【辞めた方がいい】ランチミーティング=労働基準法違反!苦痛なら辞めるが勝ちな訳!

【辞めた方がいい】ランチミーティング=労働基準法違反!苦痛なら辞めるが勝ちな訳!

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

現在、働いている職場でランチミーティングを強制されている方であれば、「昼飯の時くらいゆっくりさせてくれよ…」と苦痛に感じているかと思います。

しかし、そうは言っても「辞めるのって大変だしな…」、「スムーズに転職できるかな」といった不安から、泣き寝入りをしている方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、ランチミーティング=労働基準法違反であるケースがほとんどです。

『労働時間が6時間を超過する場合は、45分の休憩、8時間を超過する場合は、60分の休憩を途中で与えなければならない』という労働基準法第34条に抵触します。

そんな会社に居続けたところで幸せにはなれません。

そのため、ランチミーティングが嫌だというのであれば、すぐに辞めるべきです。

不安の種である退職と転職に関しても、工夫する事で長期化する事はありません。

それはたとえ、3年未満の退職であってもです。2ヶ月以内には転職先を見つけられます。

今記事では、

◆スムーズな退職&転職方法

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

スムーズな退職&転職方法

最短で辞める方法は〇〇

「退職したいと伝えてもすぐには辞めさせて貰えないのでは」、「上司に辞める事を告げるのが怖い」といったように、退職に関して不安に感じる事は多々あるかと思います。

ただ、そうした悩みは、退職代行サービスを利用する事で解消されます。

そしてこの方法は、即日退職も可能なので、最短で会社を辞める方法となっています。

例えば、【退職代行ガーディアン】は、”退職をする場合、○ヶ月前に申告”と就業規則で定められていたとしても、即日から出社せずに退職が可能です。

”強引な辞め方”と感じるかも知れませんが、あなたに変わって退職代行ガーディアンの代理人が書面上のやり取りを行い、正規な方法で退職手続きを進めるため、トラブルに発展する事はありません。

そのうえ、相手はランチミーティングという”違法行為”をしている企業です。

労基法違反で追求された場合、損をするのは企業側です。

そのため、即日退職したところで、会社から訴えられる事ないのです。

また、会社の人とあなたがやり取りをする事もありません。全ての作業を代理人が進めてくれます。

「退職したいと伝えてもすぐには辞めさせて貰えないのでは」、「上司に辞める事を告げるのが怖い」といった方にはベストな方法と言えます。

転職支援を利用する

上で書いたのは退職の方法です。

退職代行サービスは残念ながら、転職活動のアシストは行っていません。

そのため、退職した後にすぐに別の企業に入社したいというのであれば、転職支援もセットで利用するのが吉です。

そうする事で1,2ヶ月で”納得のいく条件の職場”に転職をする事が可能です。

◆希望に合わせた求人紹介

◆ブラック企業を排除しての求人紹介

※担当者が社内訪問して労働環境をチェック済み

◆面接対策をしてもらえる

◆企業側からの印象もいい

※過去にその支援所から人を採用した経験がある企業が多いため

 

例えば、20代の転職支援の中でも実績が豊富な【第二新卒エージェントneo】は、担当者が社内訪問して労働環境に問題がない(労基法に違反していない)事を確認してから、求人紹介を行っています。

当然、紹介された企業の中に、ランチミーティングを行う企業もありません。

そのうえ、希望業種、年収、勤務地に合わせて求人紹介を行っているので、納得のいく職場に移れます。

また、面接対策によって、必ず聞かれる質問に対する”ベストアンサー”を教えて貰えます。

転職の場合、「前職をなぜ辞めようと思ったのか」という質問は必ず聞かれます。

そして、3年未満の退職のとなれば、「前職の期間が短いけど大丈夫かな…」と企業側は猜疑心を抱きます。

そうした企業側の疑いを払拭できる答えをレクチャーして貰えるのです。

このように、用意周到な状態で面接に臨めるため、転職活動が長引く事がないのです。

そのうえ、良いと思える企業に絞って転職活動が可能なので、「転職して良かった!」と思える企業に入社出来るのです。

上で挙げた「エージェントNeo」の就職実績を/定着率を見れば、職場を移って良かったという人がいかに多いかが伺えるかと思います。

◆エージェントNeoの公式サイトはこちら↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

スポンサードサーチ

■まとめ

ランチミーティングが嫌だと思っていても、既にその会社の”風習”となっているため、自分だけの力で変えるのは不可能です。

つまり、その会社に居続けると、この先もずっとランチミーティングに苦痛を感じる日々となるのです。

ただ、冒頭でも書いたように、ランチミーティング=労基法違反です。

他の企業ではありえない行為です。そのため、転職をする事によって、その苦痛から開放されます。

確かに、退職と転職に一歩踏み出すのは不安だと思います。

とはいえ、退職代行と転職支援をセットで活用する事で、自分が想像している以上にとんとん拍子で転職が可能です。

年齢が若ければ若いほど、その傾向にあります。

そのため、「これから先もランチミーティングに参加するのは嫌だ」というのであれば、思い立ったが吉日、抜け出すために動いてみるのが良いかと思います。

退職代行に関しては、費用は掛かりますが、上司と顔を合わせる事なく、今の嫌な職場から抜け出せると思えば安いと感じるはずです。一度詳細を見てみて検討してみるのが吉です。



記事下




記事下




-【辞めた方がいい】ランチミーティング=労働基準法違反!苦痛なら辞めるが勝ちな訳!
-, , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.