辛い既卒差別を避けるたった一つの就活法

辛い既卒差別を避けるたった一つの就活法

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

既卒枠での就活を検討している方であれば、インターネット上で、”既卒差別”という言葉を見かけた事がある方もいるかと思います。

文字通り、「既卒=無能」、「採用コストをかけてまで、取る価値のない人材」といったように、既卒という経歴を理由に、面接での人格攻撃、内定を与えないといった差別を受ける事を言うのですが、「自分も既卒差別を受けるのでは?」と、戦々恐々している方もいるのではないでしょうか。

そして、”既卒差別を避けて就活がしたい...”と切に願っているかと思いますが、就活方法次第では、既卒差別を受ける事無く、就活を終わらせる事は可能です。

スポンサードサーチ

既卒差別を回避する就活法

そもそも、既卒差別を受ける理由

そもそも、既卒差別を受ける理由としては、企業側の不安にあります。

1人の人材を採用する場合、100万円前後のお金が掛かります。(※ジェイックという就職支援を利用していた時に、聞きました。)

そのため、大きなお金が動く分、「採用コストに見合っている人材なのか」、「これまでの経歴では、能力があるとは思えない...」といったように、ある種”博打”と似たように企業側は感じてしまうのです。

ですので、その不安を解消してあげる事で、既卒差別を受けずに済むのです。

不安を払拭するのに、もっとも効果的なのは、成功体験を伝える事です。

例えば、学生時代に部活動で全国大会まで進んだ、アルバイトで一番売り上げに貢献した、音楽活動やインターネットでの活動において、フォロワーを数万名集めた等々、これまでに達成した成功体験を話す事で、「この人は、目的をやり遂げる力が備わっている」という印象付けをする事が出来ます。

もしも、「これまでにこれといって成功体験がない...」という方の場合は、自分の価値で戦うのではなく、ブランド力を借りる事で、既卒差別を回避可能です。

ブランド力を借りる”とは、どういう事かといいますと、就職実績のある就職支援を利用する事です。

就職実績がある=これまでに取引をした企業の数となりますし、就職実績を活用している企業の多くが、過去に人を紹介して貰った経験のある企業となりますので、「○○からの紹介なら、ぜひとも話を聞きたい」、「面接を受けさせる価値がある」といったように、印象の良い状態で、面接を始める事が可能なのです。

 

就職支援=既卒差別を受けないと言える理由

過去に人を紹介して貰った経験がある事に加えて、下記の理由からも、既卒差別を受けないと言えます。

既卒フリーター向けの就職支援という事を分かったうえで、求人を提示しているため、”経歴に関しては、気にならない”という企業に絞って就活が出来る

「既卒差別をされた...」と、求職者側から、クレームが出た場合、就職支援との今後の関係に影響が出るため

 

上記の理由からも、既卒差別を受けないと言えます。

事実、私自身、既卒枠で2回ほど就職をしましたが(いずれも、就職支援を利用)、面接の段階で、人格攻撃を受けたり、経歴に対して馬鹿にされる事が、全くありませんでしたし、事前に就職支援側から、過去に面接で質問された内容を知らされていたので、非常に面接がやりやすかったです。

そのため、既卒差別を回避しての就活を希望するのであれば、就職支援への相談はマストだと言えます。

 

就職支援の利用の注意点

ただ、既卒フリーターの就活=就職支援の利用はマストではあるのですが、どこでも良いとは限りません。

別記事に書いていますが、私自身、ジェイックという就職支援で、超絶ブラック企業を斡旋されて、2年持たずに退職を強いられたので、相談をする就職支援の質を間違えると、地獄を見る事になります。

私の失敗体験&ジェイックの就職先の内容に関してはこちら↓

【体験談】JAIC(ジェイック)就職カレッジからブラック企業に入社した話

 

そのため、就活の相談をするのであれば、ジェイックを使うべきではないですし、もっと言うと、大学の講義のように、大勢の方に対して、一斉に就活サポートを行う就職支援は利用を避けるべきです。※ジェイックも研修型の就職支援です。

「面接練習を重点的にしたい」、「適性が知りたい」、「他人に評価をされるのが怖い...」といったように、それぞれ、就活サポートを受けたい、相談をしたいポイントは異なります。

ただ、一斉に就活サポートを行う就職支援の場合、講師の方が、ざっとノウハウを説明⇒受講生同士のロールプレイングで、自分なりの”答え”を見つけるといったように進みますので、どうしても、「もっと相談したかったのに...」という不安を抱えたまま、就活せざる負えません。

結果的に、就職が失敗しやすいのです。そのため、経験上、求職者各々に専任のキャリアアドバイザーが付いてくれる就職支援を利用するべきです。

中でも、「エージェントNeoは、申し分のない就職実績に加えて、満足度&サポートにかける時間がともに1番の評価を受けているため、相談をする事で、就職成功に近づくと言えます。


【公式】第二新卒エージェントneo

私自身、2度目の就活の際にお世話になりましたが、1/2ペースで内定を獲得できましたし、1ヵ月ほどで就職出来ました。

当然ながら、”既卒差別”を感じる瞬間は一度もありませんでしたし、精神的に辛いと感じる事なく、内定獲得まで走りきる事が出来ました。

また、アドバイザーの方も、経歴に関して馬鹿にした態度を取る事も無ければ、「そんな経歴なのだからある程度条件は妥協するべきだ」といったようなモチベーションを下げる言葉を言ってくる方もいなかったので、安心して相談が出来ましたし、無事に働きやすい職場に就職が出来たので、利用して良かったと感じています。

 

スポンサードサーチ

まとめ

確かに、”既卒差別”という言葉が存在している通り、既卒枠=面接官からの印象が悪いのも事実です。

そのため、勇気を出して就活を始めたにも関わらず、「経歴に関して馬鹿にされた」、「圧迫面接をされて人格否定された」といったように、精神的に傷を負うだけで全く内定が取れないという状況に陥る可能性が高く、結果的に、正社員としての就職を諦めて、生涯フリーターという”負け”人生を歩む事にした既卒フリーターの方も多いです。

ただ、既卒向けの就職支援を利用する事で、上記のような、辛い”既卒差別”を強いられる事なく、内定を獲得する事が可能です。

ですので、辛い既卒差別を避けて就活がしたいという方であれば、相談をしてみる価値はあると言えます。

何より、プロのアドバイザーの方が、二人三脚で就活をサポートしてくれますので、精神的な不安を感じる事なく就活を進める事が出来るのは、非常に良い点だと思います。

いくら相談をしても、一切費用が掛からないため、就活に関して少しでも不安があるのであれば、一度相談をしてみるのが吉です。

エージェントNeoの無料相談に関して↓
既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-辛い既卒差別を避けるたった一つの就活法
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.