあろうとも、マイナスになりにくいのです。

というのも、就職支援に求人を出している企業の多くが、「これまでにその就職支援を利用して、人材を確保した事がある」、「就職実績を見て、求人を掲載している」といったように、就職支援に好意的な企業となっており、『就職支援が紹介してくる人材=多少の経歴のマイナスがあろうが期待できる』といった印象を持っています。そのため、派遣社員歴が長いという場合であっても、全く不利になる事はないのです。

 

面接対策が充実

前述したように、派遣社員歴が長い場合、経歴に関する質問が投げられるのは必須です。

そして、それに対して、面接官・人事担当を納得させる言葉を投げなければなりません。ただ、就職支援を利用する事で、就活の”勝ち方”を分かっているプロのアドバイザーの方が、面接の受け答えをレクチャーしてくれるため、さくっと内定を取る事が出来るのです。

1人で面接の受け答えを作成するのと、数千、数万名以上の方の就職に携わっているアドバイザーの方の意見を反映させて、作成するのでは、どちらが企業側の印象を覆す事が出来るのかは、明白だと思います。

 

スポンサードサーチ

どこの就職支援に相談をするべき

避けるべき就職支援

就職支援の実績が考慮される

面接対策の充実

 

上記の理由から、派遣社員⇒正社員への就職を検討しているのであれば、就職支援の利用は、マストとなります。ただ、就職支援の中には、平気で厳しい労働を強いる企業を斡旋してくる就職支援もあるので注意が必要です。私自身、ジェイックを利用した際に、散々な目に合いました。

そのため、ジェイックは当然ながら避けるべきだとは思いますし、ジェイックのように、「相談者各々にアドバイザーが付かない就職支援」、「研修によって、複数名に対して一斉に就活サポートを行う就職支援」は、利用しないのが得策だと言えます。

やはり、複数名を同時にサポートするとなると、相談できる時間が限られてしまいますし、それぞれ就活の悩むポイントが異なるのに(Aさんは面接が不安、Bさんは業種選びを重点的にサポートして欲しい等)、それぞれの悩みが深堀されずに、本番の面接を迎えてしまうため、就職失敗を招きやすいのです。

 

利用する価値のある就職支援

そのため、派遣社員⇒正社員への就職を検討しているのであれば、アドバイザーの方が専任で付いてくれる就職支援を利用するのが得策です。常に相談が出来る体制となっている+ヒアリングで話した内容にそって求人をセレクトしてくれるため、就職成功に近づくと言えます。

私自身、ジェイックの就職が短命に終わった後に、「エージェントNeoという就職支援を利用しましたが、何から何までみっちりサポートしてくれたので、スムーズに就職する事が出来ました。※約4週間ほどで就職出来ました。

保有求人には、過去に採用でやり取りをした企業が多いため、過去の面接者のフィードバックを元に、面接対策を行って貰える

本番で聞かれるであろう項目をある程度把握できます。

厳しい労働環境の求人は徹底排除

アドバイザーの方が職場視察⇒労働環境を視察済み

就職実績が豊富

 

上記のように、就活を始めるうえで、追い風だらけな就職支援となっています。そして、就活・就職の際に躓きやすいポイントごとに的確にアドバイスをくれるので、一人で就活を進めるよりも、不安を感じにくいですし、就職支援自体の就職実績が高いため、面接が不利になる事はまずあり得ません。

そのため、「立場・将来が不安定な派遣社員から安定した正社員への就職を考えている」、「派遣社員歴が長いので就活をするのが億劫」、「誰かに相談をしながら就活を進めたい」という方であれば、利用してみる価値のある就職支援だと言えます。

エージェントNeoの公式サイト↓
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【派遣社員歴が長い=正社員への就活に不利?】派遣社員⇒正社員への就職にはどこの就職支援に相談をするべき?
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.