【”〜っす”では社会人失格】敬語がうまく話せないというフリーターが実践すべき就活法【苦手な敬語を即克服】

【”〜っす”では社会人失格】敬語がうまく話せないというフリーターが実践すべき就活法

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

これから正社員への就職を考えているフリーターの方の中には、「敬語が苦手」、「言葉遣いをよく注意される」といったように、敬語がうまく話せない(使えない)という方もいるかと思います。

そして、「敬語が苦手=就活および就職後に苦労するのでは…」と不安に感じているのではないでしょうか。

正社員となれば、敬語で話す機会の方が多くなります。ましてや20代であれば、会社内でも最年少である可能性が高く、社内でもタメ口を話せない可能性もあるのです。

そのため、敬語が苦手=就職後に苦労するのは必須です。

就活においても、面接でタメ口が出ようものなら、その時点で不採用となりますし、”変な敬語”が出てしまえば、「顧客とのやり取りで失礼な事をするのでは」と企業側から懐疑的な目で見られます。

つまり、敬語が話せない=正社員になるうえで致命傷と言っても過言ではないのです。

とはいえ、就活の方法次第では、ビジネスシーンで必要な言葉遣い、ビジネスマナーを1から教えてくれるとともに、面接対策や求人紹介といった就活サポートを行ってくれるところもあります。

その方法というのが、「既卒フリーターを対象とした就職支援」です。

敬語が苦手、入社後に言葉遣いで叱責を受けたくないという方は、相談してみる価値があるかと思います。

今記事では、

◆就職支援=敬語が話せない方に最適な理由

◆相談する価値のある就職支援

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

敬語が話せない方に最適な理由

ビジネスマナー研修がある

先ほども書いた通り、就職支援のサポートの中には、ビジネスマナー研修が含まれています。

例えば、敬語であったり、名刺交換の際のマナーであったり、入室の際の上座・下座のマナーなど、入社後を想定したビジネスマナーを1から学ぶ事が出来ます。

そのため、実際に正社員になる前に、馬鹿にされない言葉遣い、ビジネスマナーを身に付けた状態で就職をする事が出来るのです。

なおかつ、担当アドバイザーとの話のやり取り=当然敬語での会話となるため、サポートを受けているだけで、言葉遣いのトレーニングにもなるのです。

確かに、敬語が苦手な状態から、すらすらと敬語が話せるようになるまでには時間がかかります。

とはいえ、就職支援=〇〇日までに就職してくださいといった期限は設けられておらず、不安要素が無くなるまでサポートを受けられます。

そのうえ、言葉遣いの習得=実際に会話をするのが何よりも早いです。

そのため、担当アドバイザーとやり取りをしながら、就活が進められる就職支援=敬語やビジネスマナーを習得するのには最適なのです。

ロープレに多く時間を割いてくれる

また、就職支援はロープレに多くの時間を割いてくれます。

面接のロールプレイングであったり、入社後の電話の応対のロールプレイングであったり、名刺交換のロールプレイングであったりと、様々なシチュエーションに対応出来るようにサポートしてくれます。

当然、言葉遣いが変になれば、「そこはそうじゃなくて〇〇と言った方が良いよ」、「二重敬語になりやすいから気をつけて」といったように、アドバイスをしてくれるので、ロールプレイングを繰り返す事で、自然と正しい言葉遣いが身についていくのです。

そのうえ、面接での受け答えの正解も叩き込まれるので一石二鳥なのです。

そして、上記で書いたように、いついつまでに就職をしなければいけないという期限が設けられていないという事もありません。

”正しい”敬語とマナーが身に付くまでサポートして貰えるのです。

相談する価値のある就職支援

・敬語・ビジネスマナー研修がサポートに含まれている点

・担当アドバイザーとのやり取りで自然と敬語が身に付く点

・納得いくまでサポートが受けられる点

 

上記の事から、敬語がうまく話せない、敬語が苦手だというフリーターの方=就職支援を通じての就職がベストなのです。

そして、その中でも「エージェントNeo」は、利用満足度3年連続1位であり、就職実績も豊富なので、相談する価値があると言えます。

上記の実績もさる事ながら、敬語が苦手だった私自身、エージェントNeo経由で就職出来たためにそう言えます。

私自身、正社員で就職するまでは、「〜っす」という敬語しか使っていなかった&周りに先輩がいない環境で育ってしまった事もあり、正しい敬語を使えなかった(知らなかった)のですが、エージェントNeoのサポートによって、大人として恥ずかしくない敬語を使えるようになりました。

敬語へ変換してくださいという小問題を用意してくれたり、会話の中で間違った言葉遣いがあれば、都度指摘してくれたり、ビジネスのやり取りで頻繁に用いる言葉をレクチャーして貰ったりと、失礼にならない言葉遣いに関して、非常に丁寧に教えてくれました。

また、面接対策に関しても、面接対策満足度No1というだけあり、内定獲得に直結するサポートをしてくれます。

フリーターの場合、必ず「なぜこれまで就職しなかったのか」、「経歴となんの接点もないウチを志望した理由は」といった点は聞かれます。

それにうまく返答出来なければ、その時点で御祈りメール確定です。

ただ、そういった必ず聞かれる質問への受け答えの正解をレクチャーしてくれます。

そのうえ、過去の面接者のフィードバックを保有しているので、過去にその企業が質問をした内容をエージェント側は把握しています。

そして、それに基づいて面接対策を行ってくれるので、「何を聞かれるか知っている状態で面接に臨める」のです。

そのおかげもあり、6社中3社から内定を獲得しました。

このように、敬語やビジネスマナーのみならず、面接を突破するコツも教えてくれるので、就活を始めようと思っているフリーターの方であれば、相談して損はないのです。

◆エージェントNeoのサポートについて↓

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

スポンサードサーチ

■まとめ

フリーターの時であれば、語尾が”〜っす”であっても、特に問題はありません。

とはいえ、正社員となると、話が変わってきます。

客先に訪問をする事もあれば、人前でプレゼンをする機会もあります。

メールの文面で語尾を”っす”にする訳にもいきません。

つまり、正しい敬語を使えなければ、社会人として失格の烙印を押されるといっても過言ではないのです。

言葉遣いが悪いと上司にクレームがいき、叱責を受けるかも知れません。言葉遣いがなっていない=態度が悪いと思われて、商談が破断になる事もあり得ます。

たかが敬語…と思うかも知れませんが、そこから重要な失注に繋がるのがビジネスシーンです。

これから、そういった環境に身を置くという事を肝に命じなければなりません。

そのため、入社前に敬語を知る事は、非常に大切なのです。

そして、上記で挙げたように、エージェントNeoであれば、正しい言葉遣いを学べる環境にあります。

そのうえ、面接対策や求人紹介の的確さに関しても、高い評判を得ていますし、”ブラック企業を紹介しない”という事を徹底しています。

つまり、正社員として働く上で必要なマナー・言葉遣いを身に付けられるとともに、満足のいく労働条件の職場に絞ってアプローチが出来るのです。

下記公式サイトにて、無料相談の申し込みが可能となっていますので、実際に相談をしてみたうえで、継続的に就活に利用するかを検討してみるのが良いかと思います。

※無料相談を受けたからといって、即利用開始になる事も無ければ、営業連絡がひっきりなしに届く事もありませんので、少しでも就活/就職に対して不安を感じているのであれば、相談してみるべきです。

★エージェントNeoの無料相談に関して↓

【公式】第二新卒エージェントneo

記事下




記事下




-【”〜っす”では社会人失格】敬語がうまく話せないというフリーターが実践すべき就活法【苦手な敬語を即克服】
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.