【体験談】正社員をバックレても問題なし!【すぐに就職先は見つけられます!】

【体験談】正社員をバックレても問題なし!【すぐに就職先は見つけられます!】

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

いま現在ブラック企業に勤めている方や、労働環境に不満を持っている方の中には、「もうあんな職場に行きたくない」「こんな会社バックレたい...と感じている方もいるのではないでしょうか。

しかし、バックレたいと思っていたとしても、「正社員でバックレなんて人としてどうなの?」、「生活・お金の事を考えたら、バックレたくても中々勇気が出ない...」といったように、バックレた後の生活の事を思うと、なかなか会社を辞められずにいるという方も多いはずです。

私自身、毎日23;00近くまでサービス残業を強いられるブラック企業で働いていた時、毎日バックレたいと思っていたものの、「家賃の支払いが出来なくなる...」、「3年未満の退職=今後の人生に悪影響を及ぼしてしまうのでは...」といった不安から、中々踏ん切りがつかなかったので、その気持ちは非常に分かります。

確かに、正社員をバックれる=社会人のやる事ではありませんし、再就職の際の印象が悪くなる(※早期退職となるため)のも事実です。

とはいえ、実際に、バックレ(無断欠勤後に郵送で全ての手続きを済ませた)によって、会社を辞めた身としては、自分が思っている以上に、バックレによる影響が無い&20代であれば再就職が容易いと言えますので、毎日辛い思いをして、うつ病になったり自殺を考えるのであれば、スパッとバックレるべきです。

就活の方法次第で、すぐに今の職場以上の待遇、労働環境の企業に再就職を果たす事が可能です。

そこで今記事では、

 

・正社員のバックレ方法

・バックレの注意点

・再就職の際の就活方法

 

上記3つに関して、体験談を交えて書いていきます。

スポンサードサーチ

正社員のバックレ=想像以上に容易

全ての手続きを郵送で済ませる事は可能

「正社員をバックレるのは本当に可能なの?」と疑問に感じる方もいるかも知れませんが、社会的に良くないと言われる”バックレる”という行為に対しての罪悪感さえ飲み込んでしまえば、バックレる事は可能です。

というのも、私自身、全ての手続きを郵送で済ませて、正式に退職をする事が出来ました。そのため、気持ちの踏ん切りさえつける事が出来れば、アルバイトをバックレるのと同じようにバックレる事は可能なのです。

バックレの手順としては、

無断欠勤を決行する日に合わせて、内容証明便にて、退職届+返却物(※社員証、名刺、作業着、仕事の書類等)会社宛てに郵送

※退職届の内容は、ネット上のテンプレートの流用でOKです。

↓↓↓

無断欠勤決行

↓↓↓

その日のうちに住居変更の手続きを始めとした各種手続きを行う

 

上記の手順にて、一切会社の人と顔を合わせる事なく、退職をする事が可能です。

労基法上、退職届を無効にする力を企業側は持っていない(※退職の意思表示後、2週間で会社を辞める事が出来ると労基法に記載されている)ため、郵送で送った退職届は、そのまま受理されます。

そして、 退職後の手続きに必要な書類(保険の切り替えに必要な書類、退職証明書等)も、その後に書面で指定した住所に郵送されます。

そのため、紙面上のやり取りだけで、会社を辞める事が可能なのです。

私自身、上記手順で、会社の新年会が開かれた翌週にバックレました。無断欠勤当日には、色々と面倒な事(※後述する”バックレの注意点で書いています。)もありましたが、一切会社の人間と顔を合わせる事がありませんでした。

損害賠償請求や訴えられる事はない?

また、バックレを決行した際に、「損害賠償請求をされるのでは」、「会社から訴えられるのでは」といったように、戦々恐々な方もいるかも知れません。ただ、会社をバックレたからといって、裁判を起こされる事はありません。

というのも、裁判に掛かる費用と時間を天秤にかけた場合、裁判をする方が時間も費用もかかる事を企業側も理解しています。ですので、損害賠償請求や契約違反といった名目で訴えられる事はないのです。

そのため、バックレで辞めたとしても、企業側は深く追う事はありません。実際に体験してみると、想像以上にあっさりと退職出来るので、驚くかと思います。

もしも、バックレた際に訴えられるのでは…と不安な方の場合、バックれる日を定めたうえで、その定めた日から最低でも2週間前に、「退職したいのですが…」と伝えるのが吉です。

上述したように、労基法では退職の意思表示後、2週間で会社を辞める事が出来るため、企業側も訴えを起こす事が出来なくなるためです。

バックレの注意点

上記で書いた通り、その気になれば、想像以上に簡単にバックれる事は可能です。

とはいえ、バックレを決行するに辺り、いくつかの注意点・事前に準備しておいた方が良い点がいくつかあります。

転居の準備

・電話番号の変更

SNSLINEで繋がっているのであれば、総じてブロックする

 

上記3つの事は、バックレ決行の際に必ずやっておくべきだと言えます。

要するに、『会社の人間との関わりを完全に絶つ準備』をしておいた方がいいという事です。

その理由としては、バックレた日の午前中に電話番号を変更しないと、着信とメールが引っ切り無しに来ますし、家に押しかけてくる事もあるためです。

特に、職場から近い所に住んでいる方であれば、100%上司が押しかけてくると想定しておくべきです。

これは、私がバックレた時の体験談なのですが、職場から10分圏内の所に住んでいた事もあり、バックレ決行の日に、2回ほど会社の上司がピンポンを押してきましたし、ドアノブを引いて入ろうとしてきました。(※鍵を掛けていなかったら終わっていました...)

その後、このまま家にいたら、居留守がバレると思い、タイミングを見計らい、実家に雲隠れをしましたが、数日後にマンションに戻ってみると、郵便受けの中に上司からの手紙が入っていたので、バックレを決行した後の数日間、複数回上司が家に来ていたと思います。

退職代行サービスの利用=バックレと大差ない

中には、バックれるくらいなら、「退職代行サービスを利用して退職した方が、円満に退職できるのでは?」と感じている方もいるかと思います。

確かに、退職代行サービスを利用する事で、郵送の際の退職届の書面発行および郵送を代行してくれるので、楽ではあります。とはいえ、退職代行サービスの方法自体、上記で説明した流れ(郵送→無断欠勤)となりますので、企業側からしてみれば、バックレと同じ行動だとみなされます。

そのため、郵送書類が届いたその日に、「退職代行サービスなんか使って、いきなり辞めるのは非常識だ」と上司から連絡が来ますし、家に押し掛けられる可能性もバックレと大差ありません。

要するに、お金を使っただけで、結局精神的な負担は変わりないのが退職代行サービスなのです。

※退職代行サービスの相場は、¥30,000前後となります。

スポンサードサーチ

バックレても就職先はすぐに見つかる!

就職支援の利用で1ヵ月で就職可能

上述したように、正社員であっても、バックレる事自体は可能です。

ただ、バックレたいと思っていても、その会社に居続ける最大の理由は、「次の職場が見つからないでのは…」という恐怖心だと思います。

再就職先の当てがないという場合、再就職まで貯金を切り崩して生活をしなければなりませんし、仮に貯金がないという場合、家賃が払えない、光熱費が払えない、スマホ代が払えない等々生活が困窮してしまいます。

そのため、再就職先の当てを早々に見つけられるのか…という点が非常に気になるポイントなはずです。

しかしながら、冒頭でも書いた通り、20代であれば、再就職は容易です。その方法というのが、20代を対象とした就職支援の利用です。

就職支援を利用する事で、自分の志向性に合わせた職場の求人を紹介して貰えますし、面接の受け答えの練習、書類選考免除といったように、再就職の妨げとなる点を抑えたサポートを受ける事が可能なので、とんとん拍子で内定を獲得する事が出来ます。

事実、私自身、就職先の当てもなく会社をバックれた後に、「エージェントNeoという就職支援を利用して、1ヵ月ほどで就職先を決める事が出来ました。

一度目の就職は、ジェイックという就職支援を通じて就職をして、結果的に大失敗だった事もあり、「また就職支援を利用して良いものなのか…」と正直悩みましたが、無料相談を受けた時のアドバイザーの方の印象、前職を2年も経たずに辞めたにも関わらず、「まだ若いので十分再就職は狙えます」、「前職のような職場は絶対に紹介しません」といったように、勇気づけてくれる言葉を投げてくれた事もあり、利用を決めました。

実際に就職支援を受けてみると、自分の伝えた内容に沿って企業を6社厳選してくれましたし、すべての企業の労働環境をアドバイザー自身がその目で確かめているだけあり、事細かく労働環境について説明してくれたので、言葉にウソ偽りのないサポート(総サポート時間は15hくらい費やしてくれました)をだなと感じました。

おかげで、前職をバックれたにも関わらず、無事に転職成功する事が出来たので、バックれたあとはすぐさま就職支援に相談をするのがベストです。

ましてや、再就職先が見つからないのではと不安という方であれば、事前に就職支援に相談をしておくのも一つの手と言えます。

★エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

■まとめ

・正社員のバックレ方法

→退職代行サービスを使わずとも安全にバックレは可能

・バックレの注意点

→事前に会社の人間との関わりを絶っておく

・再就職の際の就活方法

→就職支援の相談がベスト

 

バックレ=社会人としてあるまじき行為である事から、バックレは出来ないのでは…とネガティブに感じてしまうかもしれません。

ただ、自分で郵送するかしないかの差なだけである、退職代行サービスの利用者は増加傾向にあり、6,000件の依頼を引き受けた企業も存在していますので、”正攻法”で辞めていない社会人は意外と多いのです。

また、バックレ=悪というよりも、バックれるという選択肢を取らせた(バックレを考えさせた)企業の労働環境こそが諸悪の根元ですので、ヤバイ…と感じた場合は、バックれるのも一つの手です。

上述したように、就職支援を通じて、アドバイザーに要望を伝えて、紹介求人の口コミを調べたりといったように、丁寧に就活をする事で、バックレ→キャリアを好転させる事は20代であれば容易です。

とはいえ、実際にバックれた経験がある身としては、精神的な疲労度を考えたら、バックレる前に水面下で就職支援に相談をするのがベスト言えます。

というのも、エージェントNeoの場合、求人紹介や面接対策といったサポートの他にも、退職相談や円満退職に導く退職理由の作成、退職の切り出し方などをレクチャーしてくれますので、バックレを決行する前に一度相談をしてみる価値があるためです。

下記公式サイトにて、無料相談の申込が可能となっています。仮に、無料相談を受けたからといって、必ずエージェントNeoを通じて就職しなければいけないという事もないので、気軽に相談可能です。

最後になりますが、会社をバックレたいけど、「その後の生活が不安...、でも毎日が辛い...。」と思い悩んでいる方は多いと思いますが、一つの体験談として、『そこまで悲観的にならなくても就職先は容易に見つかるよ』という事を伝えたいです。

むしろ、ブラック企業で働けば働くほど、時間を無駄にするだけでなく、精神的にもやられ、うつ病を発症してしまう可能性もあります。※前職の先輩はうつ病の薬を飲みながら仕事をしていました。

そうなる前に、今後のための行動を取るべきです。

エージェントNeoの公式サイト↓
既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

記事下




記事下




-【体験談】正社員をバックレても問題なし!【すぐに就職先は見つけられます!】
-, , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.