【既卒フリーター・中退者の方は注意!】学歴不問・経験不問の求人には”求人詐欺”が多い!就職を成功させるには⇒

【既卒フリーター就活】学歴不問・経験不問の求人には”求人詐欺”が多い!【求人票の嘘の見分け方】

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

これまで正社員として就職した事がない既卒フリーターの方で、就職の意志がある方の中には、「学歴不問・経験不問の求人」に絞って、職場探しを考えているという方が多いのではないでしょうか。

それもそのはず、これまで正社員として就職した事がないため、もちろん「○年以上の就業経験あり」、「社会人経験のある方」といった経験を要する求人に応募をしたとしても、書類選考が通る事はありません。

また、「Word・Excelが使える方」、「Photoshopが使える方」といったように、技能のある方を求めている求人に関しても、応募に躊躇してしまうはずです。

そのため、必然的に、学歴不問・経験不問の求人に応募せざるおえない状況なのです。

とはいえ、学歴不問・経験不問の求人に絞っての就活をするに辺り、「学歴不問・経験不問の求人=優良企業はある6の?」、「本当に社会人経験なしでも内定が貰えるの?」、「求人票に記載されている内容に嘘はない?」といったように、様々な疑問を感じているはずです。

仮に、今回の就職が失敗に終わった場合、これまでのフリーターという経歴に、3年未満の早期退職歴が加算される事となりますので、再就職活動は、今回の就活以上に苦難の連続となる可能性が高まってしまいます。

ですので、学歴不問・経験不問の求人に絞って就活をしたとしても、就職成功出来るのかどうかは、非常に気になるポイントだと思います。

ただ、結論から言いますと、 学歴不問・経験不問の求人=求人詐欺が多く、就職失敗する確率が高いです。

就活の方法次第で、嘘の労働環境(※残業時間や休日に関しての嘘が一番多い)が記載された求人詐欺企業を除外する事は可能ですが、職安や求人サイトなどを使って個人で就活をする場合、 学歴不問・経験不問の求人に絞った就活をすると、後で後悔する羽目になると言えます。

そこで、今記事では、

・求人詐欺の見分け方

・求人詐欺を行う企業を回避しての就活方法

 

上記2つについて書いていきます。

学歴不問・経験不問の求人に絞っての就活を検討している方、未経験OKの求人=怪しいのでは…と不安な方、良い職場に就職したいという方は、参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

■求人詐欺の見分け方!求人詐欺にありがちな文言3選!

風通しの良い職場

先ほども書いた通り、求人票の嘘でもっとも多いのが、残業時間と休日日数・休日設定(※完全週休2日など)といった点です。

ただ、求人票に記載されている平均残業時間を見ただけでは、嘘か本当か分からないかと思います。

ただ、求人票に記載されている文言を見る事によって、本当かどうか怪しい、嘘なのではないか…?と見分ける事が可能です。

例えば、「風通しの良い職場!」と書かれている求人は、高確率で残業時間を低く記載していますし、場合によっては、休日出勤を促される可能性があります。

一見、風通しの良い職場と聞くと、上司や社長に自分の意見を話しやすく、社内改善や自分発案のプロジェクトを開始出来る可能性があるなど、居心地の良い社内のように感じるかもしれません。

ただ、実際のところは、風通しの良い職場=社員数が少ないがために、”風通しが良くなった”という企業がほとんどなのです。

そして、社員数が少ない=一人当たりの仕事量が膨大という事ですので、結果的に残業続きの毎日となってしまい、気づけば求人票に記載されていた平均残業時間を大幅にオーバーしていたという事になる可能性が極めて高いのです。

20代・30代の若手社員が活躍!

また、「20~30代の若手社員が活躍!」という文言を掲げている企業・求人も、優良企業なのかが怪しいと言えます。

自分の年の近い社員ばかりで、働きやすいのでは?と感じるかもしれませんが、20・30代の若手社員が活躍している=管理職が育っていない、あるいは労働環境の悪さによって、人の出入りが激しく、若手に頼らざる追えない状況にある企業が多いです。

事実、私が勤めていた零細企業では、30代の方がプロジェクトマネージャーをしており、社員のほとんどが20~30代でした。

ただ、あまりの労働環境の酷さ(※月の残業時間3桁超え、休日出勤もあり)に、マネージャー職、部長として採用した40代・50代の方は、半年絶たずにこぞって辞めていましたし、中には、「こんなブラックな会社入社したのは初めてだ」と吐露して、1ヵ月で辞めた40代の方もいました。

積極採用!・大量採用!

「積極採用!・大量採用!」といった文言を見た時、「こんな自分でも就職できるのでは」と期待してしまう方もいるはずです。

ただ、積極採用を行っている企業もまた、離職率が高く、社員を歯車としか思っていない職場が多いです。

大量採用をするという事は、その分離職者がいるという事です。

そして、そういった企業は、離職者が多い原因を改善するのではなく、「辞める奴が出たら、また人を採用してくれば良い」といった考えを持っていますので、一向に労働環境が改善される事はありません。

その結果、これまでにその職場を離職した方と同じように、自分も「こんな職場では働いてられない」と感じて、早期退職してしまう事になってしまう確率が高いのです。

スポンサードサーチ

■求人詐欺を行う企業を回避しての就活方法

口コミサイトや会社四季報を活用

求人票の嘘の見分け方として、求人詐欺を行う企業にありがちな文言を3つほど紹介しました。

とにかく、求職者が良いなと思える文言を大々的に乗っけている企業=裏があると考えておくべきと言えます。

また、求人票の嘘の見分け方として、口コミサイトや会社四季報を確認するという方法も効果的です。

・口コミサイト

→ 現社員・元社員の意見を見る事が出来る

・会社四季報

→ 企業の規模や成長率、企業の実情を把握する事が出来る

 

上記のように、その企業の実情を知る事が出来るので、求人票に記載されている情報が正しいのか、優良企業なのかブラックなのかなどを見分ける事が可能です。

そのため、求人詐欺の多い学歴不問・経験不問の未経験者歓迎求人に絞って、就活をする場合、上記いずれかのチェックはしておいて損はないと言えます。

就職支援の利用

また、就職支援に相談をする事で、求人詐欺を行う企業を回避しての就活が可能です。

そして、この方法が一番安全かつ最短ルートで就職成功にたどり着く方法です。

というのも、企業の中には、口コミサイトの悪評に削除依頼をして消して貰ったり、現社員にステマさせたりと、”隠蔽工作”をする企業があるためです。

そのため、全ての口コミが本当ではないので、口コミを見極める力が必要となります。

その点、就職支援の場合、求人票に記載されている労働環境と実際の労働環境とで整合性を取ってから、紹介してくれます。

ですので、求人紹介の段階で、嘘の記載のある求人票を排除してくれるのです。

また、就活のあらゆる面をサポートしてくれますので、安全かつスピーディーに就職にたどり着けるのです。※就職支援を活用しての就活=1〜2ヶ月で就職する方がほとんどです。

確かに、中には悪い就職支援も存在します。私自身、複数社の就職支援の利用経験があり、成功も失敗も経験してきました。ですので、一概に「就職支援=必ず就職成功します!」とは言えません。

ただ、経験上、個別サポート型の就職支援であれば、就職成功する事が出来るはずです。

例えば、私も就職成功時にお世話になった、「エージェントNeo」の場合、担当エージェントが保有求人の社内に訪問→求人票に記載されている労働環境に嘘はないかを確認→整合性が取れた求人のみを紹介しています。

そのため、求人詐欺を行う企業、劣悪な労働環境の企業を排除しての就活が出来るのです。



また、未経験歓迎の求人数が5,000件と、他の就職支援以上に学歴不問・経歴不問の未経験者歓迎求人を保有している点も利点と言えます。

そして、紹介された求人の企業に面接を受けるか、就職するかは個人の自由ですので、仮に紹介された企業に対して、「本当に良い企業なのかな…」と疑問に感じるようであれば、自分自身で企業研究をして、面接を受けるか判断出来ます。そのうえ、「ここで仕事がしたい」と思える求人に出会えるまで

随時企業を紹介してくれますので、個人で就活をするよりも、選択肢が多い&求人詐欺に引っかからず、自分の希望にあった企業に就職が出来るはずです。

・求人票の内容と実際の労働環境の整合性が取れた求人のみを紹介してくれる

・未経験者歓迎の求人が5,000件以上

・納得いくまで求人紹介をしてくれる

・無料で内定獲得までサポートを受ける事が出来る

上記のように、利用して良かったと思える要素が多いので、相談してみる価値はあるかと思います。

■まとめ

学歴不問・経験不問の求人には、確かに嘘の記載をしている求人詐欺が多いです。

というのも、社会人経験のない既卒フリーターの方は、「早く就職を決めなければ…」、「自分の学歴とこれまでの経歴では高望みは出来ない」、「内定をくれるならどこでもいいや...」といったように焦りを感じていたり、自己肯定感が低かったりと、非常に”騙しやすい”存在だからです。

そのため、きちんとした就活をしないと、弱みにつけ込まれて、就職失敗を招いてしまうのです。

ただ、上述したように、自分の就活の進め方次第で、求人詐欺に合わずに優良企業への就職も可能です。

そして、就職支援の場合、全てのサポートを無料で受ける事が出来るので、相談してみる価値は大いにあると言えます。

記事下




記事下




-【既卒フリーター・中退者の方は注意!】学歴不問・経験不問の求人には”求人詐欺”が多い!就職を成功させるには⇒
-, , , , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.